2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2017.05.28(Sun)

ラプンツェル

p2017-05-26_GF.jpg
海外からお人形を買うと
お人形の写真や絵のメッセージカードをつけてくれることがあります
美しいものが多いので はがきホルダーにファイルしていますが
海外のコレクターさんの人形棚の写真で
人形棚の後ろにどうしてもできてしまう壁の空間に
お気に入りのポストカードをあしらっているのを見て
素敵だなと思いました

左上のポストカードブック「デジャ・ヴ」は
画家・イラストレーターとしても活躍されている
老舗のお人形サイト 海のアトリエのCHERRY様の作品

それまでぷくぷくした赤ちゃんだと思っていた
アーモンドマルセル・ドリームベビーが
どハンサムだということに気づかされた海のアトリエ
CHERRY様がお支度をして撮影されたお人形たちは
ヨーロッパの古い絵本の中から飛び出してきたようで
眺めるたびに嘆息したものでした

DSC03132_GF.jpg
感化されて野外撮影を決行した結果
一番肝心なセンスの部分に欠乏がみられ
ジャングルで遭難した図となった例

実は CHERRY様の本に遭遇したのは
海のアトリエに遭遇するよりもはるか昔…
古本屋さんで「ラプンツェル」の絵本を見つけたときでした

古風な水色のドレス 流れる黄金の三つ編みの古風な美しさ
水彩のレンガの情緒 美男美女の麗しさ 赤い小鳥の童話感…

表紙を見た瞬間に心惹かれて買って来て
絵の一枚一枚が画集のように美しく
何度も見ては 本棚にしまってありました
このイラストレーターさんの
他の本を見たいと思っていましたが
当時はまだWin95が出たばかりだか出る前か
インターネットコンテンツが全く充実しておらず
アマゾンも設立されたばかりだか その前で
探すすべがありませんでした

海のアトリエの存在を知ったのは
それから何年も経ったころ
もうアマゾンが日本でもメジャーになっていたころで
喜びいさんで買ったのが デジャ・ヴです

サンリオから出版されていた やなせたかし編集長の
雑誌「詩とメルヘン」でも描かれていましたが
この本は2003年に休刊し 30年の歴史に終わりを告げていたため
手に入れることはできませんでした

少女たちのふっくらした頬や指
水彩の穏やかな色合い
海外のコレクターさんのように
人形棚の壁に飾ればさぞかし素敵だと思いますが
ばらばらにするのがもったいないので
本のまま飾ってあります

ポストカードブックは小さいので
開いて大き目の子のひざに乗せて
絵本を読んでいるようなポーズで飾ることもあります
11:37  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●ありがとうございます

こんなふうにご紹介いただいて、本当にありがとうございます。
ラプンツェルは今となっては随分昔の仕事で、しめ切りが凄く厳しい大急ぎの仕事依頼に応えるべく、すっとばして描いたので、手を抜かざる得ない部分もありまして、そういうページは思い出しても恥ずかしいです。
私のイラストに目をとめ、買って眺めて下さる方がある・・・ああ、仕事をしていて良かったとつくづく思います。
最近は風景画ばかりでイラストの仕事、してないんですが。
してないというか、売り込みもしないんで、仕事が無いんですが。
cherry | 2018年04月18日(水) 10:01 | URL | コメント編集

●ラプンツェル

cherryさん
あのラプンツェルは そんなに大変なスケジュールで
描かれていたんですねv-405
するとラプンツェルの素早い筆と明るい塗りは
cherryさん作品的に珍しいことになるので
ますますお宝度UPですv-238
あの明るい悲しさが とても好きです

水彩画が 美術館に見に行くほど好きですが
とくにcherryさんの水彩画の
青紫の使い方が胸に刺さるように美しくて
海のアトリエが本当に大好きです
(もちろん格調高くも可憐なお人形さんたちもv-343
今後ともよろしくお願いします
梅ママ | 2018年04月19日(木) 14:55 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2018年04月20日(金) 13:20 |  | コメント編集

●ありがとうございます

水彩画と青紫が大好きです!
チェリー | 2018年04月20日(金) 13:22 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/1022-61a0f680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |