FC2ブログ
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
2010.06.23(Wed)

ループの無いオールビスクのゴム引き

P1130952.jpg
今までゴム引きをしたことの無い方で、自分でゴム引きをしてみたい方。
ゴム引きの練習は、10インチ以下の小さなコンポボディのベビー、
あるいはオールビスクのベビーから始められると良いです。

なぜかというと、ベビーは5ピースボディでかんたんにつなげるのと、
12インチ以上になるとゴム引きに太い特別なゴムと極端に強い力が必要になるから。
小さなベビーなら手芸店で普通に売っている細丸ゴムで十分です。
平ゴムは弱いので使えません。

またベビーの場合、コンポボディなら針金のループ、
オールビスクならビスクでできたループが関節に仕込んであるので、
ここにゴムを通して結ぶことができます。

さて、ちょっと面倒なのは写真のような穴のあいた手足の場合…。

関節部分が穴になっています。
ジャーマンの小さな廉価オールビスクやミニチュアオールビスクは、
ビスクのループを作れないのでこのような穴になっていて、
そこに針金を通してとめるようになっています。

しかしこのような穴が大きいタイプは、針金ではグラグラに。
実はこれは、一本のゴムを通した後、細い木釘を差し込んでとめ、
表面を平らに削るという方法が使われています。

エデンベベやリモージュなどの廉価フレンチでは
50センチほどの大型の人形でも、簡素で棒のような
5ピースボディのものがあり、その棒のような腕や足を一本のゴムで
貫いて、こちらは針金のストッパーでとめてあります。

オールビスクでは丁寧に木釘で引きなおしてある人形もありますが、
ぴったり合った木釘をぎゅうぎゅう差し込むとビスクの破損の恐れが
あることから、木釘には余裕を持たせた上で、ボンドを充填して
固定してある場合が多いです。これだと次に引きなおすときに、
木釘が抜けないので大変なことになります。

(このようなときは、ゴムを切った上でボディを水につけておくと
たいてい水性の木工用ボンドなので、ボンドがふやけてくるので、
そこを穴の内側から目打ちなどで押し出してやって木釘を抜きます。
ふやけないボンドの場合は、ピンバイスやアートナイフを使って
木釘部分を削り取ります)

というわけで、ゴムの引きなおしのときはオールゴムに変えてしまうほうが
今後のことを考えたときに便利です。
腕と太ももに糸玉ができるので、見た目が悪く、
ノースリーブの細身ドレスを着せたときの見栄えも
悪くなるのが困りどころですが…。

P1130954.jpg
このタイプの人形は、足-足、腕-首-腕、という
ゴムのつなぎ方をすることが多いようです。
ゴムの貴重な時代に、なるべくゴムを節約するための
つなぎ方ですが、これだとゴムが短くて安定しないので、
腕-腕、足-首-足、とつなぎます。

まず腕と腕をつなぐときは、最初にゴムの端に玉を作ります。
それを片方の腕に通し、胴体を貫通させてもう片方の腕に通し、
そこで玉を作ったら、なるべききっちりしまるよう、
目打ちなどで結び目を押さえて引っ張りながら玉止めをします。

玉が小さいと大きな穴から抜けてしまうので、
ゴムは穴の大きさに近いものを選びます。
かといって太すぎると玉が大きくなりすぎて不細工になります。

次に足と首をつなぎますが、この構造上、いつものように
右足→首→左足→右足(ループ)というふうには引けません。

基本的には足→首→足とΛの形につなぎたいところですが、
太もものところで最後に玉止めをすると、
ボディを固定するのにじゅうぶんな張力を出すのが難しいです。

というわけで、それぞれの足に玉止めしたゴムを通し、
この二本のゴムを首のところで結び合わせてぎゅっとしめると、
簡単かつ上手にゴムを引くことができます。

大型廉価フレンチの5ピースボディを引くときにも役立ちます。

なお太もものほうが穴が大きいので、ゴムは穴からすっぽ抜けない
大きさの玉止めにしておきます。

P1130955.jpg
ぎゅっとしばって完成。
数十年後の次回のゴム引きがしやすくなっている分、
玉止めが出っ張っているので、袖なしドレス・袖の細いドレス・
タイトなスカートやズボンははけませんのでご了承ください。
00:43  |  修理(ボディ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年06月23日(水) 20:03 |  | コメント編集

どうなんでしょうねv-236
手の形が似ているシモハルの衣装人形を見たことが
ありましたが、確認すると手の角度が違ってました。

今手元のオールビスクのお嬢をざっと
見たところ、おなかはだいたいぽっこりで、
・アーリーケストナー…水かき
・ケストナー…チョップor水かき
・クリング…水かき
・パーリー…右手のみチョップ
・オールビスクグーグリー…チョップ
・ふつうのフレンチ…チョップ
・ピッカブー…水かき
・ラウンドフェイス…水かき
・J.V.(SFBJ)…水かき
・SFBJミニョネット…チョップ
こんな感じで分布してました。
梅ママ | 2010年06月23日(水) 20:21 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2016年08月16日(火) 17:27 |  | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2016年08月16日(火) 19:36 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/164-49489a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |