FC2ブログ
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2013.03.01(Fri)

シュミーズドレス今昔物語

00175.jpg
これはジュモーのオリジナル・シュミーズドレスです
もともとジュモーは豪華なドレスを着て
百貨店などの棚を華麗に飾っていましたが
当時人形の価格とドレスの価格はほぼ同じ

それで1890年あたりからジャーマンドールに対抗するために
フレンチドールも廉価で販売できるよう工夫が凝らされ
とはいえ百貨店に裸で裸足の人形を並べるわけにも行かないので
安価な簡易版のシュミーズドレスが開発されました

0IMG_4546.jpg
が買ってもらったこのリカちゃんが着ているのが
まさに現代版のシュミーズドレスでした
材料量や作業量の制約の中でも可愛さは保っていたい頑張りが
肩のレースに現れています

ジュモーのシュミーズドレスも肩にふわっと広がった飾りパーツがあるので
共通した何かを感じます

取りあえずのシンプル服のお人形は
取り急ぎまずは自分を待っている女の子の所に駆けつけたかった
という雰囲気で健気な感じがします
16:19  |  お人形の服  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

シュミーズドレスかわいらしいです~!! ぷりんちゃん付きリカちゃんも♪ 時代時代でお人形さんたちもいろいろ着せ替えされ愛され愛でられお花のように彩り豊かだったのでしょうね。
かよぽん | 2013年03月01日(金) 20:56 | URL | コメント編集

お人形やお人形の服はいつの時代も
どうやればもっと(予算などの制限の中で)可愛くできるかと
人間が頭を使って悩み抜いて作られているのが面白いですね

今のリカちゃんは化粧、髪の色、髪型などいろいろなので
何人いても誰が誰だかわからなくならないのが良いですv-10
梅ママ | 2013年03月01日(金) 21:40 | URL | コメント編集

●シンプルは強い

たしかにこのリカちゃん、シュミーズドレスですねえ!
さすが梅ママさん、目のつけどころが違います。
シルクのドレスは100年後にはほぼボロボロになってもコットンのシュミーズドレスは割と残存率が高いですし、
機械類もマイコンが入って格段に寿命が縮んだ事を思えばシンプルは最強なのかもしれません。
hara | 2013年03月02日(土) 14:11 | URL | コメント編集

当時ゴーチェがゴーチェやエデンベベのために作った下着は
ガーゼ地にレースとリボンがついたもので経年でぼろぼろになりますが
ジュモーのシュミーズドレスは本当によく考えられています
飾り用の赤いリボンも綿サテンで劣化しにくいし
安いけれども安普請ではない丈夫なつくりですv-257

リカちゃんドレスも見た目は華美なものもあるのですが
ほんのちょっとしたリボンなどのパーツも全てミシンを落としていて
ボンドやグルーガンを全く使わず丈夫なつくりになっています
この実質的なドレス作りが子供の玩具としてのリカちゃんなりの
硬派なこだわりを感じさせます

1910年代のアメリカのベビーのドレスは布の重さが軽い
ガーゼでしかも布地をケチって細長く半袖ですが
細い安上りのレースをあしらって可愛さを出し、
1920~30年代のトドラー用ドレスは
布地は化繊でチクチク、デザインもただの筒ですが、
細いレースをつけながら
袖の折り返しにはちゃんとミシンを落として丈夫さを保つという
リカちゃんのドレスに共通した頑張りが見え隠れしています
それは子供用の人形が広まり始めた100年以上昔のジュモーの時代からすでに
確立されていたとすると大量生産人形の文化は発生後短期間で
一気に成熟して完成されたんだなと感慨深いですv-20
梅ママ | 2013年03月02日(土) 16:28 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/509-1e99604f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |