FC2ブログ
2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2013.04.30(Tue)

フリーマーケットのぬいぐるみ

5usagi_20130430123658.jpg
レトロモダンなうさぎさんは 以前バザーで買ったのお気に入り
古い物が好きな人にはレトロモダンですが
そうでない人には単に古いぬいぐるみ

ゴールデンウィーク前半は天気が良かったのであちこち出かけ
フリーマーケットにもよく遭遇しました
が汚れた羊のぬいぐるみを買ってきました
10円だったそうです

真っ白な羊がブラックシープになっていたので
重曹ウェットティッシュで毛皮を拭きました
汚れたぬいぐるみを拭きながら

「こんなに可愛い子をどうして売っちゃったんだろう」
「汚れて古くなったからじゃない」
「そこがいいのに」

骨董上級者っぽい意見でした
12:51  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2013.04.24(Wed)

見つめるキャッツアイ

00IMG_4749.jpg
オールビスクドールは小さくて精巧で
小粒の宝石か精密機械のような密度感が魅力
この子はケストナー 9cmですが
色白の肌に濃い茶色の虹彩のガラスの目が
強い存在感があってとても可愛いです
このような目は白い吹きガラスの白目の上に
濃い茶色のガラスを置いて作られています

0IMG_4751.jpg
この子も9cmですが顔のサイズが上の子よりも小さく
目も小さ目です
薄い茶色のガラスが置かれた目なのですが・・・

0IMG_4749a.jpg
キラッ

0IMG_4746.jpg
真正面以外の角度から見ると
目が虎目石のように光るのに気付きました
普通のアイの作り方とは違って
白いガラスの上に透明のエナメルを重ねて白目にし
その上に茶色い虹彩を置いているようです

0IMG_4749.jpg
猫の目のような反射系の光でぎらぎらしています
22:33  |  グラスアイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2013.04.22(Mon)

鋭い針

0IMG_4665.jpg
縫い物に愛用している 京都・みすやの針
下は100円ショップの針です

みすやの針は針金から削り出していて 先に向かって徐々に細くなります
普通の針はずっと同じ太さで先だけ細くなっています

それで普通の針は布に刺すと ぷつっとした抵抗感があり
刺した後急に太くなるので 布が通りにくいです

みすやの針は先が細いので 抵抗なく布を通ります
かなり厚手の布でも シリコンシンブル無しで縫えます
表面がつるつるしていなくて鈍色なので指がすべりにくいです
また針穴が円形なので かなり細い針でも糸通しが楽です
(鋭い分指に刺してしまった時のダメージも大きいので要注意です)

鈴のついた待ち針(検針用)や ガラスの頭の待ち針
樹脂粘土で飾った飾り待ち針 特殊な形の針やビーズ針など
みすやの針は集めたくなってしまう綺麗な針や変わった針も多いです

シンプルな縫い針では四ノ三が使いやすいと言われていますが
最近指がガサガサするので三ノ五ぐらいが扱いやすいです
14:06  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)  |  EDIT  |  Top↑
2013.04.19(Fri)

読書の日

bisquebook.jpg
本棚を整理していたら 案の定本を読みふける罠にはまりました

これはオールビスクコレクターや ミニチュアビスクドール作家さんは
恐らく見た事がある ミルドレッド・シーリーのオールビスクの本

珍しいビスクドールだけでなく 自社のモールドを使ってのリプロドールのレシピ
ウィッグの作り方 ゴムの引き直し方 ドレスの型紙など盛り沢山の内容です

この本に登場するオールビスクのアーモンドマルセル
AM341ドリームベビーが長年の謎でした
ドリームベビーにオールビスクの物は無く
アーモンドマルセル自体がオールビスクを作っておらず
シーリーもこの本の中で
「ボディはぴったりだが正式な物ではない」と説明していて
では何のボディなのだろうと思っていたのですが
今回久し振りに読んで ふと アンティークの
オールビスクのタイニーベビーの物だと気づきました
謎が解けてすっきりしました
謎はすっきりしましたが おかげで本棚はまだすっきりしていません

0IMG_4735.jpg
こちらはオークショナーがくれたカタログで
30インチ前後のビッグサイズの人形のオンパレード
一番大きなフレンチで36インチ(15号)
なんと90cm超えです
身近な物で言うと 今本を片付けているその
カラーボックスの4段目の真ん中ぐらい

前回のオーダーメード段ボールではありませんが
カラーボックスを眺めながら
4段のカラーボックスを買って 中板を入れないかわりに
くの字形の角を補強する金具を裏に取り付けて
箱を補強して人形を入れて タボ穴を利用して
人形が外に倒れないよう透明な棒で支えを・・・と
エアディスプレイしていてもうこんな時間です
本はまだ片付いていません
15:44  |  お人形の本箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2013.04.16(Tue)

箱入り人形

hakoiri.jpg
バースデーパーティーで プレゼントの箱を開けた時
お人形のきらきらした大きな目と目が合った瞬間のときめき
それが好きで 可愛い箱を見つけると
箱入り人形にして飾っています

最近百円ショップで 紙を細切りにしたパッキング材に
英字新聞バージョンの物が出ているらしいので
手に入ったら周りに敷き込む予定です

保管用ではなく あくまでもディスプレイ用なので
薄いボール紙の箱で 箱のサイズもきちきちですが
保管用にするときは強度と厚みのあるダンボールの箱を使い
人形の周囲 特にビスクのパーツの周囲に
十分な空間を取ってプチプチを分厚く挟みます
敷布団と掛布団のプチプチも分厚くたっぷりと

収納するときは人形がぴったりおさまる長細い箱が
場所を取らず取り回しが便利で見た目も良い物です
小さい人形の場合はワイン用の箱が使えます
大きい人形の場合は 花屋さんや八百屋さんの箱が使えます

もっと大きい人形や
豪華なドレスの人形をダイコンやゴボウの絵の箱に眠らせるのが忍びない時は
ここで自分が好きなサイズのオーダーメードダンボールも作れます

ダンボール専門店 SPS

10:46  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2013.04.12(Fri)

梅次郎家 電化する

00miniatureroom.jpg
ドールハウス展のおかげで梅次郎ちゃんの家に
文明の利器・テレビとトースターが入りました
トースターの中にはスプリングが入っていて
レバーを押すと本当にパンが上がったり下がったりします

可愛い金魚も飼い始めました
小さなこいのぼりは去年の子供の日に
お寿司屋さんで子供用のお寿司を頼んだら
旗のかわりに刺さっていたもの

和顔で着物が似合う梅次郎ちゃんは
最近ゲイリー・シニーズに似ていると言われました
眉毛と輪郭と口元でしょうか
12:22  |  お人形の服  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2013.04.09(Tue)

余った毛糸のベビー服

0IMG_4697.jpg
冬の間に余った毛糸が半玉ほどあったのでベビー服を作りました
ボディがかなり弱ったクロスボディの子だったので
ぎっしりこまあみでボディにフィットさせて補強する感じで


水色の毛糸でウエスト一周、そのまま下へ編み進め
股のところでつまんで二つに分岐させます
足先まで来たら1/2の減らし目で三段ぐらい編んですぼめ
最後は糸でとじて袋状にします

閉じずにズボンにして別に靴や靴下をはかせても可愛いのですが
足先まで包んでしまうと赤ちゃんっぽくて可愛いです


水色のズボンが編み上がったら白い毛糸で上へ増減なしで
前身頃と後身頃を編みます
後身頃は着せ替えできるように2枚に分けます

次に腕の部分をのぞいて わきと肩口を糸でとじます
肩口から目を拾って袖の長さを編んだら
最後は鎖編み3目の飾り編みで袖を作ります

首まわりから目を拾い
2目あたり鎖3目+こま編みの飾り編みで
首回りのレースを作ります


最後に首周りの鎖3目とともに編んだ最後の細編みに
鎖編みの毛糸を通して後ろでぎゅっと縛って着せ付けます
特にビスクヘッドの首の部分がラッパのように開いていて
布の服に糸で止めてあるようなフランジネックの人形の場合は
このような服で首の紐をフランジネックのすぼまった部分で
強くしめることにより布や糸の劣化によるヘッドの落下防止対策にもなります
背中があくようならフックをつけるか鎖編みをもう数本作ってとめます


ボンネットは毛糸が足りなかったのではしご編みで
リンゴを包むネットのようになってしまいました
縁編みに水色の細編みを入れたかったのにこれも足りなくて
ブランケットステッチにしました
ボンネットはまた毛糸が余った時に編み直したいです
13:24  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2013.04.07(Sun)

楽しいドールハウス展

毎年恒例 京阪百貨店守口店の楽しいドールハウス展は火曜日まで
今年も素晴らしいドールハウスが立ち並び
ミニチュア完成品や材料の販売
ドールハウス作りやミニチュアドール作成の講習会など大盛況でした

キリスト生誕2
木下幸子先生のブースで買った今回の戦利品
1cmぐらいの大きさになって
クリスマスツリーの飾りの家に住みたいと思っていましたが
この家の屋根の高さは1cm足らず
住民の身長は3mmほどしかありません

キリスト生誕のジオラマで
真ん中の部屋に飼い葉おけに入ったキリスト様
家の入口にはハートを持った天使
右の壁には窓があってうまやからウマがのぞいています
下にあるのはエルサレムの町でしょうか

例年 ミニチュアではないリプロダクションドールの
展示即売も並行して行われていましたが
今年は星ビルのアンティークドール達も来ていました
会場に入ってすぐ水色のドレスの6号のブリュジュンがバンビとお出迎え
奥にはステネールやジュモー パリベベなど綺羅星のような子たち
図録やポスターやクリアファイルに
素晴らしいドレスやリボン
それにレースやボタンやシューボタンなど
アンティークな手作り材料も豊富でした

は小ぶりのジュモーが
たっぷりのお支度といっしょに
木の長持ちに入っているのが一番お気に入りで
「宝箱のお人形」と呼んでいました
優しく遠い表情に 厚手のコートを着ているのでますます
長い旅をしてきたところですよ と言っているような
時間旅行の旅情を感じさせるジュモーでした

そしてキャンペーン中で3000円以上お買い上げで
牛乳石鹸の赤箱を一ついただけるのですが
レジの横にそそり立つかつてない物量の赤箱の山が圧巻で
ドールハウス展にもあちこち赤い箱があって
今まで青箱を買っていましたが赤箱の可愛さにも目覚めてしまいました
18:19  |  お人形ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  EDIT  |  Top↑
2013.04.02(Tue)

キューピーのかんたん毛糸ドレスの編み図

QPamizug.gif
冬の間に余った毛糸を消費するためにかぎ針で
人形の服をあれこれ編んでいます
備忘録がてらキューピー用かんたん毛糸ドレスの編み図を作りました
ボタンや留め具などの余分な部品が要らないので
毛糸だけでいつでも編めます

過去記事の電灯キューピーのドレスと違って
首を外さなくても着られるので首が外れない人形にも

出来上がりが殺風景な時は造花パーツやリボン花パーツや
リボンパーツなどをくっつけるとチープ可愛いです

間に細い縞模様でアクセントを入れたい時は1倍の細編みで

鶏頭の花のようなグリグリのフリフリにするには
フリルを3~5倍にします

QPDress.jpg
細いレース糸を使ってミニチュアドレスも作れます
22:05  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |