FC2ブログ
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2012.07.09(Mon)

トイストーリー3と布のベビーボディ

5cbaby.jpg
ゆうべのトイストーリー3は泣けました
人形で遊んでいた子供が大人になった時、人形達はどこへ行くのか・・・
映画を観終わってからアンティークドールの棚を見ると
この人形達も一番最初はどこかの子供に買われて可愛がられていたんだなと思います

我が家にあるベビードールの中には
ファーストオーナーから譲っていただいた物も多くあります
1920年代のベビードールの最初の持ち主は80歳から90歳
次の家でも同じように長くいて欲しいと言われる事が多く
我が家にアンティークベビーが好きな小さい女の子がいると聞くととても喜ばれ
トイストーリー3でアンディがボニーに人形を紹介したように
「この子の名前は○○、大事に一緒に遊んであげてね」と
最初の名前を教えていただく事があるので
ネームタグに書いて人形にくっつけています

可愛い人形をたくさん見られるのも楽しいトイストーリー
サニーサイド保育園にいる人形達は皆可愛いのですが
ベビー好きにとって気になる存在はやはりビッグベビー
ライフサイズ(等身大)の赤ちゃん人形です
頭・腕・脚がソフビで、後は布、緑色のプラスチックの目は開閉します

ビッグベビーのような
曲がらない腕と脚を、肩と股関節の部分から布にして
お座りができるようにしたベビーボディは
フランスのコロールベビーや
トイザらスにあるYou&Meにも使われています

アンティークビスクドールの歴史上では
アメリカ・ボルグフェルト社による
1925年のベビーボーケイや1926年のボニーベベあたりから
見られるようになります

それ以前は1910年ごろから
手首から先だけがコンポジションやセルロイドで
腕と脚はぬいぐるみのニューボーンベビー式が主流で
バイローベビーもドリームベビーもこのボディが使われています

元々ビスクドールはジュモーによるコンポジションボディが
できる前のファッションドールの時代はレザーボディで
それはボディ全体がレザー(手もレザーで五本の指には針金が入っていた)や
ひじから先がビスクで残りはレザー(ベルトンなど、後のレザーボディドールに継承)
というものでした
ひざから先もビスクの物が作られたのはかなり後の時代になります

ベビードールの布ボディもレザーボディを踏襲しています
当時、ベビードールはアメリカ・ボルグフェルト社から
ベビードレスとボンネットを着けた状態で販売されていたため
決まった型のドレスから見えない腕や足の部分は
作りこまずに抱き人形としての抱き心地を優先させたのでしょう

DSC05747_20120709111640.jpg
コンポジションボディでは1908年ごろから
肩と股だけに関節があるがにまたのベビーボディが登場しています
この子はタグつきオリジナルドレスのベビーグロリア
1920年代のベビーグロリアでは布ボディなのに
コンポボディのように可動域が広くてポーズが決まる
テディベア式のボディが使われました
11:31  |  アンティークドールの構造  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

赤ちゃん かわゆいなあ最後のお写真たまらんでございます。抱っこした~い。映画やってましたね。なんだか、ビロードのうさぎという絵本を思い出しました
かよぽん | 2012年07月09日(月) 23:32 | URL | コメント編集

ビロードのうさぎ、良さそうなお話v-10
最後の写真は自分でもうまく撮れたかなと思っている一枚なのでうれしいです
私の写真は、いかにも記録写真、という免許証の写真みたいな感じなので
構図やポーズやライティングやカメラの勉強をちゃんとして
写真を見るだけでそこに世界観があるような写真が撮れるようになりたいものですが
そのへんはセンスの要素が大きいので後付では無理かもv-12
梅ママ | 2012年07月10日(火) 10:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/428-ad32f0c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |