2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
2017.08.19(Sat)

ハロハロスイカ

p2017-08-12_GF.jpg
インスタ映えという言葉が生まれる前から
ビジュアルの可愛さに定評のあったハロハロ
今年のスイカは可愛さメーターが振り切れてました

とくに感動したのはスイカの種の部分です
チョコチップではなく サクサクした感じの
ビターココアクッキーなのです

なので 舌が冷えていても
ちゃんと溶けて味がわかるし
アイスクリームに添えたウエハースのように
舌を温めてもくれるという すぐれもの

スイカ味じたいは スイカバーと同じく
安定したスイカのおいしさで おいしかったです

緑の部分に突入しても
当然ですがまだスイカの味がするのが
不思議な感じがしたのが不思議でした
「そこはもう食べられない部分」という
心のブレーキが
こんなにも刷り込まれているほどに
人生において スイカを
たくさん食べてきてたんですね

お盆が終わって そろそろ夏も終わり
長々とかかっている 部屋の模様替えが
なかなか終わらないのですが
とりあえず壁紙洗いをやってみました

泡タイプのオレンジ洗剤とたわしで
壁のクロスの汚れを軽くこすって
ふき取るというものですが
一時どこにでもあったオレンジ色の洗剤が
減ってしまって 泡タイプのも無くて
困ったなーと思ったら 100均にあったのですが
オレンジ色の容器の洗剤にはオレンジ成分がなく
オレンジオイルが入った洗剤は白い容器に無色の液体という
何かシェイクスピアの三人の魔女による試練めいた
洗剤コーナーの並びでした

なお 壁はすごくきれいになったのですが
そうすると画鋲の穴が今度は目立って気になったので
壁補修パテというのを買ってきました
ゆるめの石粉粘土みたいなもので
穴の中につまようじでつめて 表面をへらでならします
そこだけうっすら白いですが 画鋲の穴よりは目立ちません

ほどよい粘性と 乾くと真っ白になる性質
これはひょっとして ビスクドール修理のときの
石膏のかわりに使えるのではないかと思いつきました
ひびを埋めるぐらいなら石粉粘土でもできますが
アイロッカーの修理のときなど 目玉の横の部分に
ニュルッと出して使えそう
10:53  |  その他の雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/1047-c7959c1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |