FC2ブログ
2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
2011.11.13(Sun)

レプリカ木工

0IMG_0505.jpg
ひじょうに珍しいモールドの、オリジナルボディのボロボロの子。
これは下腕のパーツですが、片方しかありません。
ボディは多種多様なので、同じパーツを見つけるのは難しいため、
どうせもともと木製ボディだし、木工で作ってみることにしました。

もとの木はヒノキ系のようなので、それに近いブナ材を使いました。
最初は、こけしのように旋盤で回転させながら一気に作ってるのかと思いましたが、
詳しくはかってみるとひじのほうはかなり楕円で、手首のほうは真円に近く、
複雑な形をしていました。
これは、旋盤やろくろでは作れません。
間接のボールを受けるところは旋盤で作られているようです。

たぶん、最初に旋盤で円錐状のパーツを作り、上下に関節用のくぼみを作り、穴をあけ、
そのあとはグラインダーで扁平に形を仕上げて、最後にひじの内側の部分を
削り取ったんだと思います。

うちは旋盤がないので、円柱をけずってグラインダーで円錐を作りました。
上下のボール受けは彫刻刀(細丸)で彫りました。
そこから、扁平に形を仕上げるのは、グラインダーを使うと
削り過ぎそうでこわいので、サンドペーパーを使って、
もとの部品のまったく同じ大きさと形になるように、少しずつ削っていきました。

グラインダーで1時間、サンドペーパーで2時間かかりました。
レプリカはひじの内側の部分のRが少しゆるいのと、
本物はひじから手首にかけて四次関数的なRがわずかにあるのですが、
これ以上削るのが怖いので、見ないふりをすることにしました。
旋盤がないので、穴はドリルであけたので、小さいですが、
細めのゴムを使って通そうと思います。

このあと、アクリル絵の具で色を合わせて着色してできあがりですが、
力尽きたので、また今度にします。
23:03  |  修理(ボディ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |