2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
2017.09.10(Sun)

自炊

p2017-09-06b_GF.jpg
自分でごはんを作ることではなく
スキャナーを使って自分で
本からデータを吸い取り
電子書籍にすることを
自吸い→自炊というそうです

きれいにスキャンするためには
本をバラバラにしないといけないので
今まで もったいなくて
やっていませんでした

でも 古本屋で買った文庫本などが
ページをめくるとパリパリと崩壊しはじめ
このままでは開くこともできなくなる
と 自炊に踏み切りました

なお 戦前の本は逆に ピンピンしていました
貴重なものでもあるので
こちらはそのまま フィルムにつつみました
この本は文字のインクがすごくにじんでいます
インクがにじまないよう紙を加工する薬品が
酸化を早めると 何かに書いてあったので
戦前の本は そういう薬品がまだ
使われていないようです

さて 自炊で本をバラバラにするにあたって
薄い冊子などは お気に入りの
ナカバヤシスライドカッターで切っていました
これ


単行本などの分厚いものはこれでは切れないので
カッターでばらしていましたが
案の定 指の先がどんどんスライスされて行き
このままでは指が無くなってしまうので
裁断機を買いました



私が使っているのはこれ
折りたたみができるというので選びました
けっこう重いので そのたびに棚から下ろすのは
大変で 結局出しっぱなしにしています

単行本もザクッとまとめて切れます
冊子なども含めて300冊ぐらい切りましたが
刃を受ける受け木もまだ最初の1面が使えています

レーベルによって 板みたいに全然切れない本があります
カッターで薄くばらばらにしてやっと切りました
ハンドルにはストッパーがついているので
片手で安全装置を押しながらでないと
ハンドルを押せません
だからまちがって切れることはありませんが
片手でハンドルを下ろして切るのは
か弱い私には無理なので
安全装置を押しながらハンドルを下ろしてから
両手に持ち替えて切っています
少し面倒ですが 安全第一なので…

赤いレーザー光で切れる場所を示してくれるのですが
いまいちピンとこないので
受け木の傷を目安にしています



私が持っているのが180DXでこれは200DX
値段がだいぶ高いですが 違いは裁断できる分厚さです
180DXは1.5cmで 一般的な漫画の単行本(200P)は切れますが
文庫版などの少し分厚いやつが もうちょっとというところで入らないので
カッターで二分割せざるを得ません

200DXは本が入る高さが高いだけでどうしてこんなに
高くなるのかと疑問でしたが
20%分厚いものを切るには 刃の強度なども20%上げないと
いけないので より上質な鋼はより高額ということみたいです

漫画単行本の自炊がメイン+多い人は
分厚さが微妙なことが多いので 200DXのほうが
ストレスが無いと思います
私は薄い文庫本が多いので
安くてやや軽量な180DXで良かったと思います

スペースを確保するための自炊のために
巨大な裁断機を買うというのは
いったいどういう矛盾なのかとも思いますが
裁断機を使ってみると 実にスムーズで
暇なときにどんどん切って 1冊ずつ袋に入れて
たまったら まとめてスキャナにかけています

なお スキャナはカラーと白黒を自動判別するモードだと
どっちも綺麗に読めないので
本文をグレースケールでスキャンし
カバーは別にカラーでスキャンして
あとで統合するのが綺麗です

写真は スキャンするために切り取られた
表紙の一部です
右はカバーをカッターで切ったもの
左の本はソフトカバーだったので
裁断機でまとめて切ったために
ノドの部分が大きく欠けています
(これぐらい深く切らないと
背表紙をくっつけるノリが残っていて
ページがくっついてしまう箇所が
出てくるのです)

最初は抵抗がありましたが
スキャンしてみると 今までは積んでおくだけで
読まなかった本を手軽に開けるし
USBメモリ1本に何百冊も入るので
移動中に好きな本を読めるし
劣化しない
PDFなので本に直接メモを書き込める(そして消せる)
OCRをかければ検索や翻訳もできて
本が生き返った気がします

でも 子供の思い出の絵本などは
データだけの問題ではないので
やはりバラバラにはできません
自動でページをめくったうえに
歪みなくスキャンしてくれるような
ロボットはいつできるのでしょうか
01:10  |  お人形の本箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.01.10(Sun)

やわらか・かわいい はじめてのどうぶつぬいぐるみ

0doubutu.jpg
冬休みが明けて
学校にうずまくピチピチのウイルスたちに襲われ
こうなりましたので
三連休はおうちでじっとしています

この機会に ずっと作ろうと思っていた
ふだんづかいの袋物をいろいろ
ミシンをかたかた 作りました
マチの広いエコバッグとか
大きなファイルが入る大きなトートバッグとか
内ポケットがいっぱいついたポーチとか
自分の希望にぴったりな形やサイズの袋物は
探してもなかなか見つからないので

それで 袋の持ち手を買いに手芸屋さんに行ったら
こんな本が置いてあって あまりにも可愛くて
買って帰ってしまいました
スターチャイルド社というぬいぐるみ会社による本で
サイトを見に行ったら 会社で実際に販売しているぬいぐるみと
同じ型を紹介してくれている太っ腹です

内容はぎっしり 動物の種類もたっぷりで
うさぎ くま 犬 猫 パンダ ぞう ブタ たぬき
全部おすわりタイプの ころんとしたフォルムです

同じ型でも布の種類を変えることで違う風合いの
ぬいぐるみを作れますよ といろんな布で
作ってみてくれています
人形にかぶせるフェルトの帽子や
お持たせのフェルトのフルーツなどの
小物もいっぱい載っています

写真もナチュラルな野外撮影が多く
写真集として見ているだけでも癒されます
しもぶくれのうさぎさんの 落っこちそうなほっぺがたまりません

小花模様のコットン布で作られたうさぎさんには
眠っていたアーリーアメリカン萌え魂を揺さぶり起こされます

残念ながら2011年の本なので
アマゾンや楽天では品切れで プレミア価格で販売されていました
手芸屋さんなら 本の出入りが激しくないので
定価で見つけられるかもしれません

12:49  |  お人形の本箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.11.15(Sun)

ハンカチでつくる!リカちゃんお洋服BOOK

0IMG_3730.jpg
ハンカチでつくる!リカちゃんお洋服BOOK
子供でも作れる しかもかわいい 簡単な型紙と作り方
オリジナルリカちゃんもついてくる という
宝箱みたいなすてきな本ですが
発売と同時にアマゾンで品切れ 再入荷無し プレミア価格出品で
手に入らないのかと慟哭していました

ところが と妖怪ウォッチの漫画を買いに入った本屋さんで
偶然残り1冊を発見して 一瞬の迷いもなくゲットしてきました


値段も見ずに買ってきましたが 価格は税込み2570円
一番シンプルなワンピースを着た はじめましてリカちゃんが1620円ですから
本(と箱)は950円ぐらいの計算でしょうか

0IMG_3734.jpg
リカちゃんが入った箱の後ろに 本の部分が貼りつけられ
全体を表紙がくるんでいるという このワクワクする構成

ピンクのギンガムチェックは はじめてのバッグセットなどで
リカちゃんがよく着ているシンプルドレスの定番ですが
明るい色の丸ゴシック文字と合わさって
ものすごい わんころべえ時代のなかよしの
ふろくが入っていたにぎやかな印刷の箱の
宝箱の詰め合わせみたいなワクワク感で
ホイホイされずにはいられない

0IMG_3731.jpg
表紙を開くと 透明な窓の向こうにリカちゃんが
リカちゃんハウスの扉を開けたり 窓越しに人形をのぞいたり
そんなお人形ごっこ感の追体験に いきなりテンションが上がります
最高に盛り上がるパッケージですね

0IMG_3739.jpg
本は ドラえもんの科学工作などの場合は
ホットメルトでとめてあったので 簡単に外せましたが
リカちゃんは箱に表紙の部分を両面テープで貼りつけてあります
表紙が薄いので 破らないよう 本の表紙を右手でしっかり押さえ
箱を左にゆっくり ページを開くようにして 1分ぐらい時間をかけて
少しずつ剥がすと きれいに取れました

一番興味があったのは ハンカチまきまきドレス
子供のころによくやったあれは ハンカチを体に巻き付け
輪ゴムでとめるという 簀巻きファッションでしたが
プロのまきまきドレスはふんわりとかわいくて
どうやってこんなドレスになるのか知りたくて
ロングドレスバージョンもありました

内容は 簡単に作れるよう 作り方や材料選びなどが
工夫されていて すごくミニチュアドレス作りの参考になりました
海外の アンティークドレスから型紙を起こした型紙本で
縫い方がわからなかったドレスの縫い方が おかげでわかりました

モデルのリカちゃんは 髪の色やヘアスタイルはいろいろですが
顔は オリジナルリカちゃんと同じ顔です

服も手順にアイロンかけが無いため
アイロン無しのものを写真に載せています

写真の見栄えをよくするために
ドレスに合うメイクの別のリカちゃんとか
アイロンをきっちりかけた鋭角のナイフプリーツで
撮影用の特別な写真を載せるのではなく
この本のリカちゃんとこの本の内容で
作れる範囲のものを載せているようす

幼児雑誌のふろくの紙工作のサンプル写真を
はさみを使わず手でパキパキして
バリそのままで仕上げているのと同じ
ていねいな配慮を感じました

子供や孫に頼まれて作って 本と違-うと言われたら
困ってしまいますもんね

0IMG_3733.jpg
窓の中のリカちゃん
ちゃんとビニールで顔が巻かれています
シュミーズの肩ひもにサテンリボンを使っているのが
お人形らしくてかわいい

0IMG_3740.jpg
箱を開けてご対面
着ているものはピアス シュミーズ パンツのみで
はじめてリカちゃんのシュミーズドレスとはちがい
本当に完全に下着という感じです
針金でとめつけられていないので すぐに取り出せるのが便利

真新しいリカちゃんの箱を開けた時の
可塑剤のにおいを感じません
人形が出来上がってから その人形を使って
ドレスを着た写真を撮って印刷して という
スパンの長いスケジュールのあいだに
可塑剤臭が飛んでしまったのでしょうか

この本が時間をかけて丁寧に作られたんだなあと
あらためて実感します

0IMG_3743.jpg
オリジナルリカちゃん
顔のビニールを取りました
ボディはふつうのリカちゃんと同じで
手足にワイヤーが入っていてポーズがつけられます

リップはパール入りの紫寄り
目も紫でハイライトが茶色なので
全体的に シックな感じがします
シックだけれども派手さがあって
リカママやリカおばあちゃんに似てるなと感じます

我が家にいる のリカちゃんたちは
プリンセス系のメイクで リップは明るいチェリーピンク
目は明るいブルーで明るい金髪の 華やかな子が多いです

このリカちゃんはドレスの試着やサイズ合わせという仕事のためにうまれた
お針子ママやおばあちゃんの側にいるリカちゃん
ドレスを着て子供部屋で 子供のお人形ごっこにつきあって
パーティや舞踏会に駆り出されているリカちゃんたちを
陰で支えるリカちゃんという感じがします

ドレスのイメージを左右しない 主張しすぎないストイックな髪とメイク
素敵な可愛いドレスがさあ仕上がったと思ったら脱がされて
ドレスはおもちゃ箱のクローゼットへ
下着一枚に戻ったオリジナルリカちゃんは さあ次のお仕事へ

可哀想かな と少し思うのですが
そんなのは平気 仲間たちがおもちゃ箱の中で疲れて眠っている間に
お針子ママやおばあちゃんが受けた
新しいドレスづくりの夜なべ仕事に
ブラックコーヒーのカップの横で お付き合いするわ
それがわたしのお仕事だもの と笑って言い切る
強さと 人に寄りそう優しさのある すてきな顔だと思います

0IMG_3746.jpg
そんな仕事人リカちゃんに キャリアウーマンっぽさを感じて
何となく 出張先のビジネスホテルでスーツを脱いで
ほっと一息ついてるような感じの写真
大人っぽく見えます 美人ですね

スーツケースはだいぶまえの ちゃおのふろくで
パチンとふたをしめ
左右のレバーをスライドさせて開けることができます
持ち手はちゃんとのびるし コロコロも動きます

実はミニレターセット入れだったので
ミニレターがなくなるまでの物で
ミニレターがなくなるのを虎視眈々と待って

「ミニレターなくなっちゃったね 空き箱どうする
「うーん 空き箱かあ いらない」

という 巧みな誘導尋問により いただいてきたものです

13:24  |  お人形の本箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2015.07.09(Thu)

はじめてのタティングレース

0IMG_3438.jpg
お人形の帽子に飾る小さな花や ミニチュアドレスの裾に飾る細いエジングを
作りたいと思って 1年ちょっと前にタティングシャトルを購入し
クロバーのサイトで動画を見ながら練習していたのですが
まあ ちっとも成功しないこと

写真のように 10個の結び目を作って 糸を引いてループをしめて
ループを1個作るのが 一番最初の課題なのですが
糸を引こうとしても引っ張れないので ループがしまらなくて
その最初の1個のループがどうしても作れません

そのまま1年ぐらい 思い出してはやってみて やっぱり無理でした
その間に写真の ヴォーグ社のタティングレースの本を買いましたが
成功したらモチーフづくりの参考にしようと買ったものだったので
モチーフをぱらぱら見てため息をつくばかりで
全然 前進していなかったのです

先日 たまたまこの本にあるやりかたを見ながら
やってみよう と思い立って やってみたところ
なんとループがちゃんとしまるではありませんか
それでループを3つ作ってみたのが上の写真です

ループを5個作れば 初歩の初歩の作品である
お花のモチーフが作れます
まだ糸を引くときにあやしさを感じるので
もっと練習しなくては

本だけで見てわからない人は 動画を見るとわかりますよと
よくアドバイスがあるので それなら動画だけ見ればわかるはずと
さいしょ短絡的に考えていたのですが
それは本「も」動画「も」見ないとわからないという意味だと
今回よくわかりました

教室で先生が教えてくれるような細かなニュアンスは
図や文字の細かい説明があってようやく理解できるし
本だと自分のペースで進められて
わからない部分を流さずにじっくり向き合えます
ちゃんと「くわしいプロセスつき」って 表紙にも書いてあるのに
思い込みはいけませんね

手芸の本はやっぱり 1冊読めばきちんと作れるように
なるように書かれているんだなあと感動しました
12:33  |  お人形の本箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2015.05.26(Tue)

オークションカタログ

カタログ
もうすぐ始まるオークションのカタログをいただきました
今回はビスクドールだけでなく ぬいぐるみ おもちゃ ビー玉までもりだくさん
こちらのオークショナーのカタログは
ページもずっしり分厚いし 写真はぎっしり圧縮陳列なので
見ているあいだに どんどん時間が過ぎていきます
19:26  |  お人形の本箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT