FC2ブログ
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2015.05.13(Wed)

ユニフランス

0IMG_3344.jpg
ブルターニュ地方の民族衣装を着た三人
エプロンとレースの帽子 大きなレースの四角い襟が特徴です

ユニフランス(ユニス)は1920年代 ビスクドール末期の時代の人形たちです
大きな人形はグラスアイが入り 着せ替えのできる豪華なものですが
15センチほどの小さな人形は 単純なグラスアイかペイントアイで
5ピースのコンポジションボディという素朴なつくり
民族衣装を着せてお土産人形として売られていたものも多く
靴を作るコストを削って靴はペイント 服は着せ付けで脱げませんが
ちゃんとペチコートもつけています

女の子たちが 小さな手にぎゅっと握って
ドールハウスでお人形遊びをするためのお人形
素朴な顔なのに 不思議な雰囲気があって
性格も全員違う感じがします
90年前の女の子は どんな性格や役回りを
この人形たちに与えて遊んだでしょう

黄金期の豪華なビスクドールは荘厳なまでの美しさを誇ります
貴族の香りを残した古き良き時代の空気をそのままに
タイムカプセルのようにその小さな体に封印して
今の時代の私達に伝えてくれます
一体部屋にいるだけで 周囲の空気ががらっと変わってしまうほどの
圧倒的な存在感は かつては限られた人達にしか
経験することも見ることもできないものでした

そうして素朴な小さいユニスたちを見ていると
およそ半世紀の時代を経て お人形たちは
大都会の豪華なデパートから 小さな町の小さな玩具屋さんへ
どんな田舎の どんな貧しい子供たちのところにも
お友達になりに来れるぐらいの 価格と生産数と流通力を
確保できたんだなあと実感します
その優しさが伝わるので 1920年代の
ビスクドール末期のお人形たちに ことさら惹かれてしまいます
20:35  |  アンティークドールの構造  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

びっくり!激かわいいですね

いいなあ!近くで手にのせもっともっと眺めたいくらい! ぐるっと全部!


そして、文章がたまらなく好きです(≧∇≦)

何だろう、何度も読んで素直に納得で、勉強になりました。
かよぽん | 2015年05月14日(木) 01:09 | URL | コメント編集

ありがとうございますv-21
人形を見たときになんとなく感じる 不思議な気持ちが何なのか
その気持ちが何から どこからくるものなのか
じっくり考えるのが大好きです

1913年にローズオニールがキューピー人形を作った時は
貧しい子にも買えるよう 小さいラインナップを広げました
キューピーにも グラスアイの入った大きくて多関節の
豪華な子がいて ものすごく高価でコレクター垂涎の品ですが
それと同じだけ ローズオニールの思いをくんで
職人さんたちが少しでも安く仕上げようと努力した
小さなキューピーたちも 素晴らしいと思います
梅ママ | 2015年05月14日(木) 18:23 | URL | コメント編集

追記ロッテ ミイ、アイスに続き ロッテ ムーミンたち、お菓子フェア中ですファミマ
かよぽん | 2015年05月15日(金) 18:14 | URL | コメント編集

追記2 ファミマや書店などでやってます。ハッピーくじ! ムーミンたちの。 二回やってみたらBとG賞当たりました。裏表柄違いのクッションです。ミムラもいました~。G賞はポスカセット(笑)スニフの多い柄のにしました。 ふろくつきムック本も出ますね。
かよぽん | 2015年05月16日(土) 21:36 | URL | コメント編集

情報ありがとうございます
今日さっそくファミマ行ってみますv-10
ムーミンのキシリトールも出てるんですね
ムーミンのムックなどおまけ系はいつも可愛いですよね~
バッグのポケットとか つくりがちゃんと実用的だし
KFCのおまけもデザイン良くて実用的です
梅ママ | 2015年05月17日(日) 11:20 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/778-15c8ef37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |