FC2ブログ
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2013.04.24(Wed)

見つめるキャッツアイ

00IMG_4749.jpg
オールビスクドールは小さくて精巧で
小粒の宝石か精密機械のような密度感が魅力
この子はケストナー 9cmですが
色白の肌に濃い茶色の虹彩のガラスの目が
強い存在感があってとても可愛いです
このような目は白い吹きガラスの白目の上に
濃い茶色のガラスを置いて作られています

0IMG_4751.jpg
この子も9cmですが顔のサイズが上の子よりも小さく
目も小さ目です
薄い茶色のガラスが置かれた目なのですが・・・

0IMG_4749a.jpg
キラッ

0IMG_4746.jpg
真正面以外の角度から見ると
目が虎目石のように光るのに気付きました
普通のアイの作り方とは違って
白いガラスの上に透明のエナメルを重ねて白目にし
その上に茶色い虹彩を置いているようです

0IMG_4749.jpg
猫の目のような反射系の光でぎらぎらしています
22:33  |  グラスアイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

2人とも9センチ?!小さいな~っ 2人とも綺麗で可愛くてすごく凝っていて、作者が入魂してるのがわかりますね。下のお人形さんまつげ長いですね。なんか、ガラスの瞳を入れまつげを描いてる作者の姿をタイムマシンで見に行ってみたいくらいです
かよぽん | 2013年04月24日(水) 23:19 | URL | コメント編集

頭の大きさは人差し指の先ぐらいです
ドイツの人は本当に手先が器用だと思います
昔よくテレビでひな人形工房の取材をしていて
職人さんが顔を描いていましたが
ほどほどにゆっくりで ほどほどに手早い感じでした
スパスパスパッという感じでは無いけれど
筆をおく場所には迷わない感じ
ひな人形の歯のペイントによる表現を見ると
ドイツのミニチュアビスクドールとの共通点が多いので
職人技は同じように最適化されていくのかもしれません
梅ママ | 2013年04月24日(水) 23:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/526-1a2c214e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |