FC2ブログ
2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
2011.05.30(Mon)

衣替えシーズン

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
10:54  |  お人形の服  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.24(Tue)

レインボーカラー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
16:18  |  お人形の服  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.21(Sat)

4年ぐらい探していた人形

aIMG_0065.jpg
4年ぐらい前、いずこかの掲示板で、グラスアイの入ったリプロのキューピーを見ました。
もちろんアンティークのローズ・オニールデザインのキューピーにも、
グラスアイのものはあります(メチャクチャ高い)。
それでなくて、リプロで、まつげバシバシで、ベティブープみたいなキューピーちゃん。
かわいいけど、アンティークとちがってリプロは1点モノが多いので、
いつか出会えますようにと祈りながら4年ぐらいたちました。

そして、やっとこの子に遭遇
リプロではなく、今もあるドイツのおもちゃ会社B&Gインターナショナルの、1975年の製品です。

色つきポーセリンスリップを使っているところは、新しい感じ。
顔の描きは面相筆で、手馴れていますが、アンティークとちがって筆の先が割れています。
昔は筆の先が割れないよう、唇で筆先を整えながら塗っていたそうですが、
それにしても昔のジャーマンドールのまつげはペンで描いたように細いです。
ガラスペンでも使っていたんでしょうか。

頬紅はコットンですが、関節に乗せた色は筆ではいています。
50年前に比べると、かなり仕事が雑な感じ。

しかしグラスアイは、錦玉に透明エナメルをかぶせた、
50年前と同じレベルのジャーマンブロウアイ。
それを昔ながらの石膏でとめているのですが、
ホイップクリームのようなあの昔ながらの手馴れた石膏です。

アメリカの手馴れたドールドクターでも、石膏はバリバリしています。
一気に流しこむ度胸が必要なんでしょう。
1975年にはまだ、アンティークビスク時代の技術が少し残っていたようです。

aIMG_0066.jpg
念願のこの子に出会えたので、コテコテのキューピードレスやら、
かわいいワンピやら作ってあげたいと思い、QPさんのテケトー流ドレスの教えをこいつつ、
QPさんのキラキラ少女漫画QPちゃんを眺めてキューピーはやはりフェミニン系かと思いつつ、
でもこの子は目を入れるために頭があいているのでウィッグをかぶせるか
帽子をつねにセットにしないといけないし、っていうか学校行事多い。

とかしていて、結局まだこの段階です。
手抜きして手袋キューピーにしようとしたら、ボディが微妙に大きくて
手袋が着られず、帽子だけかぶせて、ドレスは太い毛糸で15分編み。
割れ防止ファッションです
百円ショップでいきおいこんで買って来たかわいい小花の布が
裁縫箱の中で泣いてます
01:03  |  グラスアイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.13(Fri)

正ちゃん人形

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
14:12  |  アンティークドール考察  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.10(Tue)

黄金の楽園

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
00:51  |  お人形の服  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.02(Mon)

屋根より高いこいのぼり

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
11:18  |  その他の雑談  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |