2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月
2014.06.15(Sun)

コレクターズ・ドール

0IMG_2517.jpg
昔デパートのおもちゃ売り場に ビスクドールコーナーができたことがありました
ドレスとボンネットを着た50cmほどのビスクドールが 棚に3段ほど座って並んでいました
同じころ 「なにがなんでもおちない君」の 巨大なぬいぐるみが飾ってあったなぁーと
ぼんやりと記憶の中に残っています

なにがなんでもおちない君は 受験生向けのオランウータンか何かのぬいぐるみで
長い両手がマジックテープになっていて 吊り下げられるというもの
1980年生まれだそうです

で その1980年前後 日本で ビスクドール・ブームが起こりました
内藤ルネさんの著書「人形物語」が 1981年です

当時1ドル250円 飛行機の運賃も高く 誰もが気軽に欧米のビスクドールを
手に入れられる時代ではありませんでした
そんな1970年後半ごろ 欧米のビスクドールのモールドをアレンジして
日本で制作されたのが コレクターズ・ドールです
この子は1980年製で レトロショップで見つけました
記憶の中に おちないくんと一緒にあったビスクドールは
これだったのかなあと思います

モールドは たぶんシモンハルビック
他にもブリュジュン、テートジュモー、ジュモートリステ、ゴーチェなどがあったようです
ベビーやトドラーは海外では作られていましたが 日本では見かけません

胸像のようなショルダーヘッド型ビスクの下に布のボディがついています
頭身はファッションドールや 多くのショルダーヘッド型のドイツ人形のように高め
ビスクの腕がついていますが アンティークではひじ関節を作るために
ひじから下のみビスクということが多いですが この子は半袖にも対応するためか
肩とひじの間 土方焼け部分がビスクという構造です
目はプラスチックのセットアイ 髪は化繊です
説明書から推測すると プラスチック製のスリープアイや
コンポジションボディの子もいるのかも・・・

ビスクは1920年代ごろから使われるようになった 色つきの物
歯は造形されておらず 口の穴と唇の間のツルッとした空間に
白い塗料でドットを描くことで 歯を表現しています

肌はかなり色白で ペイントの色は 後期テート・ジュモーのようなオレンジ系
眉の描き方が独特で アンティークビスクドールでは見られない
眉間の部分を底辺とした 二等辺三角形になっています

ドレスは化繊レース ベルベット グログランリボン
コットンのシュミーズとドロワーズ 靴下と靴をはいています
当時インテリアとして ピアノや本棚に座っていたのでしょうか

0IMG_2514.jpg
コレクターズ・ドールの箱には 後期テート・ジュモーのカタログイラストが使われています
有名な廉価用の 小花柄のシュミーズ・ドレス 靴も靴下もオリジナルの物ですが
よく見ると本来 JUMEAU と書かれているベルトが
COLLECTOR'S に修正されています

保証書がついていて ドレスの破損以外の修理やパーツ交換を
販売店へ持って行けば 受け付けてくれるとありました
ドレスの修理交換に関しては 別売りのドレスがあったのでしょうか
「ヘッドが割れても交換修理します ただし顔立ちが少し変わります」
の一文が アンティークの時代を彷彿としました

アンティーク・ドールの時代にも 人形の破損は修理交換してくれていました
ヘッドが割れても交換できたのが 物を修理しながら長年大切に使っていく
ヨーロッパらしい価値観だと思います
ボディの型が年々変わるので 在庫が無ければ別の時代のボディやパーツが
つくこともあったし 少々の部品なら木工で作って修理された物もありました

コレクターズ・ドールにもまた ビスクドールが大量生産されて
倉庫にパーツが揃っていたころの ゆったりした
ものづくりの時代の余裕を感じます
16:21  |  わたしのミニチュア玩具箱  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

お写真、美しくかわいいですねなんだかふと思ったのですが、梅ママさま が 一番最初に お迎えされたビスクちゃんは どんな子ちゃんでしたか?なにかきっかけとかありましたか?

そのひっつき落ちない動くの 類似品で兄と遊んだ記憶があります


お顔 なんだかちょっと微妙に雰囲気かわった子お迎えされた方いたのでしょうか? 説明書がいいですね!


イラストもいいなあ。
かよぽん | 2014年06月15日(日) 21:12 | URL | コメント編集

もともと小さなガラス細工や磁器や陶器が好きだったので
子供のころから動物のフィギュリンなど集めていました
キューピーのような はげ頭で頭でっかちの赤ちゃん人形が大好きでったので
内藤ルネさんの恋地蔵さんが 特にお気に入りでした
アンティークビスクドールで最初にお迎えしたのは
クリクリはげ頭でスリープアイの 小さな可愛いAM341です

このコレクターズドールは ちぎり値札がついていて
それがちぎられていたので たぶん店頭で購入されたものだと思います
西洋人形を買おうと店頭に行って 金髪碧眼真っ赤なドレスではなく
茶目ブルネットにぶどう色の渋いドレスの子のお迎えということで
どんな人が買ったのか 想像がとても膨らみます
梅ママ | 2014年06月16日(月) 17:40 | URL | コメント編集

AM341 スリープアイちゃん だったのですね! かわいがりまくり~だったことでしょう!!


ぶどう色 とか いいですね~惹かれます。ほんとどんな方のそばにいたのかなあ。
かよぽん | 2014年06月16日(月) 19:18 | URL | コメント編集

ツルツルの頭と ぱちりと目を閉じるのが本当に可愛くて
可愛がりまくりでしたv-10
今でもツルツル頭のベビー人形が一番好きです

ぶどう色とブルネットのお人形
シックな秋色の応接間に似合いそうですねv-35
梅ママ | 2014年06月18日(水) 20:20 | URL | コメント編集

●懐かしいです

梅まま様、初めまして
ご記載されているとおり、70年代後半にコレクターズドールを3体購入しました。
ずっと箱からだしていたので、修復してくださるお店を探していたところ、外箱の画像をWEBで発見して寄らせていただきました。
今はすでに倒産した札幌四丁目プラザの「鈴屋」にアンティークコーナーが設けられていてアルバイトで購入した覚えがあります。価格は定かではありませんが、数万円?学生には高額でしたが、手に入れたときの嬉しさを今も覚えています。素敵なブログに出会えたことに感謝いたします。
因みに、ウチの子達は今まさしくピアノの上に仲良く座っています。
Snow | 2018年02月12日(月) 21:03 | URL | コメント編集

Snowさん、はじめまして
ブログをごらんいただきありがとうございますv-10

当時のコレクターズドール販売についての
貴重な情報を聞かせていただけて
とても嬉しいですv-352
私が当時実物を見たことがあるのは
おもちゃ売り場の数千円のビスクドールで
本物のコレクターズドールは
新聞の通販の白黒写真でしか
見たことがなかったので…

レースとリボンで着飾った
大きなコレクターズドールたちが
棚に並んでいる姿…
その時代にタイムスリップして
見に行きたいですv-343

お人形の修復 ドレスとウィッグの交換なら
さほど入手難易度は高くありません
何かお力になれそうでしたら
ご遠慮無くお聞きくださいませv-345
梅ママ | 2018年02月13日(火) 13:29 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/677-1420f771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |