2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
2017.06.24(Sat)

花を飾る

p2017-06-23t_GF_1.jpg
ビスクドールを棚に飾るとき
何かのひょうしにガラスにおでこをぶつけたり
隣どうしで頭突きをしないよう
小さな花束をつめています

ポリエステルの造花は 生地にハリがあるので
ベッドのコイルのような弾力性で
クッションの役目をはたしてくれます
何より見た目がフォトジェニックです
02:28  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06.20(Tue)

モールデッドヘア

p2017-06-12t_GF.jpg
アンティークドールのヘッドは大まかに分けて
頭頂部があいていて人毛のウィッグをつけるタイプ
頭頂部が閉じたドーム型(ドームヘッド)のツルツル頭
ドームヘッドのうちツルツル頭ではなく髪の毛の形が
マネキンのように成型されているもの(モールデッドヘア)の
3種類があります

このベビーはかなり起伏のある
髪の毛フサフサタイプですが
バイローベビーのように
一見ツルツル頭のように見えて
でこぼこの産毛が成型されているタイプもあります

以前は ウィッグではないモールデッドヘアと
裸足ではなく成型・ペイントされた靴をはいた足は
人間らしくない感じがして
プラモのようで あまり好きではありませんでした

現代ものの人形でも
ウィッグをつけているとドール
プラスチックのカチカチ頭だとフィギュア
という感じがします
もともとは可動性のない人形を
フィギュアと呼んでいましたが
今はアクションフィギュアというものもあるので
やはりドールとフィギュアを分けるのは
頭髪なのだと思います

でも人形とふれあっているうちに
着せ替えなどのときに
それらがとても便利であることに気づき
また その可愛さにも気づいて
今ではむしろ より好みのタイプになりました
16:45  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06.16(Fri)

花飾り

p2017-06-13_GF.jpg
ボンネットのブリムの内側に
セロハンにつつまれた花束のように
花飾りがどっさりついたデザインが大好きです

このボンネットはぴったりとした
ブリムに広がりの無いデザインで
横から見るとすっぽりと可愛いのですが
前から見ると物寂しいので
ペーパーフラワーをさしています

オアシスにアレンジメントするみたいに
どっさり大量にさすと
ブリムとのバランスが悪かったので
一輪だけ…
00:11  |  お人形の服  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06.14(Wed)

トゥン人形

p2017-06-08a_GF.jpg
セリアで小さなお人形が売られていて
可愛いので全色捕獲して帰ってきました

真ん中の一番大きな子は
5~6年前に コリアタウンで買ったもの
二番目に大きな子は 遊園地の売店で見つけて
前に買った子と同じ顔だったので つい
姉妹にしたくて買ったキーホルダーの子

韓国で作られている トゥン人形という人形だそうです
大きな子のボディは いちおう手足は可動するのですが
トルソーがリカちゃんのようにツルツルしていなくて
表面にブツブツがいっぱいついている上に
かなり細いです

これは着せ替え用のお人形ではなく
素体として ボディにボンドでドレスなどを
着せつけるためのようです
キュピナドールっぽい使い方でしょうか
ロンディクラフトのドレスとか似合いそう

セリアのお人形たちは
服がマジックテープで脱げるようになっています

p2017-06-08c.jpg
大きいお人形は1000円でした
首にレインボーカラーのラインストーンの
ネックレスが巻かれているのが
とても綺麗で 気に入っています
みつあみのゴムが劣化してしまっているので
そろそろなおさないといけません

p2017-06-08b_GF.jpg
モールドはよく似ていますが
耳たぶなど少し違います
ペイントはだいぶ違います
今のものは 頬紅のスプレーがなく
まぶたと頬に白いハイライトがあって
現代的なメイクになっています

セリアの子のビビッドな色や 短い手足が可愛くて
AM341で反省したはずの
同じモールドで大小いると萌える病を
久々に発症してしまいました
01:48  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06.08(Thu)

百面相のベビー

p2017-06-08t_GF_1.jpg
タイニーベビーには眉毛がありません
ほかのあらゆるメジャーなベビー
先駆者であるニューボーンベベには
ぽやぽや眉か まっすぐ一本眉があり
後年 大ヒットのバイローベビーにも
ニューボーンベベのリバイバルである
ドリームベビーにも
ぽやぽや眉がありますが
同時代に作られ バイローベビーのヒットに
あやかったと言われている タイニーベビーは
なぜか眉毛なし

しかし古いリプロでは
しかめ眉が描かれていることがあります
情報の少ない時代 数少ないお手本の写真から
眉間の影を 眉として描いたのだと思われます
ふつう 眉が全然無いだなんて
想像できるはずがありません

この 眉が無いせいで
タイニーベビーの顔はときどき
ひどく不良っぽい感じに見えてしまうのですが
同時に ちょっとした光の具合で
ふだんのふてぶてしい不機嫌が
はかなく寂しそうな表情に変わって
あれ こんな顔の人形だったかしらと
二度見してしまうことがあります

あえて足りない部分があるからこそ
変化可能な余白と
想像の余地ができるのかもしれません
たぶんもう100年そばで毎日見続けても
見あきることはないでしょう
21:47  |  アンティークドール考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06.04(Sun)

DIYはんこケース

p2017-05-25_GF_1.jpg
今でこそ 写真を丸く切ってキーホルダーにしたり
ファイルの表紙に好きな絵を挟んだり
そんなDIYグッズがたくさんありますが
DIYという言葉ができる前は そういうのは全然なくて
せいぜいが 事務用品店にある
B5のクリアハードケースに 雑誌の切り抜きを入れて
DIY下敷きを作るぐらいだったなあと思いだすにつれ
最近のDIYグッズの展開の広さがありがたいです

写真は百均のサンリオコーナーにあった
マイメロのはんこケースですが
中の紙を取り換えて DIYはんこケースを作れます

はんこケースは 使用頻度の割には
毎日バッグの中に入れて目につくものなので
自分の好きなデザインのものが欲しいですね
紙を入れるだけなので 名前を書くのも簡単です
中には小さな朱肉ケースがついています

ということで お気に入りの
ぐでたまのメモ(百均)を切り取って
はんこケースに装着しました
昨今の 百均における
ぐでたまグッズの増殖を見ていると
半年もすれば 公式のぐでたまはんこケースが
できているような気もしますが…

余ったマイメロの紙は
紙がぶあつくてしっかりしているので
しおりに使いました
紙の端っこの色が強くて
はっきりしていて 見やすいです

はんこケースに入れる紙は
裏から透明のプラ板をはめて
カチッと固定するようになっているので
コシのある紙でなくても大丈夫
たとえば好きなファブリックの切れ端を
入れることもできます
13:06  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06.02(Fri)

1/1728サイズ・ドールハウス

p2017-05-30a_GF.jpg
先日のジャパンギルド ミニチュアショーで買った
ミニチュアレース作家 照沼育子先生の1/144ドールハウス

1/144ドールハウスは 1/12ドールハウスの世界での
1/12ドールハウスであるという 入れ子構造に
クラクラするほどときめきます

ところで いつものようにこの
小さくて広い家の中を うろうろしていたところ
おもちゃ箱の上にあるものが
何かの形をしているのに気づきました

テディベア 家 トランペット です
それぞれ大きさは2ミリほどしかありません
家はピンクの壁に 赤い屋根
一枚の薄い板ではありますが
屋根と壁に窓がひとつずつあいています

まさにこれは
ドールハウスの中のドールハウスの中のドールハウス
合わせ鏡の魔法に気づいた瞬間
一気に心が吸い込まれてしまいました

1/144サイズでちょうど クロオオアリのサイズですから
クロオオアリにとってのドールハウスということで
小型のミジンコが住めるサイズです
もはやプランクトンの世界に突入ですね
02:06  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.05.30(Tue)

自然治癒するブリュ

brusyasin_GF.jpg
このメッセージカードはかれこれ10年ほど前に
イーベイで買い物をしたとき
セラーさんが添えてくれたものです

ウォーターマークにも書いてあるとおり
1979年の古い写真で
雪の中のブリュ・ジュンという
美しくも 撮影に勇気の必要な貴重な構図と
1880年代の等身大の少女らしさを感じさせる
コート姿の愛らしさから かなり有名な写真で
私も欲しかったので
箱の中から現れたときには
もちろん歓喜したのですが

それと同時に

メッセージカードは箱の一番上のど真ん中に
ポンと置いてあって
私はカッターナイフで唐竹割りに
うりゃーっ とガムテープを切り裂いた直後で

ブリュの顔をななめに横切る 長くて白い傷が
髪が茶色く帽子がこげ茶色なので
目立つどころではありません
はっきりしっかりとした 切り傷です

それはもう悲しみに打ちひしがれ
それから箱は1枚切りカッターで開けるようになったのですが
可哀想なブリュ・ジュンを見るにしのびず
だからといってずっと欲しかったカードを捨てる気にもなれず

人形部屋ではない そのへんの本棚に
梅雨の季節には連日湿度が70%をこえ
鍋の季節には湯気がたちこめる
そんな過酷な場所に10年ほど さしっぱなしにしてあったのです

さて 本棚を片付けていてこのカードが出てきたので
そういえば傷があったなと思いながら カードを見ると

傷が無いのです

斜めから見ても 表面にわずかのへこみもありません
このメッセージカード 表面の質感はマットではなく
モチモチした感じの光沢紙です
10年の間に 紙が湿気でほぐれてはからみ
ほぐれてはからみして 少しずつ傷が埋まっていき
その結果 消しゴムがアクリル定規を溶かすごとく
印刷された光沢面がくっつき
インク同士が重合反応を起こした結果
傷がふさがったのではないでしょうか

座敷童の絵がウインクするよりも
もっと不思議な 回復力の高いブリュ
まずは額縁に入れましたが
乾燥した人形部屋に飾って
もしも傷が開いたら嫌なので
今までいた本棚の近くに飾りました
14:19  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2017.05.29(Mon)

天使の来し方

00IMG_4185_GF.jpg
いただきもので
ずっとどこの子かわからなかった
卵つきのオールビスクの天使ちゃん

天使のビスクドールを作られている
エンジェルズ ガーデン リアンジェリ 松本千穂先生の2001年の作品で
Ptit Angel というシリーズでした
可愛い赤ちゃんなのに もう高校生の年齢なんですね

いろんな表情と 男女・曲げとまっすぐの手足など
様々な組み合わせで作られているそうで
全員で何種類いるのかわかりません
うちの子は ぱっちりおめめで
曲げ&まっすぐの手 曲げ足の男の子です
曲げ足は ひざ立ちとハイハイのポーズができます

身長13センチの小さな子ですが
横隔膜のところにジョイントがあるので
体をねじることもできる とても精巧なつくりです

背中に白い小さな翼があるのですが
他の作品の堂々たる翼に比べて
土からのぞいたあさがおの芽のように
ちょこんと小さいのが 生えかけ感が強く
本当に可愛いのです
02:29  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.05.28(Sun)

ラプンツェル

p2017-05-26_GF.jpg
海外からお人形を買うと
お人形の写真や絵のメッセージカードをつけてくれることがあります
美しいものが多いので はがきホルダーにファイルしていますが
海外のコレクターさんの人形棚の写真で
人形棚の後ろにどうしてもできてしまう壁の空間に
お気に入りのポストカードをあしらっているのを見て
素敵だなと思いました

左上のポストカードブック「デジャ・ヴ」は
画家・イラストレーターとしても活躍されている
老舗のお人形サイト 海のアトリエのCHERRY様の作品

それまでぷくぷくした赤ちゃんだと思っていた
アーモンドマルセル・ドリームベビーが
どハンサムだということに気づかされた海のアトリエ
CHERRY様がお支度をして撮影されたお人形たちは
ヨーロッパの古い絵本の中から飛び出してきたようで
眺めるたびに嘆息したものでした

DSC03132_GF.jpg
感化されて野外撮影を決行した結果
一番肝心なセンスの部分に欠乏がみられ
ジャングルで遭難した図となった例

実は CHERRY様の本に遭遇したのは
海のアトリエに遭遇するよりもはるか昔…
古本屋さんで「ラプンツェル」の絵本を見つけたときでした

古風な水色のドレス 流れる黄金の三つ編みの古風な美しさ
水彩のレンガの情緒 美男美女の麗しさ 赤い小鳥の童話感…

表紙を見た瞬間に心惹かれて買って来て
絵の一枚一枚が画集のように美しく
何度も見ては 本棚にしまってありました
このイラストレーターさんの
他の本を見たいと思っていましたが
当時はまだWin95が出たばかりだか出る前か
インターネットコンテンツが全く充実しておらず
アマゾンも設立されたばかりだか その前で
探すすべがありませんでした

海のアトリエの存在を知ったのは
それから何年も経ったころ
もうアマゾンが日本でもメジャーになっていたころで
喜びいさんで買ったのが デジャ・ヴです

サンリオから出版されていた やなせたかし編集長の
雑誌「詩とメルヘン」でも描かれていましたが
この本は2003年に休刊し 30年の歴史に終わりを告げていたため
手に入れることはできませんでした

少女たちのふっくらした頬や指
水彩の穏やかな色合い
海外のコレクターさんのように
人形棚の壁に飾ればさぞかし素敵だと思いますが
ばらばらにするのがもったいないので
本のまま飾ってあります

ポストカードブックは小さいので
開いて大き目の子のひざに乗せて
絵本を読んでいるようなポーズで飾ることもあります
11:37  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT