FC2ブログ
2019年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月
2019.01.14(Mon)

イングリッシュ・ブレックファストの奇跡

p2019-01-14b_GF.jpg
半年も探し回っていた ゲーベルのピアノベビーが
やっと私の元へやってきました
おともは ロンドン生まれのテディベア
それにはこんないきさつがあったのです

半年前 たまたま通りかかった町で
渋い品揃えの 西洋骨董店を見つけました
ショーウィンドウにいたのが このピアノベビー
ピアノベビーは 生き生きとした赤ちゃんの造形が可愛くて
いろいろ集めていたのですが
今までに見たことのないポーズだし
これはと思ってお店に入りました

が このときはまだ寄る場所があったので
貴重な割れ物を持ち運ぶわけにはいかず
さりとて 手ぶらでお店を出るのも申し訳ないので
お人形用のブローチをひとつ買って
次の日に出直そうと思っていたのです

ところが

次の日 その場所へ行っても見つかりません
定休日だったのかなと思って 別の曜日に行きましたが
やっぱり見つかりません

そのころ 忙しくてぼんやりしていて
たとえば 友達に「今朝はありがとう」と言ったら
「今朝会ってないよ」と言われて
その朝 二度寝したときの夢だったと気づいて
愕然とした などということがあったのですが
もしかして あのお店も夢

でも 手元にはブローチがあるのです
だから夢ではないはず

と信じて 何度かそのあたりに行ったのですが
やはり見つかりません
その後で大きな台風もきたので
もしかして あのお店のショーウィンドウも割れて
ピアノベビーも壊れてしまったのでは
そして お店を閉めてしまったのでは と
諦めていたのです

年が明けて お正月のバタバタも過ぎ
少し気持ちがゆっくりしたので 久しぶりに
新しい紅茶の葉を買いに行きました
それで 以前飲んでとてもおいしかった
イングリッシュ・ブレックファストを買いました

イギリスの朝ごはん という意味のお茶で
飲んでみると香りも高いけれど渋みが強いので
これはきっとブラックコーヒーのような
朝のお目覚めのお茶なんだ と
ずっと勘違いしていたのです
しかし 紅茶の箱を見ると ミルクティーにするための
ブレンドだと書かれていました

砂糖とミルクを入れて 朝ごはんといっしょに
栄養たっぷりで飲むお茶だったようです

せっかくなので 日東紅茶のサイトで
おいしいミルクティーの入れ方を調べて
お湯で出してミルクを足して…と
手間ひまかけて 入れてみると
びっくりのおいしさでした

実は今までミルクティーがなんとなく苦手で
紅茶といえば レモンかストレートかティーソーダと
透明のものしか飲んでいなかったのですが
たちまちファンになりました

イングリッシュ・ブレックファストのミルクティーを
朝から飲んで 今日は一日ロンドンっ子気分ね
などと浮かれながら お使い物をしていたのですが
ふと この近くにあの骨董屋さんがあったはず…と
舵を切りました

すると 今までと別の道からアクセスしたおかげか
ついに 骨董屋さんが見つかったのです
どこも壊れていなかったし ピアノベビーもまだそこにいました
幻じゃなかった
迷子の原因は 私が道を1本 勘違いしていたことでした

うれしくて お店の奥に歩いていったとき
通路の棚に この茶色いテディベアが座っていました
濃い色と短い毛足と セルロイドの目が
とても西洋的ですてきな熊だと思って
一目惚れしました

ピアノベビーは長いあいだこのお店にいたことだし
一人では寂しかろうと おともに買ったのですが
お店の方が梱包しながら
「この熊はロンドンで買ったんです」
と言いました

今朝のイングリッシュ・ブレックファストのことを思い出して
もしかして ロンドンっ子気分だった私を
本物のロンドンっ子のこの熊ちゃんが
呼んだのではなかろうかと 不思議な思いにかられたのでした

02:30  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/1155-727a660f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |