FC2ブログ
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2011.11.06(Sun)

これからお風呂

0IMG_0426.jpg
白いバスタオルを体に巻いて、ボンドガール気分
ではなくて、古いビスクドールはホコリや煙突からのススがついています。
バイローのような子供に遊ばれる人形や、オールビスクドールのような
ごっこ遊び人形は、さらに手垢がべっとり。
口元に茶色く変色したクリームがこびりついていた子もいます。

骨董的にそのままの汚れを愛でるのも良いものですが、
きれいにすると、本来のばら色の肌が現れて、それも良いものです。

オールビスクバイローの場合、おなかに紙のシールが貼ってあるので、
掃除のあいだ汚さないように、このように保護しておきます。
ティッシュペーパーを折って帯のように巻き、セロテープでとめてあります。
紙のシールが取れてしまったものも、これをしておくと、
作業中に汚れた指で、そうじずみの場所を汚さないので便利です。

ビスクの汚れに最近愛用しているのが、巻きガーゼです。
新生児の体を洗うときと同じように、
欲しい分だけ切り取って、たたんで折って、使います。

使う洗剤は、油汚れのジョイより、さらに適したものを発見しました。
ピジョンの哺乳瓶洗いで、野菜も洗える安全なものです。
安全なのに油汚れとの親和性がとても高くて、
ガーゼにこれをつけて拭くと、ほとんどの汚れが落ちます。
よぶんな匂いもついていませんし、さらっと仕上がります。
お湯50ccの中に10ccほど入れて、薄めたものにガーゼをひたして使います。

ガーゼでは細かいところは綺麗にできないので、
そこは従来どおり歯ブラシを使用。
また、目などもろくて細かいところは、先が三角にとがった
三角綿棒を使います。
最近百円ショップでも、まれに扱っています。

掃除が終わればティッシュを取り、ティッシュの下を
ガーゼと綿棒で掃除します。
シールのまわりは三角綿棒で少しずつ、シールのきわまでそうじします。
シールをぬらすとやぶれるので注意。
またシールは経年でパリパリとはがれやすくなっているので、
はがさないよう注意しましょう。

仕上げはしてもしなくてもいいのですが、エタノールを
つけたガーゼでさっとぬぐいます。
油汚れを溶かすほか、粘着剤を溶かすことができます。
また乾燥を速めるので、ぬれたビスクをエタノールで仕上げると、
さっぱりと仕上がります。

注意点は、掃除は必ず焼付けペイントの人形に行うこと。
裏面がピンク色をしたピンクビスクや、白くてざらついた仕上がりの
ストーンビスクは、ペンキで色をつけてあるので、ふくと色が落ちます。
これらは、ペイントの部分だけをさけて綿棒で少しずつ掃除します。

コンポジションドールやコンポボディには使えません。
表面をぬらした布で拭くと、そのうち色がとけてくるからです。
表面がつるつるしているものなら、硬くしぼったガーゼで
一度さっとなでるぐらいなら、許容範囲です。
表面がマットなものには厳禁です。
そこで、コンポやフェルトドールの汚れは、
歯ブラシでホコリを払うぐらいにとどめます。

ビスクドールの掃除は、破損などの危険をともないますので
自己責任で行ってください。
自信が無い方は、ドールショップに相談すると、
ショップでドールクリーニングをしてくれる所もありますし、
クリーニングしてくれる店を紹介してくれるショップもあります。
09:24  |  修理(ボディ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

な、なんとドールクリーニングとは!
梅ママさまに、隅々みまできれいにしてもらえて、気持ち良くて嬉しいでしょうね。ガーゼがまた赤ちゃんらしくて ピジョン、ジョイ 効くのですね~。お手入れしてあげてると、本物の赤ちゃんみたいに、なんだか愛着が倍増してしまいますよね
かよぽん | 2011年11月06日(日) 14:29 | URL | コメント編集

お掃除しているうちに愛着がわくのは事実ですv-10
すすけて暗い顔をしていた人形が、ばら色の表情になると、
こんなに可愛い人形だったのか、と見ほれます
赤ちゃんドールは赤すぎるぐらい赤く色がつけられているので
綺麗にすると本当に湯上りの真っ赤になった
赤ちゃんのようになって、達成感があります

フレンチなどではすすけた黒いすすが目や鼻のまわりに
たまっているほうが、彫が深くなって美人に見える
ものもあるのでそこだけ残して掃除するという方法もあります
梅ママ | 2011年11月07日(月) 01:18 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/351-cf50e847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |