FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
2018.07.13(Fri)

ドヤ顔のグーグリー

p2018-07-08dy_GF.jpg
グーグリーアイとは 直訳すればぎょろぎょろした目のこと
まんまる目玉で視線を横にそらした キューピー人形を
ローズオニールが作ったのが 1913年のことですが
貧しい子供たちでもお小遣いで買えるように という
ローズオニールの気持ちから 可動部は腕のみ
目もガラスの入っていない 一般的なキューピーが作られ
そのほかに 足が動いたりガラスのスリープアイが入っていたりする
ちょっと高級な路線のキューピーも作られました

キューピーのまんまるのお目々は 直訳どおりのグーグリーアイですが
それ以降 ドイツではキューピーのような
スイカのようなにっこり口(ウォーターメロンマウス)と
視線を横にそらした(サイドグランシングアイ)
まんまるの目をもった女の子の人形が作られました
これがグーグリーです

(サイドグランシングアイそのものは キューピー以前
1908年に カマーラインハルトが フラーティアイという
フクロウ時計のような 左右に動くガラスの目を持った
ベビーや女の子の人形を 作っていました)

そういういきさつなので グーグリーとよばれる
お人形たちは 単なるぎょろ目ではなく
みんな横を向いているのですが
この子はグラスアイのかげんで 正面を向いています
本来は 向かって右を向いていたはず

ただでさえグーグリーという人形は
ピーチクパーチクした感じなのですが
こちらのお嬢さんは眉毛や口元など
いろんな要因が合わさってものすごいドヤ顔で
一方的にマシンガントークをしてきそう
一気にしゃべって疲れたら
「それでこのおうち ココアとお菓子はないの」と
わがままざんまいで 引っかき回されそう
そしてうかうかと 全部の色のマカロンを買い与えてしまいそう

お人形のガラスの目には そんな魔性が宿っているので
ほかのグーグリーたちが みんなつつましく横を向いて
目を合わせてくれないのが ありがたく思えます
12:53  |  アンティークドールの構造  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/1117-0ea61f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |