FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2020.06.01(Mon)

みすやのガラスまちばり

s-2020-06-01a.jpg
最近マスクばかり縫っていましたが
今日から衣替えなのを忘れていて
巾着袋が足りないことに夜中に気づき
ありものの布で あわてて縫いました

京都みすやのガラス頭のまちばりは
頭のガラスがたっぷり大きくて ミシン用ではないのですが
緑がひすいのような絶妙な色合いと半透明感で
他の色も発色がとてもかわいくて
ミシンの手元ライトが当たるととてもきれいなので
ついつい 使ってしまいます

京都三条のみすや本店は 料亭のような店構えで
かわいい飾り待ち針もいっぱいありますが
ふつうの待ち針でもこんなにかわいいので
縫い物マインドが盛り上がります
先が鋭くて 分厚い生地にもサクサク通るし
本当に良い針です

s-2020-06-01b.jpg
ほんのちょっとだけ余ったはぎれ
横に置いていたコップに水滴がついているのに気づいて
捨てるつもりだったのを パッチワークとも言えませんが
縫い合わせて四角にして コースターを作りました

ミシンもアイロンも片づけたあとなので手縫い
ほぼ朝になっていたので 端にステッチを落とす気力もなく
ふんわりした仕上がりですが
朝あらためて見ると ウーパールーパーが
ちょうどいい位置にいて なかなかかわいいです
14:11  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2020.04.24(Fri)

マスクを縫う

s-20200424mask1.jpg
近所の保育園で布マスクが不足して
寄付を募集していたので 縫うことにしました

お店はすでに ダブルガーゼが品切れでしたが
手元に昔100均で買った ダブルガーゼのはぎれがありました
ふわふわで 柄もとてもかわいくて
いつか310グーグリーに ちょうちんそでのふんわりワンピを
作ってあげようと夢想しながら ハサミを入れる勇気なく
ただ眺めて 愛でていましたが
ついに ハサミを入れる決意をしました

1枚のガーゼはぎれから 幼稚園~低学年ぐらいの
子供サイズのがちょうど2枚とれます

20200424maskumemama.jpg
マスクの縫い方
できあがりサイズのたて2倍×よこ3倍のダブルガーゼを用意します

①布を裏向けに置き、上下を観音折りにたたみます
②左1/3を右にたたみます
③右1/3を左にたたみます
④右端だった部分を内側に1㎝ほど内側に折りこみます
⑤左右1㎝ほどのところにミシンをかけて完成
 ゴムを通さないといけないので 幅は広めに

ガーゼは張力が強いので 大量生産のときは
アイロンで全部折り目をつけてから縫った方が速いです
今回は枚数が少ないので クリップでとめるだけで縫いました

今 マスク用のゴムも品薄になっています
すぐに劣化して 1年ぐらいしかもたないので
在庫でたくさん持てないのが難点

ミシンのステッチが入ったダブルガーゼは
ただの布だった時代より はるかに可愛いくなりました
02:55  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2019.06.02(Sun)

ちょこのせフィギュアの飾り方

s-2019-05-30choko.jpg
ガチャのカピバラさんがかわいかった勢いで
増えてしまった けものフレンズのフィギュアです

おすわりしたり 机のふちにかけておける
ちょこのせフィギュア というフィギュアなのですが
細かいパーツもあってこわれやすそうなので
ケースに入れたい
でもケースに入れようとすると 姿勢の関係で台がいります

ちょうどいいものがなかったので
ダイソーにあった 椅子の足の下にはるフェルト
直径3.8cmmの12枚入りを
4枚ずつ貼りつけて 円筒形にしてみました
高さがちょうどで 胸の部分もフェルトの摩擦で
ほどほどにすべりません

フェルトの粘着面をそのまま台にはると
はがせなくなって 配置換えのときに困るので
オレオのように 向い合せではりあわせ
両面ともフェルト面にしています

そして 底の部分に弱い粘着テープをくっつけて
固定してあります

足の部分まで見えるよう ハンズでアクリルキューブを
買ったほうがいいかもしれませんが とりあえず

修学旅行でたたんだ布団の上に
ダイブする子みたいになりました…
00:00  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2019.03.15(Fri)

グルーのペンキャップ

s-pIMGpencap.jpg
年度末で 文房具もいたんでくるころ
の筆箱も パックリ剥離してしまったので
新しい布のペンケースを買ったのですが 気に入りすぎてしまって

「明日から使いたい でも汚したくない
 だから鉛筆キャップがほしい でも持ってない
 お店はもうしまってるけど でも明日から使いたい

選択肢は 手作りしか残されていませんでした

さて 手作りのペンキャップといえば 私たちの世代は
大高輝美先生の手芸本の
フェルトのマスコットが真っ先に脳裏に浮かびます

刺繍糸をブランケットステッチにして ていねいにかがったフェルトで
指人形のような凝ったペンキャップから
*みたいな簡単な刺繍をほどこしただけの
シンプルで実用的で 初心者でもさあ作ってみようかと
思うようなものまで いろんなペンキャップがありました

思い出すと胸がときめいて シンプルな*つきのを作ろうと思って
フェルトは何色がいいかと尋ねてみると
YoutubeのDIY動画ばかり見ている

「グルーガンで作ってほしい
 そうしたら マニキュアで好きな色に塗れるから」

との無茶ぶり
おいしいところだけ 自分の手柄にするつもりのようです

どう作ろうかと考えて とりあえず鉛筆にクッキングペーパーを巻いて
グルーを巻き付けてみました
最初に クッキングペーパーの合わせ目を
グルーで押さえておけば ほどけてきません

円筒を作ったら クッキングペーパーを引き抜きます
これは予想外にすんなり引っこ抜けました
円筒の上下がガタガタになっているので
ハサミで切ってフラットにします

つぎに 頂点の部分をグルーでふさぎます
ここは分厚くしないと 鉛筆をさしたときに突き抜けてしまうので
ドーム型に盛りました

最後に 口の部分にグルーを一周させて
断面をととのえると同時に 口の部分を少しだけ狭くします
グルーが冷えると収縮するので
そのままでは鉛筆をさしたときに スカスカになってしまうので

見た目はひどいですが 手触りがほどほどにプニプニしていて
友達に大人気だったそうです

なお グルーガンをさしている缶は
ポークランチョンミートの缶
グルーガンにスタンドもついているのですが
ここにさしておくほうが便利です
缶の口はがんばってペンチでつぶしましたが
まだトゲトゲしていたので グルーでカバーしています

グルースティックを入れているケースは
セリアの透明箱コーナーにあったもの
長さがおそろしくぴったりで 愛用しています
15:08  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2019.02.03(Sun)

春節の飾り

s-2019-02-02.jpg
明日は立春
お友達が台湾で
春節の飾りを買ってきてくれました
飾りというか 飾りの材料です

小熊媽媽(ベアママ)DIYという
ユザワヤやトーカイのような手芸材料の
お店があるそうです

ピンクのひもは開運結びというもので
赤いフェルト飾りには 縁起の良い文字が書いてあります
金色の飾りは
道光通宝という清朝のコインと
元宝という古銭(金の分銅)の形

餃子の形は 縁起をかついで
この元宝の形に似せて作られているそうです

s-2019-02-03.jpg
とりあえず 全パーツを使って作ってみました
文字がなかなか解読できなくて 上下裏表が決まりませんでしたが
「生意興隆」と書いてあるようです

生意というのはビジネスのことで
商売繁盛という意味だそう
赤と金色が ぎらぎらとまばゆくて明るくて
すごく縁起が良さそうです
15:12  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT