FC2ブログ
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
2015.08.04(Tue)

こびこびん るんるん が来た

0IMG_3484.jpg
心斎橋複眼ギャラリーの展示会で購入した
ミルテン先生の作品「こびこびん るんるん」
展示会終了を経て 再会できました

過去記事:複眼ギャラリー

ミルテン先生の作品を 手元に置いて
何時間でも何度でも 明日も明後日も何年後までも
好きなときにいつでも見られて
他のお客さんの順番に遠慮せず
好きなだけいつまでも触れられるなんて
何という素晴らしい贅沢

瓶の高さは蓋をのぞいて2.2cm
大きなくまの身長は8mm
小さなくまの身長は3.5mm

アリよりも小さくてきゃしゃな作品ですが
小瓶作品であるおかげで 壊す心配なく
気軽に飾ったり手に取ったりすることができます

小さな瓶の中の閉ざされた空間は
目を凝らさなければ覗き込むことができません
小さな一点に視線を集中させることで
そのピンホールを通して多次元的に世界が展開していく
ミルテン先生の作品の特徴です

その水先案内人は とっても可愛いくまの姿をしています
大きなくま(大きくないけれども 相対的に)は 作品タイトルから るんるん
小さなくまは ミルテン先生のカットから うえん と名をつけました

0IMG_3485.jpg
小瓶の中の閉ざされた世界で
るんるんは お気に入りの うえんの手をぎゅっと握っています
小瓶に入れたままでじゅうぶん動きを楽しめるよう
肩関節は自由自在に動き
うえんも自由自在にブンブン振り回されて
あいかわらずの かわいそかわいさです

さらに うえん自身の肩関節が アクロバットのようにくるくる動きます
こんなに小さくて軽い物なのに 遠心力がしっかりかかる不思議
物理の教科書に載っていた 力の相互作用というやつを実感します

さて うえんの顔をよーく見ようとすると
くるり くるりと るんるんと うえんの腕が回って
どんなに角度を変えても うえんはこのアングルになってしまい
るんるんが ぜったいに顔を見させてくれないのです
まるで小さな子供が 大好きな物を独占しようと
むきになっているよう

上機嫌でぶんぶんと うえんを振り回していると思っていたるんるんですが
手元でよーく見ると るんるんの首は少しターンヘッドになっていて
うえんのほうを視界の端っこで見ています

わたしたちは閉ざされた小瓶の中の世界をのぞいていましたが
どうやらるんるん本人は 外に広がる世界を見つめているようです
あまりにも小さくきゃしゃな体で 広大な世界と渡り合えると思っている
大胆な自信と全能感 そして強い好奇心
心がはやり お気に入りの相棒 うえんを
ぶんぶんと振り回していますが
けれども 絶対にうえんの手を離しません
見る角度によっては 視線をうえんのほうに向けています

そこに見える ほんのちょっとのためらいや不安
でもうえんがそこにいるのを確かめると
また上機嫌で外の世界に目を向けます

明るい光の下で見るせいか
それとも長い時間をかけてゆっくり見られたからか
るんるんの世界が小瓶の中だけでとどまらず 外へ向けられて
以前感じた 無邪気な蛮勇に
不安や逡巡やためらいといった弱さが加わり
さらにそれらを乗り越えようとする意思が加わって
いっそう強い勇気となって感じます

0IMG_3486.jpg
けれども横顔はやっぱり こんなに可愛い「くま」
ミルテン先生のくま作品の造形で一番好きな個所が
横顔の頭や鼻先のラインです
つるんと丸っこいつややかな球面
うえんのような 耳のないくま作品は
球面を楽しむのにいっそう適しています

うえんがこっちを見ているような気がしますが
もっとよく見ようと手に取ると
るんるんが さっと うえんを自分の背後に隠してしまいました
うえんの顔が見たい

0IMG_3483.jpg
しばらくして見つけたのが このポジション
うえんの自重(ほとんど0だけれども)を利用して うえんを回転途中で
るんるんの右足にひっかけて 組体操の「扇」のポーズにしました
この位置だと 瓶を手に取っても うえんが回転せず
正面を見ていてくれます

一休みしたら また歩きだすから 悪いけどもう少しつきあってねと
るんるんが うえんに言っているように見えます

ミルテン先生のブログ ユメニオドル
16:20  |  その他の雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●ありがとうございます!!

「うえん」v-21

ピタリと決まる組体操ポーズ、気づいてくださり嬉しいです。

作者としては無意識に作っているところも、解釈してくださり興味深いです。また、意識的な部分であっても、作者が言うと説明過多で野暮になってしまいますし。

しっかりご覧くださる方の許で、くまたちも本当に幸せです♪
ミルテン | 2015年08月04日(火) 18:31 | URL | コメント編集

とうとう 毎日いつでも眺められるのですね(≧∇≦)
小瓶もすき ミニチュアもすき ベアがすきなので拝見できて嬉しいです!動くなんて驚愕です~!ミニチュアよりミニチュアで、素晴らしいですね。小瓶の中の宇宙!ステキです~♪(*^o^*)
かよぽん | 2015年08月04日(火) 19:51 | URL | コメント編集

岡本太郎さん 顔のグラス 2つ見かけました。駿河屋さんで、260 270円くらいでした。プチ情報でした。
かよぽん | 2015年08月05日(水) 11:50 | URL | コメント編集

ミルテン先生
ものすごく小さいのに ものすごくダイナミック
うえんがくるくる回転する姿が 原子の構造のように見えてきます
何かを見て色々想像するのは楽しいことですが
想像する量は作品からうける情報量に比例していて
こんなにも小さい作品の中に
すごい情報量が圧縮されていることに驚きます

1次元バーコードよりも2次元QRコードのほうが
圧倒的多量の情報を詰めこめるように
3次元の造形物も 動き(時間軸に応じて変化する座標)により
4次元に拡大することで 情報量がものすごく
増えてるのではないかと推測しています

何よりも すっごく可愛いですv-10

かよぽんさん
小瓶の中の空間を計算してみると
ぴったり1立方センチメートルしかありませんでした
水1ml 1グラム分の小さな単位系
なのにその中に まさに宇宙が広がっています

何よりも すっごくすっごく可愛いですv-10
こんなに小さくてデリケートな作品を
うっかり八兵衛な私が安心して鑑賞できるのも 小瓶のおかげです
梅ママ | 2015年08月05日(水) 12:02 | URL | コメント編集

かよぽんさん
駿河屋さん何でもありますねv-12
さっそく見に行ってきます
情報ありがとうございましたv-238
梅ママ | 2015年08月05日(水) 12:04 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/803-7b9e4f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |