FC2ブログ
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
2015.11.19(Thu)

アクリルキーホルダーのコーティング

0IMG_3736.jpg
最近増えてきたアクリルキーホルダーは
アクリル板の裏から 絵や写真を印刷しています
透明なアクリルに直接印刷しているので
クリアで綺麗ですが 印刷面が保護されていないため
バッグにつけて使っているとこすれて すぐに印刷が削れてしまいます

遊園地で買ったジバニャンのアクリルキーホルダーは
お気に入りだったのにボロボロになってしまいました

ということでこちら 観光地みやげのアクリルキーホルダーは
ずっと外装のビニールを取らずに使っていましたが
数か月使うとさすがに ビニールが破れてきました

そこで心を決めて 印刷の裏側のコーティングをすることにしました

以降 自己責任にてお読みください

つづきです♪

0IMG_3737.jpg
アクリルの裏から絵を印刷し 最後に白いインクが一層吹き付けてあるだけなので
ビニールをかぶせていても 金具のまわりの印刷は
こすれて 削れてしまっています

何か塗ってコーティングしたいところですが
アクリルは一部の有機溶媒(クロロホルムなど)で溶けて
白く不透明に変色してしまいます
また インクも有機溶媒で溶けるので
何を使うかは 迷うところ

手持ちのマニキュアトップコート(100均)
今まで色糸やコットンや化繊布
クロシェや毛糸の端処理などに使っていましたが
一度も素材や色が溶けだしたことがなく
ポリカーボネートや透明シールにも問題なく使えたので
期待をもって 試してみることにしました

アクリルとの相性は 100均にあるアクリルケースで試してOK
印刷インクとの相性は 実際に試してみるしかありませんから
つまようじの先に少量だけつけて
上の 金具で削れているあたりに少しつけ 弱~くこすってみました

もしインクが溶けたら 削れて透明になっている部分に
インクが伸びて来るはずですが 何の変化も無し

そこで量を増やしてみて 一時間様子を見ましたが
絵にも裏のインクにもアクリルにも変化はありません

ということで 思い切って裏面にトップコートを塗りました
筆でこするとはがれる危険があるので 表面張力を利用して
そーっと盛っていきます
端の部分は 下にこぼれないよう
とくに慎重に 表面張力で盛ります
金具のまわりも忘れないように

一日一度ずつ塗り重ねて 三日目に完成しました
マニキュアですから 盛り重ねたような起伏のある仕上がりになります

今回使ったトップコートの成分は

酢酸ブチル
酢酸エチル
イソプロパノール
酢酸セルロース
酪酸セルロース
安息香酸スクロース
無水フタル酸コポリマー
無水トリメリト酸コポリマー
グリコールズコポリマー
カンフル

です

印刷インクの配合は製造会社によって違うでしょうから
全てのアクリルキーホルダーに使えるとは限りませんので
必ず自己責任の上 目立たないところでテストしてからお試しください

17:05  |  ハンドクラフト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/840-0c255f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |