FC2ブログ
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
2016.10.29(Sat)

オールビスクの数字の刻印

質問がありましたので オールビスクドールに刻まれている数字について

オールビスクドールに刻まれている1桁の数字はサイズ番号です
ケストナーを中心として ほぼ統一されており
小さい順に0~8ぐらいまでサイズ展開します

1サイズの違いは ほぼビスクの一回縮小サイズ(80%)ですが
小さい人形の場合 サイズ1の違いで雰囲気がだいぶ変わるので
1/2や1 1/2 など 中間サイズが入る場合があります

また0よりさらに縮小すると 0/1とか0/2となります
分母の数が増えるほど小さくなるはずですが
0/2より小さい番号は見たことがありません
それ以下のものは ミニビスクとして別のモールドになります

サイズ0はほぼ4インチ サイズ8はほぼ8インチ ですが
関節の多い人形ではサイズ0でも4.5インチほどになり
モールドによって誤差が大きいです

833-7and0_GF_1.jpg
これは同じモールドのサイズ0(恐らく最小)とサイズ7です

またサイズ番号ではなく バイローベビーやボニーベベ・ベビーボーケイのように
なぜかアメリカ輸出用の物ほど 全長サイズがセンチで書かれています
10~20cmで どれぐらい種類があるのか興味を持っていますが
バイローでは

10(多い)
10 1/2
11
12(多い)
13
13 1/2
14
16(多い)
18(非常に少ない)
20

たしか私が今まで見つけて捕獲したサイズは これで全部です
なぜか12が一番多いのに12 1/2というのは見かけず
14以上の奇数サイズも見たことがなく
18も壊れたもの1体しか見つかっていません

3sizesByelo_GF_1.jpg
これは右から 12・13・13 1/2
少しずつ大きくなっていきます

833-7and0_GF_1.jpg
他に 2~3桁の数字があるのはモールド番号です
バイローは20番になります
先ほどの写真はケストナーの833番です
パーツを間違えないよう 手足には
モールド番号とサイズ番号を併記してあることが多いです

これらの番号は工場での利便性のためつけられています
天下のケストナーでも 細かいパーツのある人形の場合
左右を間違えて組み立ててしまうことがあります
(我が家にいるケストナー111多関節グーグリーの一体は
ひざから下の判別が難しいパーツ よく見ると両方が左足のパーツです)

組み立て間違い防止はもちろんですが
たとえば似たようなモールドだと 手足のモールドを
別の何番で代用する という指定にも使われたようです

オールビスクで無印のものは サイズ展開が無いものや
小さな工房で1ラインで作っていて 間違うリスクが少ないものです

ですからバイローでも パーツに分かれていないアクションバイローは
必要が無いので 刻印がありません
普通のオールビスクバイローの背中にはかならず刻まれている
原型の作者グレース・パットナムの刻印も無いのは少し不思議です

またヘルトヴィッヒの動物ビスクは サイズが3種類・種類が10種類近くありますが
色や形がそれぞれ特徴的で間違いようがないので
刻印は背中のGermanyのみで 数字の刻印はありません
17:59  |  アンティークドールの構造  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2016年11月04日(金) 13:28 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://antiquebisques.blog69.fc2.com/tb.php/955-a17c3baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |