2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
2017.09.27(Wed)

赤帽の後ろのゴム交換

p2017-09-17a_GF.jpg
運動会の時期になりましたが
が 赤帽のゴムを
交換してほしいと持ってきました
帽子のゴムなんて今まで
何十本も交換しているので
余裕余裕 と思っていたら
まさかの 帽子の後ろの
ギャザーのところのゴムでした

騎馬戦のときに
帽子のあごひもを外してかぶるので
落ちてしまう とのことですが…
こんなところのゴム 交換できるのでしょうか

最近は百均にも赤帽が売ってあるので
新しく買いなおすんじゃだめかと聞いたら
「もったいないからだめ」

立派に教育が行きとどいていることに
感動しつつも 不安とともに
とりあえずゴムが入っている部分のすそのミシン糸を
外してみました 


すると 後ろゴムの部分はこんな構造になっていました
帽子のすそをぐるりと回るステッチ(黄色)は
後ろの部分だけ上部に迂回して
浅い袋状になっており
そこにゴム(白)が入っています
その袋部分を 短いステッチ(黄緑色)で
ふさいでいます

ということで まず黄緑色の部分の糸を
全部きれいに引き抜きました

中には あごひもと同じ太さの
細いゴムが一本だけ入っていました
見るからに弱そう
そしてユルユルになっていました

このゴムは帽子のすそのステッチ(黄色)で
両端をおさえられていますので
この糸を外すと
帽子のステッチを全部やりなおすはめになります
なので単純にゴムをハサミで切って外します

次に あごひもと同じゴムをつけるのですが
なんか弱そうだったので 四重にしました
左右の端っこの部分をしっかり縫いつけます
シャーリングとかになってたらどうしようと
思っていたので かんたんな構造でほっとしました

ゴムの長さは いっぱいいっぱいにのばして
袋状の部分と同じ長さに調整しました
1本ゴムならそれでいいですが
4本ゴムでそれをすると ちょっと頭が痛いらしい
でも縫い直したくありませんから
そのうち伸びるよ と言いふくめます

すそを閉じるのは 距離も短いし
手縫いの並縫いですませました
ミシン糸だと上糸赤・下糸白にしていますが
ふつうに30番の太めの白い糸でも
すそなので目立ちません
10:38  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.09.21(Thu)

リバティのように

p2017-09-18l_GF.jpg
あこがれのリバティプリントは
ファブリックデザインの最高峰
老舗のデパート ロンドン・リバティで売られていて
イギリスならではの 自然の草木をモチーフにした
やさしくも鮮やかなプリントパターンが特徴です

さて 上の写真ですが
左はリバティプリント
右はダイソーの鍋つかみです

ダイソーの小花柄デザインは
以前のキャスキットソンふうの柄も
すてきなデザインだったのですが
このリバティプリントふうの柄も
とくに青のはさみかたがすてきです
アラベスク寄りの柄に青が入ると
どことなくペルシャっぽい雰囲気も感じますね

いっぽうで 赤やピンクの発色を見ると
やはりリバティプリントはさすがのひとことです
のお友達にレッスンバッグを縫ってあげることになり
裏地にする小花柄の布を探して在庫を整理していましたが
大量の小花柄の中にまじって リバティの小花は
ピンクと黄色が強く効いているのでしょうか
そこだけ ぱっと輝くように目立っていました

でもハサミを入れる勇気はまだ出ないので
ひとしきり眺めて片づけて
裏地にはキャンドゥの小花プリントを使いました
15:45  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.09.06(Wed)

小さな紙袋

p2017-09-0k_GF.jpg
小人閑居してミニチュアをつくる
夏休み中 ひまを持てあました
七夕のときの折り紙の残りで
何かを熱心に作ってると思ったら
なぜか1/12サイズの紙袋を作っていました

和菓子屋さんでモナカを買ったら
もらえそうな感じの紙袋
取っ手をのぞいた高さは2cmほどです

紙袋をたたんでしまってあるときの
取っ手や底の部分の折り目が
やけにリアルなこだわりですが
とくに何かの用途のために作ったと
いうのではないそうです
13:30  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.08.29(Tue)

グラスアイ

p2017-08-29_GF.jpg
グラスアイを作ろうとしてみたところ
何かの魚卵みたいなやつができました
大きさがそろわないのはもう仕方ないとして
黒い瞳孔が流れる流れる
ドイツの工場裏の跡地から発掘される
失敗作の目玉でも
瞳孔が流れているものが散見されますが
この魚卵を見るにつけ
大きな宝石のようなグラスアイは
人類の技術の最高到達点のひとつだと思います
17:02  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06.04(Sun)

DIYはんこケース

p2017-05-25_GF_1.jpg
今でこそ 写真を丸く切ってキーホルダーにしたり
ファイルの表紙に好きな絵を挟んだり
そんなDIYグッズがたくさんありますが
DIYという言葉ができる前は そういうのは全然なくて
せいぜいが 事務用品店にある
B5のクリアハードケースに 雑誌の切り抜きを入れて
DIY下敷きを作るぐらいだったなあと思いだすにつれ
最近のDIYグッズの展開の広さがありがたいです

写真は百均のサンリオコーナーにあった
マイメロのはんこケースですが
中の紙を取り換えて DIYはんこケースを作れます

はんこケースは 使用頻度の割には
毎日バッグの中に入れて目につくものなので
自分の好きなデザインのものが欲しいですね
紙を入れるだけなので 名前を書くのも簡単です
中には小さな朱肉ケースがついています

ということで お気に入りの
ぐでたまのメモ(百均)を切り取って
はんこケースに装着しました
昨今の 百均における
ぐでたまグッズの増殖を見ていると
半年もすれば 公式のぐでたまはんこケースが
できているような気もしますが…

余ったマイメロの紙は
紙がぶあつくてしっかりしているので
しおりに使いました
紙の端っこの色が強くて
はっきりしていて 見やすいです

はんこケースに入れる紙は
裏から透明のプラ板をはめて
カチッと固定するようになっているので
コシのある紙でなくても大丈夫
たとえば好きなファブリックの切れ端を
入れることもできます
13:06  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT