FC2ブログ
2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2019.01.29(Tue)

くるみボタン

s-p2019-01-28.jpg
が 何かの部品を作ると言って
くるみボタンキットを買って 1個だけ使ったあと
もう使わない と言いました

100円といえど もったいないので
くるみボタンでマグネットを作ることにしました
せっかく手作りなので 同じ模様ばかりではなく
いろんな模様のが作れるよう
クレイジーキルト風のプリント布を使いました

1月といえど 気分は何となく春模様なので
ピンクや小花柄を見ると ウキウキしてきます
まるく切ると ますますかわいさが増しました

柄の出方がいろいろで おもしろいです
ボタンが小さいので うまく切ると
1個まるまる 1つの柄のボタンも作れました
ころんとしてかわいくて 見ているだけで幸せな感じです

今回はくるみボタンキットありきで ボタンを作りましたが
本来は コートのボタンなどに使うのでなければ
他のものを作るのに使った布の
最後の最後のちいさなはぎれを たいせつに使い切るためのもの
そうした小さなボタンをあつめて ヘアゴムやブローチなど
小さなアクセサリーに仕立て上げるというのに 憧れます

お気に入りの布に
なかなかはさみを入れる勇気の出ない私ですが
最後にこんなかわいいボタンになってくれるなら
勇気を出せるかも と思いました
00:15  |  百均  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.11.13(Tue)

100円ドールのリメイク

p2018-11-01sd_GF.jpg
セリアのお人形に 大サイズと中サイズが増えました
アニメっぽい顔立ちと体型が可愛いそうで
が リカちゃんのお友達に と
大きい子を二人 買ってきました

ピンクの子はツインテールでしたが
「ポニーテールにして」
と無茶ぶり

ポットのお湯(90℃)をボウルに入れて
逆さにつけて フォークで髪の毛をとかし
ぶじ お湯パーマが成功しました
ちぢれたり変色することもなく
ツインテールのくせもとれて ツヤツヤに仕上がりました

なおツインテールをほどくと
植毛は頭の周りの部分だけで
中心部分には植毛用の穴すらありません
この子たちはみんな 髪の毛を結ったり編んだりしていますが
それは 毛量を節約するためのようです
なので ストレートヘアには変更できません

ドレスが 胸の部分にゴムが入っているにもかかわらず
首のリボンが縫い付けで 脱げなかったので
着せ替えできるようにしてほしいと言われ リボンを変更しました

ついでに 体が細いのにドレスのボリュームが無くて物足りなかったので
プリーツレースを裾に縫い足してみると 好評でした
船はこの子たちを乗せるために ダイソーかどこかで買ってきたようです
00:12  |  百均  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.10.26(Fri)

悪魔のような天使の笑顔

p2018-10-25hw_GF.jpg
ハロウィンを楽しむのは
人間だけではありません
アメリカのアンティークドールコレクターたちは
大きなハロウィンパーティーを開催し
ご自慢の人形に手作りの
衣装を着せて持ち寄ります

フェルトのかぼちゃドレス姿の
テートジュモーなんてものが見られるのは
この季節だけ

本来は ハロウィンで仮装をするのは子供なので
子供の姿の象徴であるキューピーに
衣装を着せているのもよく見かけます

針金モールでできた天使のドレスとか
クレープペーパーでできた悪魔のローブとか

そのためか1915年ごろ
亜流キューピー大流行の流れにのって
本当に悪魔(ファウン)の姿をした「インプ」という
お人形も現れました

写真の悪魔の帽子のキューピーちゃんは
みにあどーる 原先生のミニチュアリプロ
2.7cmですが うち3mmぐらいは頭のトンガリなので
見た感じはひとまわり小さいサイズに見えます

悪魔の帽子はスチール製で
セリアで見つけたハロウィン用のミニドーム
(中にレジンでいろいろ包埋してアクセサリーにするもの)の
ふたの部分です
10:34  |  百均  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.10.20(Sat)

ファブリックボードもどき

p2018-10-20_GF.jpg
何年か前にキャンドゥで買った ハロウィンのてぬぐい
横長の柄が珍しく 色もデザインも可愛いので
どうにかして飾ってみたいと思い
ファブリックボードもどきを作ってみました

ダイソーで買ったパネルボードはA3サイズ
てぬぐいはA3を縦長に2枚重ねた大きさ+αです

てぬぐいを裏返して ここぞというところにパネルボードを置き
パネルボードの裏側のふちの部分に 両面テープを貼ります
両面テープは厚みのある
強力タイプのものを使いました
あとはふちの部分の布を 裏に折り返してとめるだけ

不要な部分は切ってしまえば良いのですが
またてぬぐいに戻したくなったときに困ると思って
余った分は両面テープで パネル裏にぴったり貼りつけました
それでボード裏が少し分厚くなってしまいましたが
気になるほどではありません

木の枠でキャンバスのように作った
本格的なファブリックボードにくらべると
とても軽いので 画鋲を使わなくても
両面テープで壁にくっつけることができるのも
お手軽で良いです
23:32  |  百均  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.10.11(Thu)

甘撚りマフラー

p2018-10-08_GF.jpg
何年か前 100均の毛糸を編んでみたところ
きしむし 割れやすいしで すごく編みにくいし
仕上がりはごわごわして 肌触りが悪いしで
長年 敬遠していました

お人形の小物は ほんのちょっとの毛糸でできるので
そのときの毛糸をずっと使いつづけていたため
最新の毛糸状況を知らないままでした

今回 が文房具を買いにいったはずのセリアから
毛糸玉を買ってきて
「マフラーを編んで」
との無茶ぶり

あなたが今行ったセリアで
100円でマフラーは買えるんですけど…
(でも 早い季節に買うあたり 配慮は感じられます)

100均の毛糸のうえ 編みにくい甘撚り
これは苦労しそうだわと ため息をつきつつ
太いので 手元にあるかぎ針も使えません

百圓領事館で プラスチックのかぎ針(7ミリ)を見つけました
100均のカギ針も バリやささくれで
すべりが悪いという印象だったので 投げやりな気分で購入

ところが

このカギ針が 軸にしっかりモールドラインも残っているのに
全然ひっかからず すいすいと滑ります
プラスチックで 先が鋭角に設計されているので
きつめの編み目にも すんなり通ります

そして心配していた甘撚りの毛糸も
甘撚りでふわふわしているのに 不思議にほぐれません
きつめの編み目から引き出しても さけることもなく
ずっと編んでいるうちに だんだん撚りが戻って
ほとんど撚れていない状態になってしまっても
糸がほぐれることがありません

すいすいと快適に編み進めて
私の腕ですら 1玉編むのに1時間かかりませんでした

知らないうちに こんなに進化していた100均の毛糸
手芸屋さんの毛糸に比べれば それでも微妙に
ごわごわしているし きしみも感じるので
ゆるめの長編みに はしごも入れて
やわらかい生地になるようにしました

太い糸なのでゲージは3段で8cm
マフラーは150~170cmぐらい必要らしいので
60段編めば良いはずだから
それほど果てしない戦いでもなさそうです

なお 毛糸を休めるとき
今までは安全ピンを使っていましたが
100均のウッドピンチを使ってみると
とめやすいし 見た目もカントリーっぽくていい雰囲気でした
10:02  |  百均  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT