FC2ブログ
2014年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
2014.10.30(Thu)

ハロウィンのぼうけん

0IMG_2903.jpg
トリックオアトリート
明日は待ちに待ったハロウィン
ボニーベベたちは待ちきれずに 町へとくりだしました

「おかしをくれなきゃ いたずらするでちゅ

まあたいへん いきなり本職の人に
トリックオアトリートしてしまいました

0IMG_2920.jpg
本職の人は キャンディコンテナだったので
中身のおかしをくれました
ちょっぴり不気味なおかしですが
めでたしめでたし

0IMG_2906.jpg
と 思ったら
おばけねずみに横取りされてしまいました
「おかしをくれなきゃ きさまらを食うでチュー
紫ちゃんが 微妙にピンチです

0IMG_2908.jpg
この弱肉強食ムードなトリックオアトリートに
小さなボニーベベたちはなすすべもなく
食われるまえに逃走するしかありませんでした

0IMG_2909.jpg
かわいそうなので 大きなキャンディボトルをプレゼント
「きゃっほう

0IMG_2911.jpg
「・・・あれメロンのあめちゃんだけ無いでちゅよ

それは魔女のいたずらじゃなくて
がメロンだけ選んで食べてしまったからです
09:31  |  お人形ストーリーズ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2014.10.28(Tue)

魔女の身じたく

0IMG_2915.jpg
使い魔たちを引きつれて
小さな魔女はそろそろハロウィンに出発するころです
どうしてクッキーを持ってるのかって
使い魔たちが 途中でおなかをすかせて
勝手にいたずらをしないように お弁当なの
中間管理魔女は いろいろ大変なんです
早くすっごい大魔女になりたいなあ・・・
11:03  |  お人形ストーリーズ  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  EDIT  |  Top↑
2014.10.27(Mon)

闇よ集え

0IMG_2885.jpg
闇よ集え
ねじ巻きの魔物たちよ
呪われし魔王の名のもとに



お人形はみにあどーるさんのリプロ
オールビスクだと 腕の出る衣装も美しく着こなせますね
ガラスの瞳が神秘的です
今気づきましたが 真ん中のかぼちゃの頭のヘタがおかしい
この人 かぼちゃじゃなくて 柿 なのでは・・・
11:35  |  お人形ストーリーズ  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)  |  EDIT  |  Top↑
2014.10.25(Sat)

ハロウィンワンピ

0IMG_2899.jpg
身長11cm リプロのボニーベベたちに
ハロウィンのドレスを作りました
リプロの子はアンティークに比べて 生地が分厚く均質で
高温の電気窯で焼きも硬くて 安心感があります
仲良く遊べるっていう感じ

アンティークのミニチュアドールの生地が薄いのは
中にスリープアイを仕込まなければならないからですが
当時の写真を見ると まるでピノキオのゼペットじいさんのような
頑固職人風のおじいさんが 険しい表情で
モールドから余った石膏液を流し出していました
その厳しいまなざしは 薄焼き卵職人や精密旋盤工と共通するそれでした

ドイツの人形工場は規模が大きく 元々の陶業地帯にできたので
アメリカの人形会社と提携して人形の需要が高まったら
老練の陶業職人さんを人形工場に回して 人形をどんどん増産していたんでしょう

ドレスを着せたりウィッグをかぶせたりは 若い女工さんがやっていましたが
技術の必要なモールド流しこみとゴム引きは老練の男の職人さんで
目や歯は別の工場で作った物が部品として納入されるというシステマチックさ
まさにビスクドールの産業革命だったようです

いっぽうマニュファクチュアな私のフェルトドレスですが
材質はフェルトなので 切りっぱなしでとってもらくちん
型紙はいつもの「だいすきシルバニアvol.2」のおかあさんワンピです

ケミカルレースは100円ショップに売ってたやつ
白やキナリだと 100円ショップにも細いコットンレースがありますが
黒は太いケミカルレースしか無かったので
フェルトの上から重ねて模様を出しました

フェルトにケミカルレースは 素材感が合わない気がしますが
黒いケミカルレースって アダルティ~な感じがするので
ハロウィンの雰囲気には合ってる気がします

胸のモチーフは コウモリは100円ショップにあった
フェルトワッペンシールのシート
かぼちゃは 100円ショップのほうきをリメイクするとき
ついていた飾りを外して とっておいたものです

100円ショップのフェルトの型抜きは
合繊のフェルトを熱で型抜きしているので
断面がほつれずきれいにアウトラインが出て
ミニチュアにはとても都合がいいです

0IMG_2896.jpg
かぼちゃおばけが煮込まれてる

100円ショップはミニチュアの飾り物がたくさんあるので
人形といっしょに飾れる小さなものがいろいろ手に入って 楽しいです
そして細かい発注に対応するという特性上
100円ショップには国産品が多いので 安心して買えますね

以下 おばけ注意です
11:19  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2014.10.23(Thu)

魔法使いの弟子

0IMG_2878.jpg
もうすぐハロウィン
小さくも偉大な 魔法使いグラドリフちゃんは
おろかなる人間どもを恐怖のズンドコに叩き落とすべく
かぼちゃの魔法陣のまなかに立ちて
のろわれし闇の眷属を召喚するでちゅ

「ズンドコじゃなくて どん底でしょ」
「おねえちゃんは だまっててでちゅ
「どうせしっぱいするに決まってるわ
「だいじょうぶ ぼくはかこくなる まほうのしゅぎょうをつんだのでちゅ
 いでよ アブラカダブラ ビビデバビデブー

0IMG_2879.jpg
「きゃー
「こわいでちゅー

魔法が成功しすぎで 小さな魔法使いには怖すぎたようです チャンチャン
11:34  |  お人形ストーリーズ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2014.10.20(Mon)

魔女のいたずら

0IMG_7947.jpg
ハロウィンのために作った オレンジ色のかぼちゃのベビー服
型紙は右の子用の9インチのものを
左の子は8インチなので 縫い代をつけずに型紙を切って 一回り縮小しました
今回はマイクロファイバータオルではない ふつうのフェイスタオルを使ったので
針がすいすいとおりました
おやおや でも何かがおかしい・・・

実は1枚のフェイスタオルから
8インチと9インチのベビー服を取るのは超ギリギリで
型紙をうまく空間充填して 見事ぴったりパズルができたと思ったら
型紙をはめることばかりに気が行ってしまい
出来上がった型紙が左右全部同じ向きという
びっくりするほど初歩的な失敗をしてしまいました

タオルの表はフワフワの毛羽 裏はループ地で
全然質感が違うため どうしようかと思いましたが
もったいないし そういえばサーティワンのアイスで
魔女のトリック(いたずら)という季節フレーバーがあって
紫のシャーベットはリンゴ味 赤いシャーベットはぶどう味
あべこべの魔女の魔法で
シェイクスピアの三人の魔女も
きれいはきたない きたないはきれいと
あべこべの歌を歌っていたし
何が言いたいのかというと そうこれはきっと
ハロウィンの魔女の魔法 私のせいじゃなーい

ということで あべこべのまま縫い上げてみました
写真でもけっこう目立ちますね
ループ面のほうが かぼちゃの種をとったあとのところみたい
背中がわもあべこべになっています

動揺するあまり 前後の身頃を縫い合わせるときも
フードをつけるときも あべこべになってしまい 何度も縫い直し
これはもはや 私の注意力散漫ですませられる問題ではなく
魔女の呪いにちがいありません

この服は布の準備段階からして呪われていて
「あこがれの手作りお人形ドレス」に書いてあったとおり
布に最初に水通しして 軽く脱水して
ふわふわに干し上がるよう 部屋の中で乾かしていたのですが

「わーふわふわー」

と ポテチを食べている手でナデナデされること2度
(ふわふわタオルを用に追加購入し
こちらのタオルは 水通しをしなおしました)

やっと布の準備が終わって
さあ縫うぞと思ったら魔女の呪い


でも このタオルって テディベアを縫うときに
肉球だけ裏面にして風合いを変えられるから
ちゃんとした人がちゃんと使えば すごく使い勝手が良さそうです

0IMG_2874.jpg
毛が減ってかぼちゃ頭になってしまったウィッグが
かぼちゃのベビー服にぴったりです

タオルは100円ショップのフェイスタオル
頭の緑のヘタはフェルトをくるくる巻いて縫いつけます

こうもりのボタンは 100円ショップにあった
ハロウィン用のヘアクリップについていたパーツを外して
表面がフラットな足つきボタンに貼り付けました
パーツはホットメルトでくっついていたので
グルーガンの先でヘアクリップの裏を温めてやると
すぐに外れました

グルーガンは時間が経つとはがれやすいので
ボタンとパーツはコニシSUでくっつけてあります

16:56  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2014.10.17(Fri)

ビスクドール愛好年齢

0IMG_2833.jpg
今でこそ骨董品として 大人向けのコレクションとなっているビスクドールですが
100年前は子供用の玩具で いっしょに寝たり ままごとの相手をしていました

現在では子供向けの価格ではないし
壊れても新しく作られることのない 貴重な歴史遺産ということで
子供がビスクドールを持つことがないというだけで
子供がビスクドールにひかれないというわけではない気がします

面倒くさがりのも 今日はビスクドールの人形展があるというと
綺麗だから見に行きたい と言って必ずついてきます

この写真集は20年ほど前のもの
アメリカで 12歳の女の子の誕生日に両親から贈られたものです
水色の背景に金色の髪にピンクのドレス レースにリボン
女の子の大好きがいっぱいつまっている表紙の写真は甘くてロマンチックで
お姫様が好きなタイプの子なら ほわわ~ってなりそう

私も子供のころ 今でもですが ラメのブレードを使った豪華なドレスの
いわゆるフランス人形が大好きでした
布の顔のブドワールドールのほかに プラスチックか石膏かわかりませんが
硬い顔のリアル系の人形があって 綺麗だなあと見とれていました
そのころにもし ビスクドールがこちらを向いて座っている
ショーウインドウに出くわしたら 一日中前から離れないと思います

この本のさいしょの持ち主だった女の子は 今33歳のはず
まだビスクドールが好きでしょうか
仕事をはじめてお金をためて もう自分のビスクドールを持っているでしょうか
一番さいしょに迎えたビスクドールは それはもう最高の
夢とあこがれと幸せを 運んできてくれたことでしょう
13:43  |  お人形の本箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2014.10.12(Sun)

秋の夜長

0IMG_2820.jpg
日が落ちるのがめっきり早くなりました
子供のころ うっかりノートを買い忘れ
日が落ちてから町に出ると
昼間はなかったお店があちこちに
魔法のようにきらきらと現れて
まるでちがう世界に来たようでした

あかりにひかれて
入り組んだ路地をすすむと
昼間にはないお店は
もちろんお子様おことわり

窓辺にならんだお酒の瓶が
オレンジ色のあかりに照らされて
赤や緑や琥珀色に ゆらゆらとすきとおるのを
ガラスごしに眺めるばかり

写真はみにあどーる haraさん作
身長たった17cmの リプロダクション・オールビスクドールです
22:39  |  お人形の服  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  EDIT  |  Top↑
2014.10.08(Wed)

今夜は月食

0IMG_2842.jpg
Trick or Treat
ハロウィンはもうすぐ
今夜は月食 赤い月はブラッドムーン
おばけが来たら怖いから
梅次郎ちゃんはお菓子をいっぱい用意して
「おばけ対策はこれで完璧
おやおや お菓子のにおいにつられて さりげなく
かぼちゃのおばけたちが集まって来ちゃってますよ

写真の魔女帽子の作り方は過去記事にのってます
超カンタン*ハロウィン帽子の作り方
11:23  |  お人形ストーリーズ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2014.10.04(Sat)

フード付きのベビー服

0IMG_2848.jpg
以前から失敗ばかりで放り出していた オールビスクベビー用のベビー服
ついに成功しました
ふわもこでかわいい~
そでとズボンのすそは少し長めに作ってあるので
指先をちょっとだけ出す萌え袖スタイルもかわいいし
完全に指先を引っ込めてしまえば 壊れやすい指先の保護にもなります

淡い色を選んだつもりでしたが かわいいけれど
まだちょっとアンティークには鮮やか過ぎる感じ
胸のボタンは アメリカのビンテージの人形用です

成功のきっかけは
過去記事「座れるドレスの本」
いつも型紙どおりに作って失敗するのですが
生地の下準備や仮縫いや補正のコツが書いてあるので
ひょっとしてこれでいけるかも と思ってやってみたら
うまくいきました うれしい~

鉤針編みもかわいいけれど 時間がかかるので
これでベビー服の量産ができるので うれしいです


人形服づくり特有のひっかかりを
ちょっとしたプロのコツで大幅改善
座れるドレスの本はこちら


古い本なのでもう中古でしか手に入らないみたいですが
カバーオールの型紙とつくりかたはこちらの 本物の赤ちゃん用の本から
型紙を縮小コピーして使いました
ベビー人形は頭でっかちで首が太いと思っていましたが
意外にも本物の赤ちゃんの型紙でそのまま着られてびっくり
たぶん他の赤ちゃん用の本でもいけると思います

0IMG_2845.jpg
フードをかぶるとこんな感じ
頭の保護はばっちりです
本ではクマやウサギの耳をつけていたのですが
生地が縫いにくくて ここで力尽きました


この本を見て ふわふわタオルで作ったらかわいいと思い
100円ショップにあるマイクロファイバータオルという ふわふわのタオルを買ってきたのですが
マイクロファイバータオルは ベースの布がものすごく細いポリエステル繊維か何かで
ものすごく密に織られているので 針が通らないのです
角度によっては運よくスッととおることもあるのですが
基本的に みすやの針ですら通らないのです
ビニールコーティングの布を縫っているような重さ

ふわふわ度がわずかに落ちるコットンタオルのほうは
すいすい針が通ったので 次回からはコットンタオルで作ることにしました
それかすなおに フリースとかボアで作ったほうがいいですね
あんなに柔らかいのに針が通らないなんて びっくりしました

0IMG_2855.jpg
でも出来栄えはふわふわしていてほんとにかわいいです
タオルのはしっこを前身頃の合わせのところに使っているので
ちょっとプロの仕上げっぽく見えるのが お気に入り

駆け足の秋 冬じたくはあっという間です
12:29  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2014.10.02(Thu)

ハロウィンのいでたち

00IMG_3993_20141002111215c59.jpg
トリック・オア・トリート
このふしぎな外国のおまつりをはじめて知ったのは
以前も書きましたが めるへんめーかーさんの漫画
夢を失った未来の世界で魔女が かぼちゃの魔法を使う話でした
お話の中で魔女が言う 「トリッカトリート」
とってもかわいい不思議なひびき

ショップでは8月終わりぐらいからもうハロウィン模様で
気が早すぎるんじゃないかなと思っていましたが
実は9月10月って イベントが多くて土日がごっそりつぶれるため
ハロウィンの準備は8月のうちにはじめておかないと
間に合わないということに 10月になった今 ようやく気付きました

0IMG_2821.jpg
そんなある日のこと
おやつに買ったチチヤスちゃんが いつもと何か違う

0IMG_2821b.jpg
いつものチチヤスちゃん

0IMG_2821.jpg
ハロウィンになってる~

歴史が古くてずっと変わらない
老舗の頑固職人みたいなイメージのあるチチヤスちゃんの
意外にミーハーな一面に ギャップ萌えしてしまいました
しれっとした表情が かわいすぎです
11:27  |  アンティークドール考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |