2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
2017.05.30(Tue)

自然治癒するブリュ

brusyasin_GF.jpg
このメッセージカードはかれこれ10年ほど前に
イーベイで買い物をしたとき
セラーさんが添えてくれたものです

ウォーターマークにも書いてあるとおり
1979年の古い写真で
雪の中のブリュ・ジュンという
美しくも 撮影に勇気の必要な貴重な構図と
1880年代の等身大の少女らしさを感じさせる
コート姿の愛らしさから かなり有名な写真で
私も欲しかったので
箱の中から現れたときには
もちろん歓喜したのですが

それと同時に

メッセージカードは箱の一番上のど真ん中に
ポンと置いてあって
私はカッターナイフで唐竹割りに
うりゃーっ とガムテープを切り裂いた直後で

ブリュの顔をななめに横切る 長くて白い傷が
髪が茶色く帽子がこげ茶色なので
目立つどころではありません
はっきりしっかりとした 切り傷です

それはもう悲しみに打ちひしがれ
それから箱は1枚切りカッターで開けるようになったのですが
可哀想なブリュ・ジュンを見るにしのびず
だからといってずっと欲しかったカードを捨てる気にもなれず

人形部屋ではない そのへんの本棚に
梅雨の季節には連日湿度が70%をこえ
鍋の季節には湯気がたちこめる
そんな過酷な場所に10年ほど さしっぱなしにしてあったのです

さて 本棚を片付けていてこのカードが出てきたので
そういえば傷があったなと思いながら カードを見ると

傷が無いのです

斜めから見ても 表面にわずかのへこみもありません
このメッセージカード 表面の質感はマットではなく
モチモチした感じの光沢紙です
10年の間に 紙が湿気でほぐれてはからみ
ほぐれてはからみして 少しずつ傷が埋まっていき
その結果 消しゴムがアクリル定規を溶かすごとく
印刷された光沢面がくっつき
インク同士が重合反応を起こした結果
傷がふさがったのではないでしょうか

座敷童の絵がウインクするよりも
もっと不思議な 回復力の高いブリュ
まずは額縁に入れましたが
乾燥した人形部屋に飾って
もしも傷が開いたら嫌なので
今までいた本棚の近くに飾りました
14:19  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●自然治癒するブリュ

「怪我の功名」
この言葉、合っていないけど、合っているような・・・。
環境と時間が生み出した不思議ですね。
Lala | 2017年05月30日(火) 20:22 | URL | コメント編集

怪我の功名というか
怪我に功名というか
本当に不思議ですv-17

印刷した紙が 長年の間に
密着していた物に貼りついて
印刷面がボロボロにはげることが
ありますが それと同じような
現象なのかもしれませんが

ブリュが持つ神秘性が
写真にまで宿ったのだと言われたら
思わず信じてしまいそうv-282
梅ママ | 2017年06月01日(木) 16:00 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/1024-35a8b84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |