FC2ブログ
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
2019.04.07(Sun)

芦屋の旅路 その2

s-2019n.jpg
いよいよ ギャラリーPaw様へ行くべく
阪神芦屋駅に向かって 業平さくら通りを下っていきます
川の西岸はバス道になっていて 歩きやすいです
川原にも降りることができますが
山が近くて 急に増水する危険があるため
あちこちに退避階段がありました

芦屋らしい おしゃれなお店や建物がいっぱいで
1㎞ほどの道のりなのに ずいぶん長い距離を歩いた気がしました
前に見える橋は JRの高架です

心配していた雨はなんとかもちこたえ
ときどき あたたかな陽もさして
小さな滝には コサギなどの鳥がいて
とてもすてきな散歩道でした

s-2019j.jpg
神戸といえば風見鶏ですが
そんな風見鶏を屋根の上にのせた 素敵な建物がありました
芦屋パレエレガンスというショッピングモールです

2階のお店の名前は ル・ボヌール芦屋さん
カフェとお花とパリキャラメル社のお菓子が
宝石箱のようにつまったお店です

s-2019k.jpg
公園で一休みしようと思って
ふと見つけた俵美術館は 大阪の弁護士さんの美術館で
江戸時代の矢立(持ち運び用の筆入れ+墨壺)を
コレクションしている 唯一の美術館だそうです
入り口に立っている2体の石像のしかつめらしさと
桜の底抜けの明るさの対比が愉快です

s-2019l.jpg
教会だとばかり思っていたら看板に仏教と書いてあって
思わず二度見した 芦屋仏教会館
丸紅の初代社長が建てたホールで
ステンドグラスは 蓮の花のモチーフだそうです

s-2019m.jpg
打ちっぱなしコンクリートと緑の融合が見事な
博物館のようなSFっぽい建物は市民センターで
ルナホールという大きなホールがあるそうです
渡り廊下やテラスの秘密基地っぽさが ときめきます

s-2019o.jpg
芦屋川駅からずっと見えていたゴシック風の尖塔に
ようやくたどり着きました
カトリック芦屋教会です
先ほどの仏教会館とともに
景観重要建造物に指定されているそうです
バラ窓の上に立っているのは
聖母マリアでしょうか

ただ川を下っているだけなのに
次々にあらわれる すばらしい建築物
この時点ですでに 極上の観光旅行コースとなりました

(つづく)
23:31  |  お人形ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/1170-08c7b792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |