FC2ブログ
2019年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月
2019.03.29(Fri)

USJのお土産

s-usjcookie1.jpg
が友達とUSJに遊びにいって
お土産に 缶クッキーを買ってきてくれました
私がよく お菓子や紅茶の缶を集めて
小物入れなどに使っているのを 見ていたのでしょう
エンボスのこった缶で 使いやすそうな大きめで平ため
播磨焼の缶を裁縫箱に使うと 小物が深みに落ちてしまうので
この缶を裁縫箱に使うとよさそうです
ちょうど今は新入学シーズンで
手芸屋さんにミニオンの布があるはずなので
新しい針山を縫って入れようかしら わくわく

「あ 缶は置いといてね レジンのパーツを入れるから」



s-usjcookie2.jpg
中身のクッキーはバラエティ豊かです
真ん中のクッキーだけ1枚しか入っていなくて
下には小さな絞りクッキーがいっぱい入っていました

ところで リンドグレーンの「やかまし村の子どもたち」で
子どもたちが型抜きクッキーを作るシーンがあります

私が子どものころ 型抜きクッキーを作ったときに
抜いたあとの生地をどうするか困って
もう一度練りなおして 型を抜いて…を繰り返した結果
最後のほうのクッキーは
打ち粉を巻き込んで 練りに練られて
堅焼きみたいになってしまいました

が 「やかまし村の子どもたち」の中に
正解が書いてありました
一度型抜きをしたら 生地を集めて丸めて
大きな1枚のクッキーにして
これを特別なクッキーとして
いつもお世話になっているおじいさんに プレゼントしていました

クッキー缶の真ん中のクッキーが 1枚しかなかったのが
その特別な1枚のクッキーのエピソードのようで
すてきな演出だなと思いました

なお その1枚はが何の迷いもなく食べてしまいました
15:15  |  その他の雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2019.03.20(Wed)

春味のカツサンド

s-p-tengsand.jpg
船場センタービルは 全長930m
地上地下あわせて4階建ての超巨大商業ビルです
しかも各フロアには通りが2本ずつあるので
本気ですべてのお店を回ると
少なくとも4kmぐらい歩く計算になります

暖かくなって 新商品もたくさん入荷されたので
運動靴のひもをギュッとしめて
気合を入れて探検に行ってきました

イタリアから輸入された優美な家具や
スペインの鎧と盾 マスカレードのマスク
ペルシャじゅうたん アジアン雑貨のイスがいっぱい
ポーセリンやぬいぐるみのお人形もたくさんあります

何もかもがかわいくて
3号館あたりで いったん力つき
地下2階の食堂街で休憩しました

春の陽気のせいか 揚げたてのサクサクの
カツサンドが食べたかったので
セルフカフェの「テング」に入りました
器もお皿もレースの紙ナプキンも
昭和レトロのやさしいかわいさです

パンはしっとり ザクッと切られたカツはアツアツ
ソースがわりの薄切りトマトは匠の技で
ふんわりザックリと 天にものぼるおいしさでした

カツサンドは400円 ミルクティーは200円です
いつもコーヒーばかり飲んでいたので
はじめての紅茶でした
ミルクは専用のものだそうです
たっぷり入れてもさっぱりした飲み口で
春のほがらかさにぴったりの味でした
17:39  |  その他の雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2019.03.15(Fri)

グルーのペンキャップ

s-pIMGpencap.jpg
年度末で 文房具もいたんでくるころ
の筆箱も パックリ剥離してしまったので
新しい布のペンケースを買ったのですが 気に入りすぎてしまって

「明日から使いたい でも汚したくない
 だから鉛筆キャップがほしい でも持ってない
 お店はもうしまってるけど でも明日から使いたい

選択肢は 手作りしか残されていませんでした

さて 手作りのペンキャップといえば 私たちの世代は
大高輝美先生の手芸本の
フェルトのマスコットが真っ先に脳裏に浮かびます

刺繍糸をブランケットステッチにして ていねいにかがったフェルトで
指人形のような凝ったペンキャップから
*みたいな簡単な刺繍をほどこしただけの
シンプルで実用的で 初心者でもさあ作ってみようかと
思うようなものまで いろんなペンキャップがありました

思い出すと胸がときめいて シンプルな*つきのを作ろうと思って
フェルトは何色がいいかと尋ねてみると
YoutubeのDIY動画ばかり見ている

「グルーガンで作ってほしい
 そうしたら マニキュアで好きな色に塗れるから」

との無茶ぶり
おいしいところだけ 自分の手柄にするつもりのようです

どう作ろうかと考えて とりあえず鉛筆にクッキングペーパーを巻いて
グルーを巻き付けてみました
最初に クッキングペーパーの合わせ目を
グルーで押さえておけば ほどけてきません

円筒を作ったら クッキングペーパーを引き抜きます
これは予想外にすんなり引っこ抜けました
円筒の上下がガタガタになっているので
ハサミで切ってフラットにします

つぎに 頂点の部分をグルーでふさぎます
ここは分厚くしないと 鉛筆をさしたときに突き抜けてしまうので
ドーム型に盛りました

最後に 口の部分にグルーを一周させて
断面をととのえると同時に 口の部分を少しだけ狭くします
グルーが冷えると収縮するので
そのままでは鉛筆をさしたときに スカスカになってしまうので

見た目はひどいですが 手触りがほどほどにプニプニしていて
友達に大人気だったそうです

なお グルーガンをさしている缶は
ポークランチョンミートの缶
グルーガンにスタンドもついているのですが
ここにさしておくほうが便利です
缶の口はがんばってペンチでつぶしましたが
まだトゲトゲしていたので グルーでカバーしています

グルースティックを入れているケースは
セリアの透明箱コーナーにあったもの
長さがおそろしくぴったりで 愛用しています
15:08  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2019.03.10(Sun)

ドールハウスの残照

s-2019kittycal.jpg
何年か前まで 京阪百貨店守口店では
春になると 「(楽しい)ドールハウス展」が開催されていました
たくさんのドールハウスが展示されたり売られたりと
私にとって 5月のミニチュアギルドショーの前哨戦っぽい立ち位置でした

近くにある海洋堂とコラボをしたり
星ビルのお人形たちがやってきたこともありました

あのとき見た 淡い水色のドレスのブリュジュン
乗馬服を着た少年ジュモー
大きなトランクの中 ドレスの海におぼれそうになっていたジュモーは
今でも忘れられない 美しい思い出です

先日 久しぶりに京阪守口に行ってきました
ここ数年 ドールハウス展は行われなくなりましたが
7階のギャラリーは以前のままのレイアウト
前の通路にも ドールハウス展のときは
小さなミニチュアの小物が並んだワゴンが
びっしり並んでいたなあと 懐かしく歩きました

なお写真は サンリオでハンカチとバッグを買ったときに
プレゼント包装にしてもらってつけてもらったカレンダーです
キティちゃん45周年記念ということで
何種類か絵柄がありましたが
せっかく45周年なので クラシックキティにしました
小さいけれど 後ろにはちゃんとスタンドの厚紙がついていて
立てることができるようになっています

ドールハウスの小物みたい と眺めながら
思い出にひたっていました

s-2019pan.jpg
ドールハウス展があったころ リプロドール作家
ひろのや・ひろこ先生と一緒にランチに入った
思い出のお店が ギャラリーの斜め向かいにあるパンネパンネです
イタリアンのお店で 焼き立てパンが食べ放題
パンは5個200円でお持ち帰りもできます

懐かしく思って パンネパンネに入りました
どのパンも二口サイズで とてもおいしいのですが
中でも一番おいしかったのが 手前の茶色いうずまき
ココア生地とふつうの生地とカスタードクリームのロールで
焼き立てをとりにいくと サクッフワットロッ と
幸せが口の中いっぱいにあふれてきます

s-2019pan3.jpg
お料理 ミラノカツ
ガッツリなのにさっぱりで
春の陽気にぴったりのおいしさでした
お料理をたのむと パン食べ放題とドリンクバーがついてきます
ドリンクバーのお茶がどれもおいしくて
オレンジ紅茶と 甘いベリーのお茶は
家でも毎日飲みたいおいしさ
パンだけでなく こちらも売ってほしいです

s-2019pan2.jpg
こちらはメインを2品選んで頼めるセットで
オムレツとハンバーグ
ミニグラタンやミニパスタも頼めるみたいです

s-2019pan4.jpg
2品選んで頼めるセットは
シフォンケーキもついていました
シフォンケーキのクリームの味が選べて
これはキャラメルクリームです

01:51  |  その他の雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2019.03.04(Mon)

おひなまつり(でした)

s-2019-03-03hm.jpg
今年の冬は暖かかったので
2月もなかばを過ぎたころから もう
春の気配を感じていて
おひな祭りのピンクの色合いに
心がウキウキしていたのですが
それでもやっぱりこの時期は
バタバタしてしまって あっという間に
お雛祭りが過ぎてしまいました

右が 千鳥屋宗家でひとめぼれした
お菓子の箱のおひなさま
金の取っ手のある小さな引き出しの中には
小さな七色の寒天ゼリーが入っています

左の立ちびなは なかなか見栄えがするのですが
百均(ワッツ)で二人で百円だったお買い得のおひな様
素焼きの上にペンキで彩色をした
昔なつかしい 素朴な製法です
折り紙で金屏風を作ってあげようと
思っているうちに ひな祭りが過ぎてしまいました

s-2019-03-03hm2.jpg
ひな祭りの日は日曜日で 暖かかったので
子供部屋の大掃除をしていました

「なんでひな祭りに

と 文句ブーブーの人がいましたが
今年は花粉がすごいので しかたがないのです

ということで 今年はちらし寿司も作れず
はまぐりも売り切れで
おひなケーキだけのひな祭りとなりました
11:18  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |