FC2ブログ
2012年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2012.02.27(Mon)

春のベルトン

gIMG_1299.jpg
3月が近づいて日差しが強くなってきました。
ベルトンの目がきらきらと光ってとても綺麗だったので、写真に撮りました。

ベルトン(ベルトン・タイプ)は1875年ごろからドイツで作られたビスクドールで、
はげ頭のドームヘッドが特徴です。
完全に穴のないドームヘッドのほか、ウィッグをとめつけたりするための小さな穴が
あいているものや、顔は同じで、髪の毛もビスクで表現されているモールデッド・ヘアの
バージョンがあるものもあります。

顔立ちなどはフレンチのファッションドール風で、ピアスホールも開けられています。

ボディは右の子のような、頭と肩が一体型でレザーボディと
ビスクハンドがついているものが一般的ですが、
左の子のようなウッドやコンポジションの球体関節ボディのものもあります。

主にBahr&Proschildによって作られていました。

さて、ベルトンの目は、茶目はふつうに透明で綺麗なのですが、
青目は光が当たると少女漫画のようにキラッキラに光ります。
これは、ベルトンのペーパーウェイトアイの虹彩のレース模様が、
まだ後年のもののように極細の白い繊維を引いたようなものでなく、
発展途上で、一本一本の白糸が細いタコ糸ぐらいの太さがあるせいです。
ぎらぎらのスパイラルアイと、繊細にちらちらきらめくレース模様アイの
中間のような感じです。
そのため、間近で見ると、後年のものに比べるとやや
技巧が稚拙な印象を受けますが、
遠目に見るとキラキラと輝きます。

この二人はビスクがアーモンド・アイのポートレート・ジュモーのように色白で、
ピンクがさした透明感のあるペイントと、
遊びが全くない完璧に整った顔立ちをしているので、
少女漫画のようなキラキラのアイがとても似合っています。
14:20  |  グラスアイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.24(Fri)

創作人形展

sousaku_01.jpg
sousaku_02.jpg
大阪・心斎橋の大丸百貨店の本館7階で、
「人形作家50人による創作人形展」が火曜日まで開催中。
入場無料です。

大丸百貨店の催事紹介ページはこちら

大丸百貨店そのものも、アール・デコの美術館のよう。
「百貨店の近代建築」

創作人形はこの世にひとつしか無いものが多いので、
偶然の出会いがとても大事だと思います。
自分の感性にぴったり合ったお人形に出会えると、
懐かしい友達に偶然再会したような気持ちになります。
一人の作家さんが作った人形がたくさん並んでいる前に立つと、
その作家さんの世界観にぐいぐいと引き込まれ、
しばし非日常のファンタジーの世界に心が遊びます。

日替わりワークショップや、本・古布・レースなどの販売もあります。
お近くの方は、ぜひ足をお運びください。
01:20  |  お人形ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.22(Wed)

美の巨人たちと青い目の着物

テレビの「美の巨人たち」を見ました。
平田郷陽の「児戯興趣」。
可愛い子供や赤ちゃんの人形、可愛いいちまさんもいっぱい出てきて、眼福でした。

ドイツのベビードールの唇はとても真っ赤なのですが、
日本の赤ちゃんの唇はもっと真っ赤でした。

見逃した方は、こちらに番組の内容が紹介されています。

この中で、青い目のお人形と、それに対する答礼人形のことにも触れていました。
それでふと思ったのが、ビスクドールに似合う着物について。

gIMG_1175.jpg
ドイツ生まれのビスクドールといっても、オリエンタルの子にはちゃんと着物が似合います。
金髪で青い目のお人形には、ハードルが高いのですが・・・。

gIMG_1202.jpg
目と髪の色に合わせて、鮮やかな水色に鮮やかな黄色を重ねた着物を着せてみると、
かなり良い線を行っているような気がします。
この子はひじに関節があって腕が長いので、袖の丈が合ってませんが、
それもまた不慣れな着物に挑戦した外国の女の子という感じで可愛いです。

着物はいつもの、ひみつの花園さんによるセルロイド・ミーコの着物です。
00:55  |  お人形の服  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.15(Wed)

着ぐるみグーグリー

gIMG_1201.jpg
グーグリーに着ぐるみが似合うという大発見。

セルロイド・ドリーム
着ぐるみはセルロイド・ミーコの服です。
ミーコは身長16cmなので、それぐらいの大きさの子に合います。
16:22  |  お人形の服  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.14(Tue)

星ビル

アンティーク・ドールの聖地とも言える星ビル・・・

オルゴールと人形の館・星ビル

2階「トイ&クラフトサロン」と、4階「アンティークドールサロン」が閉店するので
セール中だというお話を、かよぽんさんからうかがいました

星ビルブログによると、2月いっぱいで閉店だそうです
5階・オルゴールティーサロンは変わらず営業されるということでした

一度行きたいと思いながら行けなかった星ビル、この春休みにやっと
行けそうかなと時刻表を繰っていたのですが、残念です

アンティーク・ビスクドールの魅力は永遠に変わらない美しさだと思います
磁器に焼き付けられた色はイオンの色なので、紫外線などで退色しません
ルビーが永遠に赤いように、ビスクドールの頬は永遠に赤く、
ガラスの目は永遠に青いのです

ほんの数年で町並みすら変わってしまうような現代のあわただしい流れの中で、
アンティーク・ドールがいる空間だけは、百年も千年も変わりません

人は時間の流れにもまれながら流されるしかないものですが、
その流れの中にときどき何百年も動かない岩があれば、
ひとときその岩につかまって息をつくことができる、
そのようにして人は骨董品に安らぎを感じるのはないかと思います
13:05  |  お人形ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.12(Sun)

モー太郎弁当

gIMG_1192.jpg
松坂駅の駅弁、モー太郎弁当。
松坂は遠いし、駅弁フェアではいつもすぐに完売してしまって、
食べたいと思いながら10年以上も食べる機会がなかったのですが、
実は松坂駅以外でも特急の中で車内販売しているらしく、
お土産にいただきました。

黒いプラスチックの弁当箱は、ふたを開けると、
「音楽が鳴って、目が赤く光る」
と昔聞いたことがあるのですが、音楽が鳴るだけでした。
目が赤く光ることはどこにも書いていないので、
私の頭の中で勝手な記憶が付加されていたようです。

ふたの裏に光センサーつきのICメロディ装置が貼り付けられています。
弁当とふたの間には厚紙の仕切りがあるので、
あつあつのお弁当が入っていても、メロディ装置が濡れる心配はありません。
ふたごと電子レンジにかけてこの装置を壊す人が多かったらしく、
現在のバージョンでは仕切りの厚紙にレンジにかける方法が書かれています。

曲名は「ふるさと」です。
モー太郎の歌というのもあって、本当はその曲にする予定だったけれど、
オリジナルの曲で作ると高くつくので、既存の曲を使ったそうです。
2000回ぐらい使えるそうです。


中身の写真を撮る前にうっかり食べてしまったので、
イラストで説明します。
本体は味を強めにつけた牛の生姜煮込みが、ごはんの上に載っています。
つけあわせは紅しょうが、切干大根、柴漬けです。
10年以上恋焦がれてやっと食べられた喜び補正を抜いても、
とてもおいしかったです。
価格は1260円です。
18:21  |  その他の雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.07(Tue)

意外に使えるミニチュア

gIMG_1141.jpg
お人形といっしょに撮影できるミニチュアというと、
リーメントのシリーズが精巧でとても良いのですが、
サイズ的に少し小さいのが玉に瑕。

ちょっと大きな15-20cmぐらいの人形にぴったりサイズの
ミニチュアのジュースパックやピザやケーキの箱は、
「ベビーブック」の付録の冷蔵庫セットのおまけです
(作った人=
最近はけっこうデザインがリアルでかわいいですね

ドレスはセルロイド・ミーコのものです
00:36  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.01(Wed)

節分

gIMG_1176.jpg
「おにだぞー」
「わー」

gIMG_1177.jpg
「わたしだ」
「おまえか」

gIMG_1175.jpg
「暇を持て余した神々の遊び」

鉄工所ラップも好きです

右のオリエンタル君の着物が、今まで単でしたが、
左のオリエンタル君の、モコモコ羽織に比べてあまりにも寒そうだったので、
羽織を買ってあげました。
ひみつの花園さんの新作、袖なしの羽織です。

鬼の面は、節分用の福豆についていたミニおめんですが、
これでもこの子たち(9インチ)にはまだ大きすぎました。

「どうして鬼は内って言っちゃいけないの

そんな質問に哲学を感じてしまう節分はもうすぐ。
今年の恵方は壬、北北北西になります。
00:45  |  お人形ストーリーズ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |