FC2ブログ
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2014.02.21(Fri)

ひとつの関節が持つ無限の可能性

人形の関節は 多いと多様なポーズが取れる反面
あやつり人形のようにぎこちなく「人形っぽく」見えてしまうデメリットもあります
00IMG_4193.jpg

ジュモートリステなど初期のジュモーは ファッションドールの流れを汲んで
袖から出た腕を美しく見せる ストレートリストという手首に関節の無いタイプ
テートジュモーの時代になると インテリアとして飾るファッションドールから
10歳前後の子が抱いてままごとや着せ替えをする 遊びの人形というカラーが強くなり
手首に関節ができました
着せ替えをするときは手首をまっすぐにして着がえやすく
パラソルなどを持たせる時はストレートリストの人形のように
手首をそらせてポーズを取らせます

見栄えとポージングの両方の点から
どの関節を生かし どの関節を省くか
アンティークドールを見ていると 悩みの多い部分のようです

首と胸あるいは胴体がつながっている人形は
デコルテを美しく見せることができますが
首の関節が一番人形の表情を出せる部分でもあるため
最初から首を少しひねった形で作ってしまえば
両方のいいところをとれる というのが
ちょっと横を向いているターンヘッドと呼ばれるタイプ

胸までビスクでそこからレザーや布のボディをつける
ショルダーヘッドタイプの人形にも
頭と胴体が一体成型のオールビスクの人形にも見られます

0IMG_5856.jpg
胸もとがリボンで隠れていてわかりにくいですが
手前の水色の子はターンヘッドです

0IMG_5918.jpg
これは逆に頭だけが動く バブルヘッドドール
子供のおもちゃや ちょっとした飾り物として
1920年代からドイツでたくさん作られました
やさぐれた雰囲気のふてぶてしい男の子ですが・・・

0IMG_5920.jpg
首を回すとこの通り 内気で人見知りな表情に早変わりです
たぶん 目が横を向いているのも表情を大きく変える要因になっていると思います

もうひとつは すりばち状の首の穴にすりこぎ状の頭を入れる
スウィブルネックと呼ばれるタイプの首の関節であること
オールビスクのボニーベベやベビーボーケイは
ソケット型の首の関節なので 首を水平方向にしか回せません
「かしげる」という動きができると すごく表情を出せると思います
11:39  |  アンティークドールの構造  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

お人形さんたちの造り 奥が深いですねドロップ缶のとなりの子 ほんと表情がガラッと変わっていますね。どちらも、良いですね。みんなどの子も、たくさんの歴史 技 愛情が 知恵が 集結して、創られてるのですね
ただただかわいいかわいいと愛でるだけの私ですが
かよぽん | 2014年02月22日(土) 13:41 | URL | コメント編集

おもちゃ屋さんで可愛くないと買ってもらえないので
色んな知恵を結集したんでしょうねv-25
リカちゃんのモールドのように 売れ線のモールドはかなり保守的で
v-209「ママが子供のころにもこの人形いたわーv-238
みたいな購買層も取り込んでいたのかと思います
梅ママ | 2014年02月22日(土) 16:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/635-b8da06be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |