2016年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
2016.10.29(Sat)

オールビスクの数字の刻印

質問がありましたので オールビスクドールに刻まれている数字について

オールビスクドールに刻まれている1桁の数字はサイズ番号です
ケストナーを中心として ほぼ統一されており
小さい順に0~8ぐらいまでサイズ展開します

1サイズの違いは ほぼビスクの一回縮小サイズ(80%)ですが
小さい人形の場合 サイズ1の違いで雰囲気がだいぶ変わるので
1/2や1 1/2 など 中間サイズが入る場合があります

また0よりさらに縮小すると 0/1とか0/2となります
分母の数が増えるほど小さくなるはずですが
0/2より小さい番号は見たことがありません
それ以下のものは ミニビスクとして別のモールドになります

サイズ0はほぼ4インチ サイズ8はほぼ8インチ ですが
関節の多い人形ではサイズ0でも4.5インチほどになり
モールドによって誤差が大きいです

833-7and0_GF_1.jpg
これは同じモールドのサイズ0(恐らく最小)とサイズ7です

またサイズ番号ではなく バイローベビーやボニーベベ・ベビーボーケイのように
なぜかアメリカ輸出用の物ほど 全長サイズがセンチで書かれています
10~20cmで どれぐらい種類があるのか興味を持っていますが
バイローでは

10(多い)
10 1/2
11
12(多い)
13
13 1/2
14
16(多い)
18(非常に少ない)
20

たしか私が今まで見つけて捕獲したサイズは これで全部です
なぜか12が一番多いのに12 1/2というのは見かけず
14以上の奇数サイズも見たことがなく
18も壊れたもの1体しか見つかっていません

3sizesByelo_GF_1.jpg
これは右から 12・13・13 1/2
少しずつ大きくなっていきます

833-7and0_GF_1.jpg
他に 2~3桁の数字があるのはモールド番号です
バイローは20番になります
先ほどの写真はケストナーの833番です
パーツを間違えないよう 手足には
モールド番号とサイズ番号を併記してあることが多いです

これらの番号は工場での利便性のためつけられています
天下のケストナーでも 細かいパーツのある人形の場合
左右を間違えて組み立ててしまうことがあります
(我が家にいるケストナー111多関節グーグリーの一体は
ひざから下の判別が難しいパーツ よく見ると両方が左足のパーツです)

組み立て間違い防止はもちろんですが
たとえば似たようなモールドだと 手足のモールドを
別の何番で代用する という指定にも使われたようです

オールビスクで無印のものは サイズ展開が無いものや
小さな工房で1ラインで作っていて 間違うリスクが少ないものです

ですからバイローでも パーツに分かれていないアクションバイローは
必要が無いので 刻印がありません
普通のオールビスクバイローの背中にはかならず刻まれている
原型の作者グレース・パットナムの刻印も無いのは少し不思議です

またヘルトヴィッヒの動物ビスクは サイズが3種類・種類が10種類近くありますが
色や形がそれぞれ特徴的で間違いようがないので
刻印は背中のGermanyのみで 数字の刻印はありません
17:59  |  アンティークドールの構造  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.27(Thu)

スイートモンスター

KKD2_GF.jpg
クリスピークリームのお店をのぞいたら
ドーナツがハロウィンモンスターに変身していました

キャラメルクリーム入りのお化けカボチャ
紫いもクリーム入りのミイラ
おもちゃみたいで可愛い~
かじってしまうのはもったいないので
結局いつもの オリジナルグレーズドを食べました

KKD1_GF.jpg
カメラを取りに行ったわずかな瞬間に
シナモンシュガーがすでに食べられています
生き馬の目を抜くようなドーナツ戦争に戦慄
抜くのはドーナツの真ん中の穴だけにしてほしいです

蜘蛛の巣はカスタードクリーム入り
チョコとマシュマロの目の緑の何かは メロンソーダモンスターだそうです
黄色いスプリンクルはハロウィン限定で
ハロウィンカラーのシュガースプレーがトッピングされています
23:35  |  その他の雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.25(Tue)

もうすぐハロウィン

halotriste_GF.jpg
ハロウィンの経済効果が バレンタインデーを抜いたそうです
お盆前からすでに 百均にはハロウィングッズが並んでいて
私もかぼちゃ模様の手ぬぐいを買って来て のれんにしたり
お人形にこうもりマントを巻いてみたり
2ケ月半も何かと需要が続くのですから
ひょっとすると クリスマスをこえる日も来るかもしれません

先週の土曜日にピザを注文すると 60分待ちで
しかもピザの下に敷く鉄板が 回転が速すぎて
温まりきらないままの出発で ピザがわずかにぬるく
そんな忙しいようなイベントがあったかしらと不思議でしたが
実は ハロウィンパーティで繁忙だったようです

ハロウィンは31日ではないかと思うのですが
31日近辺の週末はコスプレをして
町に繰り出さなくてはならないため
パーティはその一週間前にすませておくのが
現在の主流なのだとか
クリスマスも12月に入るとずーっとクリスマスですが
ハロウィンもロングランのお祭りになりつつあるようです

さて 牛丼屋でバイトをしている友達が言うには
ハロウィンで町に繰り出して深夜まで騒いだ後は
たいてい自由解散になるらしく
11月1日の未明 祭りを終えた大量のゾンビが
カウンターに座って始発を待ちながら
無言で牛丼を食べているそうで
閑散とした11月の始まりにふさわしい寂寥感に
日本的なわびさびを感じました
23:36  |  お人形の服  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.22(Sat)

小花柄の罠

0IMG_4266_GF.jpg
これもミニリボンちゃんのドレスですが 失敗しました
縫いあがってはじめて気づいたのですが
青い小花柄の布なのですが 前身頃の部分に
花がついていなくて 殺風景な枯れ枝になっています

全面に小さな模様が散った柄の場合
ふつう 柄の出方など考えずに 型紙を置きます
ふだん布で服を作る小さな人形は せいぜい10センチほどなので
このサイズですら 柄の出方を考えなくても良いのです
それで いつものクセで 布の端っこに型紙を置いたら
この 冬の荒れ地のような
閑散とした雰囲気のドレスが出来上がりました

3.8cmの小ささになると どんなに小さな模様でも
油断してはいけないことを 学んだ一着でした
22:02  |  お人形の服  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.21(Fri)

ミニリボンちゃんのドレスづくり

0IMG_4271_GF_1.jpg
ミニチュアドール専門 べびぃ工房様の 3.8cmの小さな小さなオールビスクドール
ミニリボンちゃんに ドレスを作りました
ドレスは 型紙の魔術師 みにあどーる hara先生の設計です

キャンドゥでは以前 はがきぐらいの大きさの
小さな小さなはぎれを 5枚セットぐらいで売っていて
小さなお人形のドレスづくりに重宝していました
100円で5種類も 違った柄のドレスが作れるのですから

その中で 可愛すぎていつまでも使えなかったのが
このイチゴと水玉の柄の布です
小さな浴衣がいいか…昭和風のワンピースがいいか…

こうして お気に入りすぎて 使いづらい布は
いつか本当に作りたいものに 出会えた時まで
とっておこう…と コレクションへ推移していきます

しかしミニリボンちゃんのワンピースなら
布のはしっこを ほんの5㎝ほど切り取るだけ
ドレスを作りたいという気持ちと
お気に入りの布を残しておきたいという気持ちが
見事に両立できます

0IMG_4265_GF_1.jpg
手足が動くミニリボンちゃん
このドレスは きちんとお座りもできます
サテンリボンは3ミリ幅で お菓子のパッケージについていたのを
アイロンを当ててとっておいたもの

ほんのちょっとした材料で 作れてしまうのが
小さいドレスづくりの醍醐味です
02:07  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.18(Tue)

地味にレアなベビー

0IMG_3834_GF.jpg
ビスクドール市場で恐らくもっともお手頃に手に入りやすいのは
アーモンドマルセルのドリームベビー AM341シリーズ
ベストセラーのロングセラーなので
数も膨大 8~16インチぐらいのサイズの子はとくに多いです
(でも一番数多く作られたモールドは お嬢様モールドAM390だそうです
ユニス60や301のように ごく小さく縮小して
お土産の衣装人形などにも流用されていたからだと思います)

もともとはげ頭のシリーズですが
シンプルで整った顔立ちなので
お好みでウィッグをかぶせても見栄えがします

まれにいるのが 写真の子のような
頭がオープンヘッドになっていて
ペイトとウィッグをかぶせた ウィッグ頭のAM341
ふつうのAM341の多さに対して どういうわけか
ウィッグ頭のAM341は極端に少なくて
今まで この子の他には
シーリーのコレクションで1体見かけただけです
可愛いのに少ないのがとても不思議

パイロット版だったコンポジションボディのバイローベビーと同じように
それ自体はとても可愛いくて一定の需要がありそうなのに
市場原理によって大量生産に乗せてもらえなかったのでしょうか
01:22  |  アンティークドールの構造  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.15(Sat)

丸ゴムと伸縮性テグスの経年劣化

ビスクドールのゴムを自分で引き直すとき
私は 手芸用のゴムを使っていますが
専用のゴムはみくにビスクドール
組み立て関係のページで通販しています

アクセサリーなどに使われる ノビロンなどの伸縮性テグス
透明なので ペグジョイントの人形などに使えれば
ノースリーブでも違和感を減らせると思い
代用できるかどうか ひと夏窓辺で放置してみました

ゴムもシリコンも紫外線には弱いのですが
丸ゴムはゴムを包んでいる白い糸が紫外線を反射するのか
目立った劣化は見られませんでした

伸縮性テグスのほうは 黄色く変色し
引っ張ると伸びますが縮まず ブチブチと切れて劣化していました

室内に置いておくぶんには 伸縮性テグスでゴムを引いた人形が
5年以上劣化せず保っていますから 通常の使用では
あまり気にしなくても大丈夫だと思います

ただ テグスは切れると切れてしまいますが
丸ゴムはゴムが切れても糸でつながっているので
グラグラになっても首が落ちるなど最悪の状況は免れるため
やっぱり ビスクドール黎明期から使われ続けた
糸巻きの丸ゴムが一番良いと思います
19:39  |  修理(ボディ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.14(Fri)

プラバン

0IMG_4247_GF.jpg
「友達の家でプラバン作ってきた~

すっかり生意気になったとばかり思っていたのに
まだまだ可愛いところもあるじゃないの
などと ほほえましく思っていたのですが
作品を見せてもらったところ
私の知っているプラバンではありませんでした
最近はプラバンでアクセサリーを作るのが流行っているそうです

なつかしの昭和のサンリオフェスティバルで
はじめてキティちゃんのプラバンをやって感動しましたが
当時 小学校前の文房具屋さんにはプラバンは置いていなくて
サンリオフェスティバルでしか作れないものだし
サンリオでしか手に入らない特殊な素材だと思っていました

私が好きな 小さな小さな人形もこれなら作れそうで
サンリオフェスティバルで 裏に好きな絵を描いて切り抜いて
自分だけのオリジナルのプラバンを作りたいと思いながらも
お姉さんに焼いてもらうため 恥ずかしくて
おとなしくマイメロの頭巾を塗っていた日々

21世紀の子供はほんとに恵まれていて うらやましいです
12:15  |  その他の雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.10(Mon)

キラキラおめめのミニミニベビー

0IMG_4253_GF_1.jpg
身長わずか2.4cmのキューピー体形のビスクベビーちゃんは
ミニチュアドール専門べびぃ工房様の新作
手足がワイヤージョイントで動きます

お目目は張り出しの大きな
べびぃ先生が水滴タイプと呼ばれるグラスアイが入っています
それで 1mmにも満たない小さなお目目でも 光を屈折させて
きらきらと強い存在感を放ちます
お顔の描きの可愛さや 体温が高くて柔らかそうな手足のペイント
丹精こめられたベビー服は
私が好きな生成りと生成りピンクの組み合わせ

とくに可愛いのがタティングのリボンです
子供のころよく遊んでいた プラスチックのリングに
リリアンを巻きつける手芸みたいなのがありましたが
それを彷彿とさせるアウトライン
ベビー服がドレスではなくロンパースで
つば広のボンネットに 丸出しのぷくぷくの腕など
昭和のセルロイドドールのような
懐かしい愛らしさにあふれていますが
タティングのリボンがそのノスタルジック感を
いっそう強調しています

0IMG_4257_GF.jpg
魅惑のおしり
ベビーは ひらひらおめかしドレスも可愛いのですが
夏っぽい薄着のロンパースは とりわけ可愛いです
ぷくぷくの腕に 真新しいBCGのはんこのあとまで見えてくるよう

子供のころから 小さな可愛い物が好きだったので
小さな赤ちゃんのお人形も大好きで
自分で2㎝ぐらいのお絵かきをして 2頭身よりもさらに
頭を大きくしてみると ものすごく可愛いくて
ハサミで切ってお人形として飾っていたことがありました
その思い出の中の紙の赤ちゃんが
思い出補正のままの可愛いさと小ささで
技術の粋を集めたビスクの体とグラスアイで
抜け出てきたようなお人形

あのころの自分が見たら びっくりしすぎて
熱を出しそうです
22:34  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.02(Sun)

ハーフドールとお人形

0IMG_4245_GF_1.jpg
ハーフドールとは 部品的な人形のこと
私が人生で最初に見たハーフドールは
お菓子の本に載っていた ポンパドール・ケーキ
円錐形のケーキをドレスに見立てて飾りつけ
磁器で作られたポンパドール夫人の上半身の
ハーフドールを載せるという物でした

キュピナドールの 胸から上と手首だけの
ソフビのハーフドールは よく手芸に使われていました
20世紀初頭のアメリカでは 宝石箱を飾るための
上半身と足だけのハーフドールが人気でした

全身があっても 部品として使われる機能があるものは
ハーフドールと呼ばれます
このバイローベビーは 背中の下に台座がついていて
台座にはボタン穴があいています
ヨーロピアンカルトナージュの箱のふたに縫いつけて
持ち手にしたり
ベッドに見立てたフリルたっぷりの針山の上に
縫い付けて 飾りとして使われます

部品として作られましたが 見かけは可愛い赤ちゃんなので
はだかんぼでは可哀想に思ったのか
どこかの時代の持ち主が 服を編んであげていました
ハーフドールは部品なのか人形なのか
この子を見ると 秋らしく哲学を考えてしまいます
03:32  |  アンティークドール考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |