FC2ブログ
2011年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
2011.06.30(Thu)

ミニミニドールスタンド

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
01:54  |  ハンドクラフト  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.27(Mon)

光るガラス

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
00:03  |  その他の雑談  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.23(Thu)

コンポジションベビー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
18:48  |  アンティークドール考察  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.21(Tue)

ハイドロハイターをお風呂に使ってみた

順序が逆な気もしますが、ハイドロハイターをお風呂に使ってみました。
子供がお風呂で使っていた水車のネジのサビがタイルにうつって1年以上たったもの。
これだけ時間が経ったら無理かと思っていましたが、
お湯であたためるハイドロハイターをふりかけるへらで練ってまんべんなく塗る
これで24時間放置で洗い流すと、うっすら残ったオレンジ色のサビの色が完全に取れました。
カビキラーのようなきつい臭いもなく、良い感じ。

ついでにメモ
シリコンパーツでできたお菓子アクセサリーの修理にて。
黄色い万能ボンドは、溶剤がトルエンやヘキサンなど錚々たるラインナップなので、
さぞかし万能かと思っていたのですが、シリコンに歯が立たないんですね。
シリコンは接着しにくいことが特徴だそうです。
調べると、シリコンゴム用ボンドやセメダインスーパーXで接着可能とか。
15:31  |  修理(ボディ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.19(Sun)

狭い針金フックに太いゴムを通す方法


梅雨でなかなか外へ遊びに行けない休日は、絶好の修理日和。
日ごろ気になっていたあの子を、メンテしてしまいましょう。

ひじょうに地味なワザで、しかもシチュエーションが限られていますが、
狭い針金フックに太いゴムを通す方法です。

そもそもどういう状況なのかというと、オリジナルのままの
ゴム引きの場合、ゴムの端はダンゴ結びではなく、腕などの針金ジョイントを
強く曲げることでゴムを強く圧迫し、止めていることがあります。

これをゴム引きしなおしたくても、まずゴムが外れません。
針金ジョイントを曲げると折れてしまうので、
まずゴムを切り、カッターナイフなどでほじくって、
完全に古いゴムを取り去ります。

ただのフックになりましたが、フックがせまいので、
もとのゴムよりもかなり細いゴムしか引けません。
大きな人形だと、ゴムの力が弱くなってぐらぐらします。

そこで、フックに入るていどの太い針金の輪を足します。
針金は引っ張る力に強いですが、強く引っ張られてねじった輪がほどけないよう、
ねじった部分はさらに輪にからめるようにして、
絶対にねじった部分がほどけないようにします。

こうなってしまえば、太いゴムが通したいほうだいです。
輪の直径は一センチぐらいが、作りやすく具合も良いです。

aaIMG_0166.jpg
我が家で一番気が弱そうな人と、一番気が強そうな人。
二人は今回メンテ無しなので、メンテされている他の人を高見の見物です。
00:17  |  修理(ボディ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.16(Thu)

サビについてのまとめ

梅雨シーズンサビと格闘しつつ、ビスクドールをいじりつつ、
鉄とサビについて見つけたことをメモメモします。

プラスチック浴槽などにピンを置いたままにしてサビがついてしまうが、
このサビは還元系漂白剤(ハイドロハイター)で綺麗になる(くわしい方法は花王のサイト参照)。
早くサビ取りをするには自動車用のサビ取り剤が良いらしい。
でもビスクにはサビはうつらない。ビスクの汚れは他に原因があるので、
サビ取り剤の出番はなさそう。

ビスクの汚れで、界面活性剤・歯磨き粉でこする・アクリルたわしでこする・
水のいらない白いスポンジでこする・アセトン・カビキラー・ハイドロハイター長時間、
どれも効かないガンコな汚れは、焼付け前のペイントミスの可能性が高い。
ペンキ塗り部分やペイントビスクには全て使用不可。

ハイドロハイターは強力な漂白剤なので、
服やウィッグにつかないよう気をつける。
粉末状なので、乾燥すると細かく飛び散るため、ふき取りは丁寧に。

でもハイドロハイターを使うと、水や洗剤(界面活性剤)では落ちない、
粘着土ボコリ系の汚れが綺麗に。粉の上に湯を入れて飽和状態で溶かし、
綿棒でこすったあと、水ぶきんでふき取って使う。
焼付けビスクはハイドロハイターで、1時間以上でも影響を受けない。
ペイントビスクやペンキ絵付けには使用しないほうがよさそうな気がするので試してません。

ビスクドールに用いられている金属部品
(アイロッカーの針金・オールビスクドールのジョイント・首や肩の針金)は鉄。
硬いがもろいので、一度曲げたものを曲げなおすと折れる。
錆びにくいので、錆びているように見えても中まで錆びていないことが多いので、
金具の付け替えを考えるときは慎重に。
金具をつけかえるときに防錆剤まで使う必要はなさそう。
錆びていてもビスクには色はうつらないので、水や中性洗剤(ジョイ)でこするだけで綺麗に取れる。
12:10  |  修理(ヘッド)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.15(Wed)

お化け屋敷で科学

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
00:25  |  アンティークドール雑談  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.14(Tue)

かわいいやどかり

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
14:56  |  お人形ストーリーズ  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.12(Sun)

ドルフェス

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
19:30  |  アンティークドール雑談  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.10(Fri)

かいがらぼうし を そうびした!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
11:03  |  お人形の服  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.09(Thu)

イモムシは庶民派で

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
18:05  |  その他の雑談  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.04(Sat)

セレブいもむし

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
18:29  |  その他の雑談  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.03(Fri)

タイニーベビーのコサック服

aIMG_0101.jpg
タイニーベビーにおそろいのコサック服。
すごく似合います。
この子たちのしかめっつらや、綺麗な青い瞳は、
育つとロッキー4のドラコになりそうです。

おとぎの国のロシアといえばパルナス。
パルナスは今はもうありませんが、現在、モンパルナスとしてピロシキが復活しています。
22:29  |  お人形の服  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |