FC2ブログ
2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2018.07.27(Fri)

灼熱の空

p2018-07-21hg_GF_20180727105349c0d.jpg
日本上空に高気圧が毛布のようにかぶさって
灼熱だった今週の前半
太陽とアスファルトのはさみ焼きになって
予熱が終わったあとのオーブントースターに
手をつっこんだときのようだと思いながら
空を見上げると…彗星

よーく見ると しっぽが2本ありました
飛行機雲のようです
あんな上空まで大気の温度が高いので
雲ができてもすぐ蒸発してしまうんだなあと思うと
逃げ場のない暑さの実感が押し寄せて
たまらずコンビニにとびこみ
アイスコーヒーを買いました
10:52  |  その他の雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.07.19(Thu)

鉄丸バッグ

p2018-07-18tb_GF.jpg
2008年ごろ ダイソーに漫画文庫がありました
1980年代ぐらいの漫画が集められていて
中に「こっとん鉄丸」という少年漫画がありました

アパレルデザイナーの少年が
敵のアパレルデザイナーと デザインバトルをするという
DCブランドブームまっただ中な時代っぽい
斬新な設定でした

中でも一番印象に残っているバトルが
「麻のジャケット」がテーマ
麻といえば高級な生地で
敵が高級スーツを仕立てるいっぽう
鉄丸は 安さで勝負しようと
コーヒーの麻袋でジャケットを仕立てます

チクチクしそうとか
洗ったらボロボロになりそうとか
そんなささやかな思いも
コーヒーの麻袋に押されたスタンプが
異国旅情があふれてかっこいい という
マーケティング文句に押し切られて
いいなあと思っていたのでした

セリアで売っていた 麻の野菜ストッカーが
そんな鉄丸心をくすぐるすてきさだったので
バッグにしてみました

手持ちにちょうどいいカバンテープがなかったので
細めのマクラメを三つ編みにして 持ち手を作りました
分厚すぎてミシンで挟めないので 手縫いで縫いつけました

洗濯しないかぎりは 麻にノリがきいて
固くてパリッとしているので
紙類を入れてもへたらず 大丈夫そう

ところで 麻袋につかわれるサイザル麻は
服につかわれる麻と
どうしてあんなに風合いがちがうのかと思って調べたところ
実はぜんぜん違う植物で
サイザル麻はアロエの仲間だそうです
15:46  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.07.13(Fri)

ドヤ顔のグーグリー

p2018-07-08dy_GF.jpg
グーグリーアイとは 直訳すればぎょろぎょろした目のこと
まんまる目玉で視線を横にそらした キューピー人形を
ローズオニールが作ったのが 1913年のことですが
貧しい子供たちでもお小遣いで買えるように という
ローズオニールの気持ちから 可動部は腕のみ
目もガラスの入っていない 一般的なキューピーが作られ
そのほかに 足が動いたりガラスのスリープアイが入っていたりする
ちょっと高級な路線のキューピーも作られました

キューピーのまんまるのお目々は 直訳どおりのグーグリーアイですが
それ以降 ドイツではキューピーのような
スイカのようなにっこり口(ウォーターメロンマウス)と
視線を横にそらした(サイドグランシングアイ)
まんまるの目をもった女の子の人形が作られました
これがグーグリーです

(サイドグランシングアイそのものは キューピー以前
1908年に カマーラインハルトが フラーティアイという
フクロウ時計のような 左右に動くガラスの目を持った
ベビーや女の子の人形を 作っていました)

そういういきさつなので グーグリーとよばれる
お人形たちは 単なるぎょろ目ではなく
みんな横を向いているのですが
この子はグラスアイのかげんで 正面を向いています
本来は 向かって右を向いていたはず

ただでさえグーグリーという人形は
ピーチクパーチクした感じなのですが
こちらのお嬢さんは眉毛や口元など
いろんな要因が合わさってものすごいドヤ顔で
一方的にマシンガントークをしてきそう
一気にしゃべって疲れたら
「それでこのおうち ココアとお菓子はないの」と
わがままざんまいで 引っかき回されそう
そしてうかうかと 全部の色のマカロンを買い与えてしまいそう

お人形のガラスの目には そんな魔性が宿っているので
ほかのグーグリーたちが みんなつつましく横を向いて
目を合わせてくれないのが ありがたく思えます
12:53  |  アンティークドールの構造  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.07.13(Fri)

ブルーハワイ

p2018-07-11bh_GF.jpg
食べ物に青い色は食欲が減退するといいますが
ブルーハワイだけは別格で
その青さを見ているだけで のどのかわきが癒える気がします

関係ありませんが 次亜塩素酸ナトリウム
いわゆるカルキのにおいをかいだとき
夏休みのプールの 塩素のきつい水を思い出して
何か飲みたいな~という気分になるので
あれを さわやかな香り の部類に入れていましたが
わき水のきれいな地方で育った知人は
水道の水をわかすと 塩素酔いして気分が悪いと言っていました

話を元にもどすと 最近スーパーに置いてある
かき氷シロップの種類が少なくて イチゴとメロンしかなかったので
遠征して たくさん種類の置いてある店で
コーラ レモン みぞれ メロン いちご ブルーハワイ と
買いこんできて おうちでかき氷屋さんをしています
色をまぜてレインボーにするのが醍醐味です

昔のいちごシロップの 独特の明るい甘さを感じる香りが
大好きだったのですが 合成香料を使わなくなってから
あの香りがなくなってしまいました
ブルーハワイに関しては 今も昔も何の風味かわからないのですが
一説には「ソーダ味」といわれています
このソーダとはレモネードを意味するので
すると香料は「レモン・オレンジ」あたりの柑橘類であろうと
思うのですが ブルーハワイにはもうちょっと
ピーチのような柔らかい香りも
混じっているような気もしないこともない
(イメージ的に トロピカルフルーツでしょうか

はじめてブルーハワイを見たときは
何となく ミントの味がするような気がしていたので
ふわっとしたフルーツの香りが意外でした
12:03  |  その他の雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.07.05(Thu)

サザエボン

p2018-06-28s_GF.jpg
サザエさんとバカボンパパをミックスしたサザエボン
1995年にヒットしたキャラクターですが
完全無許可 いわゆるパクリ商品だったため 消えていきました
そんな著作権無視のサザエボンなのに
背中にはしっかり サザエボンの会社の(C)表示
ここまでがギャグなのかもしれません

流行っていた当時は お土産屋さんにたくさんあって
ほしいと思わなかったのに
消えてしまうとほしくなる 修羅の道
フリーマーケットで見つけました

大きさや服の色はいろいろあるようですが
私が見つけたのはキーホルダーサイズで赤

キーホルダーの金具も懐かしいですね
今はストラップかナスカンが主流になり
ツメつきの輪っか形は ほとんど見なくなりました

一見 お祭りのマスコットすくい系の
ソフビドールのように見えますが
目の部分が さしボタンになっていて
構造がちょっと こっています
ソフビでは表現できない クリッとした目の輝きに
小さなキーホルダーサイズでも こだわったこと
サザエボンを単なる面白いキャラクターではなく
きちんとかわいく作りあげる丁寧さに
まだものづくりが強かった時代の矜持を感じます
(パクリだけど)
10:11  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |