FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
2018.10.30(Tue)

インプ

p2018-10-30h2_GF.jpg
1913年 イラストレーターのローズオニールが描いた
キューピーをドイツで人形化する企画において
ドイツの工場が作った原型に満足しなかった彼女が
自分で原型を作ったのが 今に伝わるキューピー人形

貧しい子供たちにも買えるよう
小さなサイズのラインナップを作るよう
提案したのも ローズオニール

両足を合わせ 腕のみ可動のスタイルは
立たせて飾るには心許ないですが
子供が足もとをつかんで
ちょんちょんと歩かせて遊ぶのには
うってつけのデザインです

キューピー人形の大ブームにより
それ以降 類似のデザインのビスクドールが
ドイツで多数作られました

写真の子たちは インプと呼ばれるお人形
一見キューピーそっくりですが
ファウンの姿をしています

p2018-10-30h1_GF.jpg
小さなツノと 足にはひづめもあります
ひづめの上にちょっとある茶色い部分は毛
背中にはキューピーの羽は生えていませんが
お尻のところに ひづめの毛と同じ色の
丸い小さなしっぽが ちょこんと生えています

まんまるおめめにバシバシまつげの
少女漫画っぽいお顔のキューピーに比べると
こちらは少年漫画っぽい顔立ちで
いかにもやんちゃそうです

作った会社はBJ&Co.
ドイツの人形会社 アドルフ・ヴィスリツェヌスが
マイスイートハートなど一部の人形に
この表記を使っていたようです

二人はひづめと毛の色が違いますが
色違いなのか あるいは
焼成した窯の温度の違いで
色が変わったものなのか
数が少ない人形なので 未確認です
12:55  |  アンティークドール考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/1139-9a8f288e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |