FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2020.08.30(Sun)

ピアノちゃん

s-20200830koeda.jpg
8月がいよいよ終わります
2月のコロナ自粛のはじまりから半年
百均に季節を感じていましたが
今年は夏祭り自粛で 例年のような
浴衣の髪飾りが並ばず
夏休みの宿題の自由研究もなく
まだ6月みたいな気分でしたが
ハロウィンの飾りが怒涛のように並びはじめて
ようやく心の中の時計のゼンマイが
一気に巻かれた気分です

「なんでそんなにハロウィンが好きなの

怪訝がられましたが ハロウィンのおかげで
日が短くなっていく寂しさが
夜が長くなっていく楽しさに変わったからだと思います

おかげで夏休み気分も吹っ飛んで
夏休みの遊び放題で散らかっていた部屋を片づけていたら
が小さいころをなつかしがって遊んでいたとみられる
こえだちゃんたちがいました

こえだちゃんは私が子供のころに最初に発売されて
私は星の頭に水色のボディのキラキラちゃんだけ持っていました
当時はレーザーのテンプレートが無かったので
ボディの塗装はなく 胸にちいさな銀の星のシールが貼られていましたが
そのピカピカ光る銀紙が なにかとても
特別なもののように思えていました
(折り紙の金紙と銀紙が特別なのと共通してそう)

写真はピアノちゃん
ピアノを習っている女の子ならだれもが
ピアノの上に飾りたくなるような
フランス人形を思わせる髪型とドレス
全体のデザインも直球でかわいいです

ディズニーコラボのオーロラ姫のおしろと
アゲハちゃんのピアノといっしょに並んでいました
昔のこえだちゃんは パティ&ジミーっぽい顔立ちでしたが
今のこえだちゃんは口がついていて
輪郭も レゴ人形に寄ってる感じです
人形をつかんだときに頭を押したら
顔がクルッと回って変わってびっくり
おもちゃもどんどん進化してますね
14:45  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2020.08.19(Wed)

リボンのドレス

s-20200819googly.jpg
リボンが大好きで サテンリボンもベルベットリボンも
一日眺めてさすっていても 飽きません

写真の子は身長7cmしかない
アンティークでは一番小さいサイズのグーグリー
こんなに小さいと ドレス作りが大変ですが
アメリカから着てきたドレスは
サテンリボンとレースをうまく使って
胸元を飾る花もシルクリボンの刺繍で
端処理をしなくても良いデザインになっています

リボンというだけでかわいいし
リボンでドレスが作れてしまうという小ささもかわいいし
要するに何もかもがかわいい グーグリーちゃんです
19:06  |  お人形の服  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2020.08.17(Mon)

ふっこう福袋



毎年 帰省のときはふるさと応援で
お大尽様(当社比)をしていましたが
今年のお盆はコロナでどこにも行けないので
ふっこう福袋を買ってみました
常温で保存できる総菜が5品入って
送料こみ3000円のを買いました
何がとどくかな…

s-2020-08-16oita1.jpg
べっぴょんかわいい
ぶり味噌ほぐしもほしかったので
入っていてうれしかったです

かぼす胡椒鶏の炭火焼きは超おなじみで
いつも10袋ぐらい買って帰ります
地鶏のコリコリ感がおいしくて止まらないので
一人でこっそりナイナイしました…

s-2020-08-16oita2.jpg
ひじき飯のもと
大分で「~飯のもと」というと とりめししか知りませんでした
じつはひじきのにおいが好きではないのですが
がひじき大好き人間なので 作って試食してみると
びっくりするおいしさでした

とりめしのもとはコッテリしていますが
これは海藻とタケノコとショウガなどであっさりしています
乱切りのタケノコのコリコリ感とショウガの風味の中に
ひじきの香りが広がるのですが
苦手だったひじきの香りが このひじきごはんの中では
この香りがなくてはならないように感じます
むしろ かすかな香りを追いかけるように
味を堪能してしまいます

何のバランスでこんなにおいしいのか考察してみましたが
ひじきが 海流が速くて水がきれいな佐賀関でとれたものなので
香りが格別に良いのかもしれないし
肉厚なので ごはんと大きさもふっくら感も近く
さらにタケノコの強い食感のおかげで
ひじきの食感を気にせず 香りだけに集中できるせいなのかも

たいたごはん(2合)にさっくり混ぜて作るのですが
「モチモチしてるー」
と好評でした
おにぎりにして冷めてもおいしいのはとりめしと同じ
山や海で働く人のお弁当という感じがします



一休さんと双璧をなすとんちの達人
吉四六さんは大分の人だそうですが
その吉四六漬けが9月で販売終了するそうです
現在工場フル稼働で小売店におろし
在庫が無くなったら終わりとのことで寂しいです
00:46  |  その他の雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2020.08.07(Fri)

高原キャンプ

s-2020-08-07camp.jpg
今年はコロナ禍で
夏祭りも林間学校も無くなってしまいました
夏休みが短縮され 8月も学校があって
プール授業は無し 帰省もできず
今が本当に8月なのか
わからなくなってしまうような8月です

子供のころ 林間学校ではじめて経験した
高原の朝の水道水の 結露するような冷たさとか
冷蔵庫ではなく井戸で冷やしたスイカとか
肝試しのために先生がわざわざ
理科室からいっしょに連れてきた 人体模型とか

家族旅行で 海水浴のあとの重だるい疲れとか
水平線にそびえる ぎらぎらとした入道雲
海の家のイカヤキの 香ばしい香りとか
お土産屋さんの天井から吊り下げられた
色とりどりのマドガイの風鈴 ニスを塗られたハリセンボン

来年こそ そんななつかしい夏が
もどってきてほしいです
16:11  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |