FC2ブログ
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2012.06.13(Wed)

小さな世界

eIMG_3376.jpg
キューピー、ひよこ、フローズンシャーロットにベビードール・・・
1910年代後半のアメリカの居間の人形棚をイメージしたレイアウト
でも実は12分の1のミニチュア人形棚です
集めたミニチュアを可愛く飾りたくて
ミニチュアショーの家具コーナーで購入しました
棚と棚の間の高さはわずか3cm

キューピーはカリフォルニアの作家さんのものでビスクです
座高は1cm

ひよこはミニチュアショーで買ったプラスチックのもの

下の段、左はアメリカのビスク作家さんのオールビスクドール
手足が動くかわいい子です

三人のベビーはミニチュアショーやミニチュアショップの市販品で
オールビスクドール、手足が動きます
手前のベビーが一番小さいモデルで身長1.5cmです

うさぎはミニチュアショーで、ミニチュア作家・木下幸子先生の
ブースにいて一目ぼれしたビスクの子
ベビーより大きいためベビーの人形っぽさが映えて可愛いです

柱に隠れているのはビスクのハーフドール
本物のアンティークです
ハーフドールでこんなに小さいのはとても珍しく
何か小さなもののつまみ用でしょうか
ミニチュア棚に入れると大きくて胸像のようです

フローズンシャーロットはミニチュアショップで購入
アンティーク風のドール棚には一体ぐらいフローズンシャーロットが混じっていると
由緒正しい感じになりますね

うさぎのひざの上と、ハーフドールに寄りかかっているベビーは
べびぃ工房さんの作品
試作品だった超ミニチュアビスクベビーをいただきました
眠り目ですごく可愛いのです

うさぎの上の子ははだかんぼです
ドレスを貼り付けるとその分大きくなってしまうのがもったいなくてそのままです

固定は、ベビーは座らせないといけないのでひっつき虫を使っていますが、
接地面が平らなキューピーは、呉竹「おやっとのり マーカータイプ」を使っています
おやっとのりは、塗った直後は水色で、そのままくっつけると普通の水のりとして使えますが、
1分ほどたつと乾燥し、ふせんの糊のような弱粘に変わるので、仮止めできます

そこでキューピーの平らなところにおやっとのりを塗って乾かし、くっつけています
何度も位置を直せて、両面テープのように粘着剤が残ったりもしないので、便利です
23:15  |  アンティークドール雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

か か かわいいっ ちっちゃー ミニチュア好きの私には驚愕にかわいいです クオリティー高いですね
かよぽん | 2012年06月15日(金) 20:59 | URL | コメント編集

ちっちゃいものは驚愕的に可愛いですよねv-10
でもうっかりすると無くなってしまうので
宝石箱に入れていたのですがそれではいつも見られないし
小さな棚に展示する事にしたらなかなか良かったです
人形が住むドールハウスの中の人形棚に
ぎっしり人形が詰まっているというのも
マトリョーシカのようでときめきますv-257
梅ママ | 2012年06月18日(月) 00:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/421-45098c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |