2015年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
2015.11.30(Mon)

ヘクセンハウス

0IMG_3763u.jpg
クリスマスツリーに飾られた 小さな紙の家の中に
小さな妖精がそろそろ住みついた頃合いじゃないかと
わたしが毎日 窓の中をのぞいていた幼い時代のこと
お菓子の本を開くと 粉砂糖の雪に埋もれ
砂糖のつららがびっしりついた 茶色い家がありました

濃い茶色の壁に 純白のアイシングで描かれた北欧風の幾何学模様
すてきな家に心惹かれて能書きを読むと
それはヘクセンハウス ドイツのクリスマスに食べるお菓子の家
レープクーヘンというクッキーの一種で作られていて
ヘンゼルとグレーテルが迷い込んだお菓子の家も
このレープクーヘンで作られていたとのことでした

古びて見える窓枠の中 暗い空間にふしぎな何かがいる気がして
わくわくしながら作り方のページをめくると
早々に 部品の多さとアイシングの難易度に心折れて
レープクーヘンだけでも作ってみようと思いましたが
はちみつや小麦粉を練って焼いたそれは
鋼鉄のように固く 伊賀の固焼か高知のケンピのようで
イメージとずいぶん違って びっくりしました

どこか間違ったのではないかと思いましたが
実はヘクセンハウス用のレープクーヘンはこれで正解
焼きしめたレンガのような固い生地があるからこそ
大きな壁も崩れることなく
窓枠などの細かな部品はきれいに形が出るのです
本気を出せば 小さな小屋ぐらいなら
本当に作れてしまうかもしれません

製菓コーナーでは子供用に
ウエハースで作るお菓子の家なども並んでいますし
フランスの子供向けの料理本では
レープクーヘンの柔らかい版であるジンジャーブレッドを
さらにジンジャー入りの食パンに変更して積み上げて
ふわふわのお菓子の家をお手軽に作っていたので
これなら作れそうかなと おさな心に思いましたが
やっぱり憧れていたのは レープクーヘンのお菓子の家

その後 神戸やドイツのお店で 本物のヘクセンハウスを見ました
ナッツやキャンディや糖衣チョコで飾られて
とてもにぎやかで色鮮やかで 感動しました
家の中に電球を仕込んだものまであって
キャンディを溶かしたステンドグラスの窓から
きれいな光が漏れていました

こうしたお菓子は今ぐらいの時期に作って
クリスマスまでの一か月 部屋の中に飾っておいて
香辛料の香りを楽しむのだそうです

お人形はみにあどーる hara先生のオールビスクのリプロダクション
シモンハルビック886モールドです
身長17センチとは思えない 華やかな存在感
でもこの間のリカちゃんハンカチドレスの型紙がぴったりなほど
妖精のように 本当に小さくて お菓子の家に住めるサイズ
いつか本物のヘクセンハウスといっしょに撮影したいものですが
残念ながら今年のクリスマスケーキも 妖怪ウォッチケーキになりました
11:42  |  その他の雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2015.11.29(Sun)

ニモのミニ図鑑

0IMG_3720.jpg
現在 幼児雑誌のふろくはほとんど
プラスチック製の「ほんものふろく」になりましたが
ひと昔前は 紙で自動販売機を作るなど
難易度の高いペーパークラフトがいっぱいで
とりわけ難しかったのが「ディズニーランド」でした

しばらく休刊していましたが 復刊していたので
紙工作をしたくて買ったら ニモのミニずかんがついていました
紙を折りたたむだけの簡単なつくりですが
ふつうのミニブックは半分折りのところ
背表紙がちゃんと作られているため 見栄えがします
大きさはたて6.5cmなので 1/6サイズです
写真のベビーは身長13インチです
20:25  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.11.24(Tue)

ミニチュアおにぎりせんべい

0IMG_3748.jpg
人形撮影のときに楽しいのが ミニチュアの食べ物
リーメントやシルバニアのミニチュアフードが充実していて
少し大きなサイズは ガチャフィギュアやマグネット 食品サンプルのミニ版など
リアルサイズは 百均日本みやげコーナーにある寿司マグネットや
食品サンプルで手に入ります

最近うれしいのが ミニチュアパッケージのお菓子が増えたこと
うまい棒のパッケージを縮小した うまい棒キャンディも再現率が高いですが
こちらのミニおにぎりせんべいは なんと中身までミニおにぎりせんべい
小さな刻み海苔まで ちゃんと再現されています
パッケージを持っているお人形は14インチ

なお味は 大きさが小さいため せんべいではなく
あられの食感です
ついこの間もおにぎりせんべいの記事があったような気がしますが
少し肌寒くなってくると 緑茶 みかん おにぎりせんべいの
バミューダトライアングルに迷い込んでしまいます

12:31  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2015.11.19(Thu)

アクリルキーホルダーのコーティング

0IMG_3736.jpg
最近増えてきたアクリルキーホルダーは
アクリル板の裏から 絵や写真を印刷しています
透明なアクリルに直接印刷しているので
クリアで綺麗ですが 印刷面が保護されていないため
バッグにつけて使っているとこすれて すぐに印刷が削れてしまいます

遊園地で買ったジバニャンのアクリルキーホルダーは
お気に入りだったのにボロボロになってしまいました

ということでこちら 観光地みやげのアクリルキーホルダーは
ずっと外装のビニールを取らずに使っていましたが
数か月使うとさすがに ビニールが破れてきました

そこで心を決めて 印刷の裏側のコーティングをすることにしました

以降 自己責任にてお読みください
17:05  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.11.15(Sun)

ハンカチでつくる!リカちゃんお洋服BOOK

0IMG_3730.jpg
ハンカチでつくる!リカちゃんお洋服BOOK
子供でも作れる しかもかわいい 簡単な型紙と作り方
オリジナルリカちゃんもついてくる という
宝箱みたいなすてきな本ですが
発売と同時にアマゾンで品切れ 再入荷無し プレミア価格出品で
手に入らないのかと慟哭していました

ところが と妖怪ウォッチの漫画を買いに入った本屋さんで
偶然残り1冊を発見して 一瞬の迷いもなくゲットしてきました


値段も見ずに買ってきましたが 価格は税込み2570円
一番シンプルなワンピースを着た はじめましてリカちゃんが1620円ですから
本(と箱)は950円ぐらいの計算でしょうか

0IMG_3734.jpg
リカちゃんが入った箱の後ろに 本の部分が貼りつけられ
全体を表紙がくるんでいるという このワクワクする構成

ピンクのギンガムチェックは はじめてのバッグセットなどで
リカちゃんがよく着ているシンプルドレスの定番ですが
明るい色の丸ゴシック文字と合わさって
ものすごい わんころべえ時代のなかよしの
ふろくが入っていたにぎやかな印刷の箱の
宝箱の詰め合わせみたいなワクワク感で
ホイホイされずにはいられない

0IMG_3731.jpg
表紙を開くと 透明な窓の向こうにリカちゃんが
リカちゃんハウスの扉を開けたり 窓越しに人形をのぞいたり
そんなお人形ごっこ感の追体験に いきなりテンションが上がります
最高に盛り上がるパッケージですね

0IMG_3739.jpg
本は ドラえもんの科学工作などの場合は
ホットメルトでとめてあったので 簡単に外せましたが
リカちゃんは箱に表紙の部分を両面テープで貼りつけてあります
表紙が薄いので 破らないよう 本の表紙を右手でしっかり押さえ
箱を左にゆっくり ページを開くようにして 1分ぐらい時間をかけて
少しずつ剥がすと きれいに取れました

一番興味があったのは ハンカチまきまきドレス
子供のころによくやったあれは ハンカチを体に巻き付け
輪ゴムでとめるという 簀巻きファッションでしたが
プロのまきまきドレスはふんわりとかわいくて
どうやってこんなドレスになるのか知りたくて
ロングドレスバージョンもありました

内容は 簡単に作れるよう 作り方や材料選びなどが
工夫されていて すごくミニチュアドレス作りの参考になりました
海外の アンティークドレスから型紙を起こした型紙本で
縫い方がわからなかったドレスの縫い方が おかげでわかりました

モデルのリカちゃんは 髪の色やヘアスタイルはいろいろですが
顔は オリジナルリカちゃんと同じ顔です

服も手順にアイロンかけが無いため
アイロン無しのものを写真に載せています

写真の見栄えをよくするために
ドレスに合うメイクの別のリカちゃんとか
アイロンをきっちりかけた鋭角のナイフプリーツで
撮影用の特別な写真を載せるのではなく
この本のリカちゃんとこの本の内容で
作れる範囲のものを載せているようす

幼児雑誌のふろくの紙工作のサンプル写真を
はさみを使わず手でパキパキして
バリそのままで仕上げているのと同じ
ていねいな配慮を感じました

子供や孫に頼まれて作って 本と違-うと言われたら
困ってしまいますもんね

0IMG_3733.jpg
窓の中のリカちゃん
ちゃんとビニールで顔が巻かれています
シュミーズの肩ひもにサテンリボンを使っているのが
お人形らしくてかわいい

0IMG_3740.jpg
箱を開けてご対面
着ているものはピアス シュミーズ パンツのみで
はじめてリカちゃんのシュミーズドレスとはちがい
本当に完全に下着という感じです
針金でとめつけられていないので すぐに取り出せるのが便利

真新しいリカちゃんの箱を開けた時の
可塑剤のにおいを感じません
人形が出来上がってから その人形を使って
ドレスを着た写真を撮って印刷して という
スパンの長いスケジュールのあいだに
可塑剤臭が飛んでしまったのでしょうか

この本が時間をかけて丁寧に作られたんだなあと
あらためて実感します

0IMG_3743.jpg
オリジナルリカちゃん
顔のビニールを取りました
ボディはふつうのリカちゃんと同じで
手足にワイヤーが入っていてポーズがつけられます

リップはパール入りの紫寄り
目も紫でハイライトが茶色なので
全体的に シックな感じがします
シックだけれども派手さがあって
リカママやリカおばあちゃんに似てるなと感じます

我が家にいる のリカちゃんたちは
プリンセス系のメイクで リップは明るいチェリーピンク
目は明るいブルーで明るい金髪の 華やかな子が多いです

このリカちゃんはドレスの試着やサイズ合わせという仕事のためにうまれた
お針子ママやおばあちゃんの側にいるリカちゃん
ドレスを着て子供部屋で 子供のお人形ごっこにつきあって
パーティや舞踏会に駆り出されているリカちゃんたちを
陰で支えるリカちゃんという感じがします

ドレスのイメージを左右しない 主張しすぎないストイックな髪とメイク
素敵な可愛いドレスがさあ仕上がったと思ったら脱がされて
ドレスはおもちゃ箱のクローゼットへ
下着一枚に戻ったオリジナルリカちゃんは さあ次のお仕事へ

可哀想かな と少し思うのですが
そんなのは平気 仲間たちがおもちゃ箱の中で疲れて眠っている間に
お針子ママやおばあちゃんが受けた
新しいドレスづくりの夜なべ仕事に
ブラックコーヒーのカップの横で お付き合いするわ
それがわたしのお仕事だもの と笑って言い切る
強さと 人に寄りそう優しさのある すてきな顔だと思います

0IMG_3746.jpg
そんな仕事人リカちゃんに キャリアウーマンっぽさを感じて
何となく 出張先のビジネスホテルでスーツを脱いで
ほっと一息ついてるような感じの写真
大人っぽく見えます 美人ですね

スーツケースはだいぶまえの ちゃおのふろくで
パチンとふたをしめ
左右のレバーをスライドさせて開けることができます
持ち手はちゃんとのびるし コロコロも動きます

実はミニレターセット入れだったので
ミニレターがなくなるまでの物で
ミニレターがなくなるのを虎視眈々と待って

「ミニレターなくなっちゃったね 空き箱どうする
「うーん 空き箱かあ いらない」

という 巧みな誘導尋問により いただいてきたものです

13:24  |  お人形の本箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2015.11.13(Fri)

アドベントカレンダー

0IMG_3724u.jpg
大きな大きなアドベントカレンダーの箱
中にはチョコレートやキャンディが詰まっています
前々世紀のクリスマス サンタさんに連れられて
ちいさなパリジェンヌの枕元にやってきたジュモーは
今ではプレゼントを受け取る側になりました

「待ちきれないクリスマスを待つためのアドベントカレンダーなのに
 11月半ばに買ってくるなんて アドベントカレンダーの扉を開くのが
 そもそも 待ちきれないじゃない

だって クリスマス模様の箱があんまり可愛かったので
お店で見て 買うのが待ちきれなかったのです

0IMG_3726u.jpg
「130年も生きてるんだもの 半月ぐらい辛抱してあげるわ
 年上の私が折れてあげなくちゃね」

数字が隠し絵になっていて難しいので
ジュモーさんには半月 数字探しで時間をつぶしてもらいましょう



13:37  |  お人形ストーリーズ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.11.10(Tue)

映画の中のお人形(CABIN)

海外の映画やドラマの中に映りこんでいる
小道具のアンティークドールを探すのが好きです

CSI:NY 第2シーズン9話「人形病院」では
人形病院の中の人形のほとんどが
ソフビか現行品のスペインのポーセリン人形
アンティーク的なジャーマンは個人作品っぽいリプロ
バイローベビーのヘッドは工場生産のリプロで
小道具係が80年代の物をガレージセールで集めたっぽい感じでした

今回の「CABIN」は一味かわったホラー映画で
過去の有名なホラー映画のパロディを随所に散りばめています
始まって30分ほどで ヒロインが山小屋の地下室に
罰ゲームで入って そこで古い品物をたくさん見つけるのですが
その中にアンティークドールが置かれた一角があります

注意以降 映画ネタバレを含みます
13:53  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.11.08(Sun)

我が家で一番可愛い子

0IMG_3715u.jpg
ベビー人形には幾種類か流派があって
ドリームベビーやタイニーベビーのような不機嫌系
バイローベビーやボニーベベのようなアグリー・キュート系
ヒルダやカイザーベビーのようなポートレート系
トミータッカーやベビーボーケイのようなハンサム系
カマーラインハルト120番台のような正統派の天使系
思いつくだけでもこれぐらい 多種多様です

アメリカではアグリー・キュート系が大人気ですが
ヨーロッパのコレクターの知り合いの多くは
天使系とハンサム系を主に集めていました

それぞれの流派の中で 可愛さの基準が違っていて
アグリー・キュート系に至っては
ファニーフェイスであればあるほど色気があって可愛いという
逆転現象が起こっていますが
写真の子は天使系のアーモンドマルセル900番台のモールド
整った顔立ちときれいな肌 バランスの良いペイント
ベビードレスも完璧で すばらしく正統派の天使ベビーです

0IMG_3716u.jpg
我が家の古参の一人で 我が家で一番の美少女です
もとの持ち主は アメリカ東海岸の
露店の骨董市に出かけてこの子を見つけ
あまりに可愛かったので 相場の倍ぐらい出して連れ帰り
ドレスやボンネットをあつらえて 何年も可愛がっていたそう

けがれのないすなおさ 優しさ 物静かさ 思慮深さ
何よりも心を溶かすような可愛らしさ
人の心にそっと寄り添うような
まさに正統派の お人形らしいお人形です
12:17  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.11.05(Thu)

あこがれの小さなおうち

0IMG_3672_20151105121858088.jpg
小さな小さな小さな 1/24サイズの小さなおへや
部屋の広さは 6㎝×4.5㎝

わずか1.9cmの赤ちゃんのおもりをしているのは
たった3.9cmのグーグリーお姉ちゃん
体はとっても小さいけれど
きらきらガラスの目は ぱっちり大きいのです

この小さな小さなビスクドールの姉妹は
ミニチュアドール専門 べびぃ工房さんの作品
ミシン糸よりも細い糸で細かく編まれた白いクロシェ
グーグリーのボンネットと赤ちゃんのドレスに
クロシェの花が飾られています
大好きなお姉ちゃんとおそろいで 赤ちゃんはとってもうれしそう

子供のころ クリスマスツリーに飾られていた
小さな紙のおうち
窓から中をのぞくと 誰か住んでいるような気がして
がらんとした紙の部屋の中に 家具があるような気がして
一日ながめていたことがありました

タイムマシンであのころに戻って
紙のおうちの中にこのベビールームを仕込んでおいたら
ひょっこりのぞいた子供の私は
どんなにびっくりすることでしょう

そのベビィドール先生は 今年も銀座人形館
ミニドールフェア(12月4日~9日)に参加されます
ディスプレイされた 白夜の幻想のような光景は
お人形を単品で見るのとはまたちがった魅力です
12:53  |  お人形ストーリーズ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2015.11.03(Tue)

灰色の瞳

0IMG_0438_20151103221129fe7.jpg
写真のエデンベベの虹彩は
まったくブルー成分のない 完全なるモノクロームの灰色

ドイツのビスクドールとフランスのビスクドールは
目の色に大きな違いがあります

フランスのお人形のペーパーウェイトアイには
灰色の目のものもたくさんあり
青い目も ブルーグレーのものが多いのですが
ドイツのスリープアイはきれいな青や水色が主流で
ブルーグレーもグレー成分が弱く
灰色の目にいたっては 1920年代のオールビスクの
小さなキューピー型人形でしか見たことがありません

ところが フランス市場向けのドイツ製のお人形では
目のバリエーションの中にしっかり 灰色が入っています
つまり ドイツでも灰色の目は作っていたけれども
ドイツやアメリカでは人気が無く
フランスでは人気があったということ

モノクロームの灰色の目は 生物の教科書によれば
青い目よりもさらに 色素が薄く
北欧や北極圏の 白皙の人々のもつ瞳です
ドイツやアメリカでは あまり珍しくない色ですが
フランスでは エキゾチックな憧れのある色だったのでしょうか

それとも はっきりとした鮮やかな色を好む
ドイツやアメリカと比べて
フランスでは淡い色や中間色が好まれるので
そういったドレスの色に合わせやすいよう
人形の目の色も彩度が低めのものが増えていったのでしょうか

まだ人形市場がそれほど大きくない
ビスクドール最初期の1870年代では
ファッションドールやポートレートジュモーの瞳に
まさに晴天の霹靂といった 鮮やかな青や水色に
切り裂くようなスパイラル模様の入った瞳が見られます

青い目はドレスやウィッグの色やデザインが難しいので
ブルーグレーが無難だと聞いたことがありますが
グレーはもっと難しくて 何色を合わせればいいのかよくわかりません
17:47  |  グラスアイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |