2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
2017.11.30(Thu)

ミニチュアドールフェア

2017mini1.jpg
今年も銀座人形館のミニチュアドールフェアの季節がやってきました
会期は12月1日(金)~12月6日(水)です

アンティークレッドのドレスのお人形は
べびぃ工房様のビスクドール
べびぃ工房様のお人形をコレクションしてずいぶんになりますが
今だに頭で想像していた大きさと実際の大きさのギャップに
えええ~っとなってしまいます
この色のドレスだと
いっそう大きなお人形に見えるので
実物を見たときの驚きはいかばかりでしょう

こんな小さなガラスの瞳がどうやって
こんなにも光を集めて光るのか
物理学の壁をこえた美しさです
22:17  |  お人形ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.11.23(Thu)

自撮りライトを使ってみる

p2017-11-21b1_GF.jpg
アンティークビスクドールは
マットでなめらかな肌 ほんのり染まった頬
顔面のリアルな筋肉感 ツルッとしたグラスアイ と
人形の中でもかなり 本物の人間の
質感に似せて作られています

毎回へぼい私の写真ですが
コンデジの小さい画面が最近見づらくて
完成写真の見当がつけにくいため
スマホカメラに変えたのですが
レンズからの光量が減ってますますへぼく
良いカメラといくつかのライトとレフ板と…
と撮影機材をそろえる気力もないため
毎回へぼいままでした

どうしても画面は暗くなり
人形の表情も沈んでしまい
かといってフラッシュをたくと
鮮明になりすぎて どういうわけだか
お人形の作り物感がありありと
出すぎてしまいます

改善しなければと思いながら
良い考えもないのでほったらかしていたのですが
ふと思いついて 100均のカメラコーナーで
自撮りライトを買ってきました

電池を入れる平面状のライトで
LED素子が3個ついています
(目の中に天使の輪が出る というやつも
ありましたが とりあえずはシンプルなやつにしました)
それをスマホのイヤホンジャックにさしこむと
レンズのそばにライトが来るという寸法です

それで撮影してみると 全体にほんのり明るく
肌に透明感が出て
目の中には小さな星が入りました
描き目の子も 顔立ちがはっきりして
目が大きくなったように見えます

なお 私のスマホはイヤホンジャックが
下についているタイプなのですが
自撮りライトがレンズから離れすぎて
うまく目の中に光が入らなかったため
ライトをスマホの外側に
マステで貼りつけて撮影しました

フラッシュとちがって スイッチを入れれば
ずっと点灯しているので
光の具合を見ながら撮影できるのも良いです

p2017-11-21b3_GF.jpg
光があまり強くないので
はっきり顔に光がかかっている と
認識できるのは これぐらいの近さです

LEDは3つついていますが 目の中の星は
自撮りライトの画面全体をうつしているようで
どう角度をかえても 2個までしか増えませんでした

このお人形 ボニーべべは
ボコボコしたモールドの頭とか
タレ気味のほっぺ えくぼ 二重あごと
かなりくどい造形なのですが
光でその造形を消しとばすことなく
かといってくどいほど強調もせず
ボニーべべの可愛いところだけが抽出されて
すごく良い塩梅で撮影できました

p2017-11-21b2_GF.jpg
少しななめからでも 目に光が入ります
天井灯だけだと 目に影がかかって
暗く写ってしまうので 自撮りライトの効果は上々です
ただ フラッシュほどの光量が無いので
フラフラしながら撮影するとこのように
ほんのりピンボケしてしまいます
14:09  |  アンティークドール考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.11.21(Tue)

ひとりぼっちのドール

p2017-11-21k_GF_1.jpg
アンティークビスクドールをコレクションしはじめた
初期のころに出会った 小さな小さな謎のお人形

私はお人形をコレクションするときに
かならず双子以上にする習性があります
もちろん一期一会の古いものなので
万一のときのスペア的な感覚もあるのですが
同じものをふたつ持っていることで
その人形がたしかに製品として
存在していたという確証が得られるからです

このお人形は今までに
同じものに出会ったことがありません
ボディはバイローベビーと同じ形ですが
一般の製品よりひとまわり小さいものです
かといって リプロボディをすげかえたのかというと
その焼きの薄さはちゃんと当時のケストナーのもの
口がわずかに開いたお顔の特徴から見て
ベビーのヘッドで間違いないと思うのですが
こういう顔の子は見かけたことがありません

大粒のイチゴぐらいの大きさなのに
細かな技術と大きな謎が
ギュウギュウに詰め込まれたお人形
この子は本当に製品として
お人形の歴史の中に存在していたのか
それとも試作品とか 当時の創作的な人形なのか
その出処をはっきりと知りたくて
同じ子にもう一人めぐりあいたいと思いながら
もうずっとひとりぼっちでいます
09:47  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.11.16(Thu)

ワイヤーラッピング

p2017-10-28w_GF.jpg
「これ ネックレスにして」

100均で売っている
砂のブロックを彫ったら何か出て来る系の
おもちゃで遊んでいた数分後
がいとも簡単にそう言い放ちました

砂の中から出てきた緑色の石
メノウにしてはシマシマがないので
ヒスイかホタル石だと思います

しかし このツルツルの石を
どうやってネックレスにしましょうか

ホタル石ならリューターでごりごり穴をあけて
ペグを差し込めるかもと思いましたが
ヒスイだったらリューターが壊れそうなので断念

中国でリリアンのようなひもで
ヒスイを包んだような風鎮を見たことがあり
包む方向で調べてみると
ワイヤーラッピング というのを見つけました

針金をクルクルして石をくるむというものです
本来は穴があいた石に針金を通し
残った部分を装飾として曲げるものですが
穴のない石でも何とかなりそう

さっそく100均で針金を買ってきましたが
鉄の針金では硬すぎて 石の形に曲がってくれません
ビーズ用のワイヤーは柔らかいけれど細くて
石が重みで落ちてしまいます

アマゾンで専用のワイヤーを見つけたので買ってみると
きれいに曲がって ほどよく保持してくれました
(ワイヤーラッピング で検索すると
電気工作に使う絶縁タイプの電線が
いっしょに引っかかってくるので注意です)

でも これだけだと何か寂しいというのが
DIYで陥りやすいゴテゴテセンスのなせるわざ
ネイル用の小さな金属のシールをまた100均で買ってきて
コニシ万能ボンドをつけてくっつけてみました 
ボンドがぶちゅっと出てしまい
石にくっついてしまいましたが
まあ保持になるからいいや と放置しました
(ここから針金をほどいて石をふく気力が無かった)

チェーンは100均に売っていた
ネックレス用チェーンです
その横に ちょっといい感じの
パワーストーンのネックレスも100円で売っていて
100円の石から総額1000円ぐらいかけて
このネックレスを作ったことを思いかえし
涙をふきふき家路につきました
なおには好評で

「すごーい 今度はこの石で作って」

無限地獄に足を踏みこんでしまったことに気づきました
10:27  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.11.13(Mon)

ブルーインパルスキューピー

p2017-11-05q_GF_1.jpg
あいかわらず完璧なのお土産選び
ブルーインパルスの制服を着た
コスチュームキューピーです
小さなエンブレムまでプリントされていて
とても細かいです

「ママにはこれしかないと思った」

確信に満ちた言葉とともにいただきました

キューピー人形は第一次世界大戦のころから
鉄かぶとをかぶったり 銃を持ったり
わりと戦地に駆り出されていますから
ブルーインパルスキューピーも
その伝統的な系列のような気がします
10:54  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.11.11(Sat)

ストロベリーショートケーキ

p2017-11-11g_GF_1.jpg
身長12cmのちいさなグーグリーは
カリフォルニアの古いおうちで
何十年も暮らしていました

彼女と遊んでいた小さな女の子が
箱の中に大事に眠らせていて
歳をとって天国へ行ったあと
そのお孫さんが見つけたときには
はだかんぼうでしたが
髪にはカリフォルニアの強い光で色あせた
赤いリボンが残っていました

暖かいカリフォルニアには
アイスクリーム屋さんがいっぱいですから
ストロベリーショートケーキ・フレーバーっぽい
色合いのドレスを着せています
02:01  |  お人形の服  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.11.05(Sun)

マクドナルドリカちゃん

p2017-11-04lg_GF_1.jpg
がテレビのCMを見て
欲しい欲しいと言っていた
マクドナルドのおまけのリカちゃん
スタートが遅くて 残り期間わずかっぽいので
外出したときのお昼をせっせと
ハッピーセットにしていたら
これだけたまりました

マクドナルドのお人形のおまけは
けっこう珍しくて
たいていは人形と背景や小物が
一体化したフィギュア形式になっています
最後にお人形っぽいおまけだったのは
キティとマイメロのぬいぐるみだったかも
しれません

10年ぐらい前 きらりんレボリューションのおまけで
本物の布の服が着られるのがありましたが
布以外の服はモールドでした
今回は靴と下着以外は脱げるので
きせかえの自由度がかなり高いです

赤いドレスのマクドナルドリカちゃんが
ほしいと言われましたが
おまけは選べないため
ここからダブるのが怖いので
躊躇しています

なお 虹色のドレスの子だけ
ダブったので 私に回ってくるかなと思ったら
双子にしてドレスを変えたら可愛いから
という理由で 私には回ってこないようです

こっそり自分の分を買いに行こうかしら…

さて リカちゃんたちですが身長は10cm
(髪型によってはもう少し大きくなります)
本物のリカちゃんの半分です

本体の材質はソフビでやわらかく
髪の毛はプラスチックです
顔パーツ・前髪パーツ・後髪パーツを
後ろからいつものマクドナルドの三角ネジでとめてあります

顔パーツに前髪をかぶせているのではなく
パズルのようにそれぞれのパーツが組み合わさっているので
髪の毛のない頭だけ取り出して植毛とかは無理です

体は完全に固定で動きません
髪の毛が背中を覆っているので
首も周りません

ドレスは前後をパッチンとはめるタイプで
きせかえができますが
髪の毛があるため 後ろ身頃はありません
前身頃・前後スカートという構造になります

しかし髪の毛と背中の間が1mm弱すきまがあるので
薄いレースなどで肩と後ろ身頃を作れば
布の服も着せられると思います

ドレスの子はドレスで立ちます
ワンピースの子には足の下の台がついています
靴の裏に穴があいていて はめるようになっていますが
少しゆるくて外れやすいです

肌の色やアイプリント・口紅の色は全員同じ
口紅は明るいローズピンクで
アイプリントは白い星2・紫の星1・紫の虹彩です
だいすきリカちゃんとキラチェンリカちゃん
(ワンピースでおかっぱロングの二人)は
髪の色が違うだけで髪のモールドは同じです

中央の冠をかぶったプリンセスローズドレスの子が
私は一番ほしかったのですが
写真ではメタリックなメッキっぽかった冠ですが
実物は銀のペイントで少しつや消しっぽい感じです

ドレスを着せるために両腕を上げているポーズが
不自然な感じで 微妙かなと思っていたのですが
たくさん集めると バレエの群舞のように見えて
なかなか良い感じです

p2017-11-04ll_GF.jpg
プラスチックのリカちゃんといえば
2011年に出た「ちっちゃいリカちゃん おうちであそぼ!」
プラスチックの2頭身リカちゃんが可愛く
お家のサイズもちょうどよく 価格も3000円台でした

ドレスは前半分だけで
プラスチックではめるようになっています

これは大人気シリーズになると思って
ちっちゃいリカちゃん単体が出たら
(たぶんお着替えが3着ぐらいついて)
家族を増やそうと思っていたのに
それきり新作が出なかったシリーズです

お風呂に入ったら湯量が上がったり
電話などの音が鳴ったり
オムライスを食べることができたり
すごくよくできています
ミキマキにもぴったりサイズなのですが
プラスチック人形に合わせた感じのデザインで
どうしてもミキマキには違和感があり
ずっとちっちゃいリカちゃん一人で
遊んでいたおうちだったのですが…

p2017-11-04lh_GF.jpg
今回のマクドナルドリカちゃんの大量移住により
ちっちゃいリカちゃんハウスは一気ににぎやかになりました
ちっちゃいリカちゃんが妹みたいです
6年ぐらいずっと一人暮らしだったちっちゃいリカちゃん
お姉さんがたくさん増えて良かったね
00:37  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |